vs 横浜Fマリノス(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
DAZN観戦でした。
さて試合ですが
塩試合相手のマリノス相手で
アウェーで勝ち点3は上出来だと思います。
大宮戦のスタメンベースでジョンヤの代わりにファビオが入り
最近のSNSの荒れ具合を考慮したようなメンバー
序盤のマリノスは高いガンバディフェンスラインの裏狙いでしたね
最初こそ危なかったものの落ち着いて対応できていたと思います
ジェソクと斎藤のマッチアップは見応えありました。
藤春はマルティノスのディフェンスに苦労してましたね
ガンバの攻撃は悪くなかったけど
もうひと押しが足りない状態で
対マリノス戦におけるいつも通りの塩試合でした。
後半、長谷川監督にしては早めの決断
2枚替えでアデミウソンと長沢投入
その効果がすぐに出た
1点目、ポイントは左サイドのアデミウソンのキープで
中澤の戻りを遅らせれた所。
左サイドを藤春、藤本が駆け上がり鮮やかなワンツーで
藤春が抜け出し、長沢のおしゃれヒール、しっかり詰めてる律
見ていて気持ちの良い流れるようなカウンターのゴールでした。
ここからの時間の使い方が重要
ある程度受けに回るのは仕方ないが
次の得点を取りに行くのも忘れてはいけない
長沢はGKとの1対1は決めて欲しかった
残り5分で丹羽を投入し3バック(5バック)にチェンジ
失点こそしなかったが不安定でしたね
最後の丹羽投入は結果的にはOKだけど
不安定さがあるので、ディフェンスを増やして
対応するのではなく、ボールを回してキープするほうが
ガンバには合ってるような気がする
得点こそ1点でしたが
いつものバックパスだらけの閉塞感はなかったし
内容的には良かったと思います
トラッキングデータにも表れています
https://www.jleague.jp/match/j1/2017/043008/live/#trackingdata
相手よりも走れているし
スプリント回数も多い
先発メンバー、選手交代等の采配と
致命的なミスを無くし意識高くプレーし
全てが噛み合えばこれぐらいはできるんですよね
浦和、神戸と上位が負けての
勝ち点3は、価値高い
こういった試合を続けて欲しいです。
現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください