vs 浦和レッズ(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます
諸事情により、ホームの試合ですがDAZN観戦でした。
さて、試合ですが
後半だけ見れば、勝ち点3を取りこぼした試合
前後半で見たら、勝ち点1取れてラッキーな試合
最初の20分は凄く見応えがありました。
本当に高いレベルでお互いのチームの前線
ディフェンスが各役割をこなすべく、前線はボールに
プレッシャーをかけ、ボール保持側はそれを
掻い潜るべきショートパスや中盤を飛ばしたボールで
チャンスを伺うが、うまくいかないをお互いで繰り返す。
お互いがジャブの応酬で様子をみながらスキを伺っていた
しかしながら、ミスでスキを作ってシュートを
打たれだしたのはガンバのほうだった。
しょーもないパスミスなどでピンチを招くが
奇跡的にレッズのシュートはゴールを割らなかった
相変わらず、ガンバに攻撃の形はなし
長沢も相変わらず収まらないし
アデミウソンの個人技も不発
そのまま前半を終える
後半、ガンバは全体的にポジションを前に上げ
数的有利を作り、中盤でボールが持てるようになってきた
リスキーでディフェンスの裏を狙われる事もあったが応戦し
何とかこちらがボール保持し主導権を握ろうとしていた
そして、ガンバが一瞬のスキをつく
1点目、全ては秋のドリブルですよね
それまではショートパスでつないで失敗していたガンバが
急にドリブルで進出してきたので、レッズディフェンスは
チェックに行けずズルズル下がった。しかも秋しか見てないから
左サイドのジェソクはノーチェック、ジェソクの軽く蹴ったクロスに
今ちゃんFWやったかって思うぐらいの入り方
槇野の背後の死角から合わせる、この漢の決定力は並じゃない
その後アクシデントにより、ガヤアウトで田尻イン
Jリーグデビューとなった。
武藤、駒井とドリブラーを投入し
揺さぶるレッズにタジタジのガンバ
猛攻を受け、耐え切れずに痛恨のハンドでPK
秋の手に当たったのは不運
でも、それまでに猛攻を受けすぎで
ガンバディフェンスが決壊するのは時間の問題やった。
この試合の辻褄を合わせるようなPKが決まり
そのまま試合終了
内容的には3バック同士のミラーゲームに近い形だったが
ずっと3バックやってるレッズと今年から
手探りでやってるガンバの差が出た
スコアこそ1-1やけど、ディフェンスの安定感と
攻撃の質については残念ながらレッズのほうが高い
しかしながら、ガンバ対レッズにおける妙な展開はいつもの事で
攻撃の質の高さで押し込んでくるレッズは点が取れず
ガンバは守ってばっかりなのにワンチャンスをモノにする
ガンバがこのカードで勝つパターンは守りきる事だが
ディフェンスラインの不安定さから、それができなかった。
後半から入った田尻についてですが
堂々とした戦いぶりに感服しました。
あんなメンタル強な選手とは思ってなかった。
阿部との1対1もポジショニングは完璧
みごとな反応で防いだし、サイドからのクロスの反応も
危なっかしさは感じなかった。
キックもそれ程悪くなかったし
スクランブル出場にしては、まったく問題がなかった。
最後の挨拶の時、悔しくて泣いていたらしいですが
PKは仕方ない、自身もGKをやってて思ったが
PKでコース選択が合ってる時ほど決められたら悔しいよな
ちょっと早く反応してれば止めれたのにって思うよな
俺も現地でゴール裏から田尻を応援し
後押しできなかった事が悔しい
今度、田尻が出場する時は、ゴール裏から精一杯後押しして
チームの勝利と田尻の初勝利を一緒に喜びたい
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください