vs 大宮アルディージャ(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
自身も最近は作ってませんが
ゲーフラ等をデザインしたり作ったりします。
あまりデザインの流用はしないが
デザインを流用するのは、特に慎重にしなければならないと
思ってます。著作権や商標の絡みもあるし
オリジナルを作ったとしても、それが「タブー」と
されている物と酷似している可能性もある
今回の件は、デザインして制作する者にとっては
他人事ではないですね。
お馴染み平日の夜の試合
いつもは、キックオフ後の到着ですが
今回はちょうどキックオフする時に到着しました。
さて、試合ですが
何とも評価しづらい試合ですね
ガンバが強いのか大宮が弱いのか・・・
広島戦の時にエントリーに書きました
>今ちゃんがいなかったら3バックは止めるべき
>4-4-2のほうがまだ機能すると思われる
やっと希望が叶いました。
メンバーも入れ替えてきました。
見てて一番変わったのは攻守の切り替えの早さと
パステンポの早さ、ヤットさんを引っ込めた効果がありあり
解説でも言ってましたが、各自のポジショニングと
距離感もよく、ボールも良い感じで回ってました。
1点目、あのポジションにいるのが井手口の良い所
井手口のシュート時に、塩田がなぜか逆方向に一歩を
踏み出していたので、コースは甘かったですが入りました。
井手口は、やはりボランチで輝く
ボランチながら色々な所に顔を出すのが良い
チャンスメイクするほうには、あまり向いてないので
窮屈なインサイドハーフでは輝かない
正直、大宮のプレスは緩いしボールを回しながらの
ガンバの動きに付いて来れてないし
得点を奪うのは時間の問題と思っていた。
しかしながら、次の1点はちょっと時間が掛かりましたね
2点目、やっと最終ラインからのつなぎで崩して
得点を奪えましたね
右サイドのパス交換で赤崎が降りてきた所がポイント
赤崎が降りてきた事により大宮のディフェンスがつられて
スペースができて、そこを藤本が突く事ができた。
あれだけディフェンスがつられて寄ってたら
左サイドフリーになりますわな、泉澤はよく決めました。
崩しからフィニッシュまでが素晴らしい
後半開始早々、藤本のスルーパスに
赤崎が抜け出し、GKまでかわしシュート放つも弱く
カバーに入ったDFに防がれる。
うん、鹿島サポからの赤崎の説明書で見た
「GKとの1対1は弱い」と、まんまかよw
3点目、これはガンバのプレスが取らせた得点
GKに戻したボールを前線がしっかり追い
慌てて蹴ったボールを秋が拾う
秋が藤本に預け、寄せが甘くスペースがある所でシュート
預けた秋が読んでいたかの如く前線に走って詰めたのが印象的
10番が頼もしく見えました。
4点目、これも塩田がファーに寄ってニアを
空けるんですよね・・・ 
DFで律が見えなかったのかも知れませんが・・・?
ボールを貰ってからシュートまでは実に律らしい動きでした
ただ、股を狙ったからボテボテになってしまったかも
知れませんが、あんなボテボテシュートは
すぐ止められてしまいますから、強いシュートを意識して下さい
5点目、三浦の滞空時間の長さと高さは本当に素晴らしいですね
6点目、大宮は心折れてましたね
それでも律のチェイスが良かったから、そのご褒美
GKの位置を見てコースに流し込んだのもGOODです。
年に1度か2度ある、大量得点DAYが巡ってきました。
大宮は主力も多く抜けていったし、守備も攻撃もバラバラ
あんまり、対戦相手選手の事を言いたくないけど
言わずにはいられないので言いますが、塩田が残念過ぎる
大宮のディフェンスがルーズってのもあるけど
泉澤、三浦、律の2点目以外は止めれたと思う
F東時代はそこまで下手なイメージもなかったですが
体も重たそうやし、劣化が激しい
この結果が額面通りに受け取れるかと言えば微妙です。
まあ、3-0としても全てを圧倒してたし
圧勝には変わりないですが
ちょっと長くなったので、総括は次のエントリーに書きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください