U-20 W杯とガンバのU-23について

毎度ご来訪ありがとうございます。
鹿島のACL決勝トーナメント出場の影響で
土日はガンバの試合はありませんでした。
そのかわり、7月上旬が天皇杯も絡み過密日程
現在、リーグ戦暫定2位のガンバですが
その過密日程をいかに切り抜けるかが
前半戦のポイントになりそうです。
さて、U-20W杯についてですが
決勝トーナメント1回戦での敗退
PKなら仕方ないと思ってましたが
その前に、失点の仕方がしょーもなかっただけに
本当にもったいない敗戦でした。
もう少し、ガンバ組の活躍を見ていたかった。
小川の離脱が痛かったですね
あれで得点力がだいぶ落ちました。
高木にも期待してましたが、やっぱり試合勘不足が響いてました。
岩崎は、高校選手権で見た時はうまいと思ってましたが
この大会では何もできませんでした。
やっぱり、サンガにいたんじゃ成長しないんじゃないかな・・・
律がガンバにいる時より躍動してましたし
大会前は久保くんが騒がれてましたが
もう、今大会のチームは律のチームになってましたね
久保くんに関しては、あの年齢でU-20のチームに入って
遜色なくプレーしてることは凄いと思いますが
マスゴミが騒ぐほどスーパーではなかったですね
初戦の律へのアシストは良かったですが
それ以外は、サイドでチャンスを潰してるシーンと
ゴール前の決定機でボールをヘッドで突きあげで外した印象しかありません
本当にスーパーなプレーヤーなら日本を導く活躍ができないと・・・
彼が今後のU-20に入った時は久保にチームになっているかもしれませんが
岩崎同様、環境を選ばないと伸びないような気がします。
その点、律は初戦決勝ゴール、イタリア戦では
起死回生の2発で存在を示し日本を決勝トーナメントに導きました。
育成年代から代表入りしガンバのトップに早くから昇格し
昨年はU-23で違いを見せ、今期はトップで頭角を現して
順調に成長して行ってます。
この大会の活躍で、海外に行ってしまうタイミングが
早まったように思いますが、まずは、ガンバに戻ったら律のチームと
思うぐらいの活躍を期待してます。
市丸も今大会良かったと思います。
ガンバでは、出場機会がありませんでしたが
それでも試合勘不足はなく、いかんなく実力を発揮してました。
それだけに、もっとトップでもU-23にでも試合に出場していれば
また、違いを見せつけられたんじゃないかなと思います。
話は変わりますが
先日のU-23の大阪ダービー
U-23は今期OA枠を使わない方針と聞いてましたが
それを崩して、パトリック、呉屋、ジョンヤを起用し
トップ帯同の食野も出場していました。
食野なり市丸なり高木なりの年代は
トップで試合に出場できないのであれば
U-23の試合に出場させるべきだと思います。
トップに交じって練習する事も価値はあると思いますが
真剣勝負の場で修行させて、成長を促すべき
昨年の律のようにまずは、U-23の中で頭角を現し
違いを見せれるようになってからトップで起用する。
U-23で押し出してやり、トップに入った時に
他のトップの選手達が実力を引き上げてやる
それが理想だと思います。
OA枠をどうするかは好きにすればいいと思いますが
もっとチームとしてU-23はうまく活用すべき
今後、トップでも出場停止や怪我も絡んでくると思いますし
天皇杯やルバンカップもあり、トップの人員の
入れ替わりもあると思います。
U-20から戻って来た4人と食野について
ガンバがどのように扱うのか
今後のトップとU-23の人員が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください