vs ジュビロ磐田(アウェー) 前編

毎度ご来訪ありがとうございます。
久しぶりの遠征でございます。
2012年12月1日以来のヤマハスタジアム
この日は一生忘れる事ができない日
もう、5年も経つのですね。
朝7時前に茨木を出発
岡崎あたりで渋滞があるかなと思っていたがなく
順調に高速を走って、お約束の浜名湖S.A
この日は天気が良く絶好の遠征日和で浜名湖も良い感じ

帰りにうなぎパイ買って帰るのは必須ですね
10時半頃に現地到着
2012年以降に改修して綺麗なってますね

ホームとアウェーも入れ替わっており
普通、メインから見て左側(北側)がホームチームなんですけどね

ピッチは近いんですけど、コーナー付近とか死角がある
ノエスタとかもそうですが、そう考えると吹田スタジアムは秀逸ですね
昼ごはんはスタメシ、釜揚げシラス丼

値段の割にボリュームはあまりない
女性にはいいかも知れませんけどね
味はまあまあ美味しかった。
さて、試合ですが
まあ、ビックリするぐらいの駄試合でしたw
わざわざ、アウェーまで来てこれかよとw
ここまでまったく良い所がない試合も珍しいぐらい
先に言っておきますが
今回は、ダメ出ししかありません
ジュビロは、攻撃時は川又とアダイウトンを使う事を徹底
ガンバディフェンスの裏やサイドに早めに2人に当て展開
押し込んでくるのでガンバは対応が後手後手で
押し込まれる要因になっていた。
また、ディフェンスラインと中盤をコンパクトにして
スペース極力消していたので、ガンバのボランチやサイドバックが
ボールを持っても前線に出すとこないんですよね
アダイウトンと川又以外は全て守備の選手みたいな感じ
ジュビロ陣内にいるガンバの前線は常にマークがいました。
無理に出して仕掛けるも球際で負けて取られるを繰り返し
こういう相手には相手ディフェンスの裏抜けが効果的なんですが
そういうアイデアは、流れの中ではほとんどなかった。
ガンバのプレスもいつものように前と中盤が連動してかかってなかったし
ジュビロは球離れ良く、俊輔のポジショニングよく顔を出して
ボールを受け、面白いように展開していた。
対する我がチームのレジェンドのヤットさんは
効果的なパスはなく、周りを見ながらボールを持っているとき
2回ほど突つかれてロストしてましたね。
余談ですが
自身の応援仲間に小学校5年生の少年がいるのですが
その少年がニンテンドー3DSでウイニングイレブンをやってました。
日本代表でプレーしてて、ゲームなのでフォーメーションや
メンバーなどは自由に選べるのですが、ボランチが長谷部やったんですよ
私が「なんでボランチ長谷部なん?ヤットさんはあかんの?」と聞くと
小5は「遠藤は最近(リアルの試合で)ボール持ってる時にボーっとして
後ろから取られたりするから使わない。長谷部の方が信用できる」
って言ってました。
小5の子でも、あなたの体たらくぶりをきちんと見てますよ。

怠慢なのか衰えなのか知りませんが
出場している以上は、少年達に夢を与えるプレーをしてください。

フリーキックの流れからつないでジェソクの抜け出しから
赤崎の初ゴールかと思いましたがオフサイドの判定
オフサイド
VTRで見直すとジェソクはオフサイドではないですね
ラインズマンの誤審です。運がない。
この辺でガンバの流れが悪くなりジュビロの攻撃が加速
俊輔のFKはバーを叩く、東口は駆け引きで負けてましたね
後でVTRで見直すと1歩目が逆に動いてます。
本当にキックの精度は素晴らしいし、GKとの駆け引きも見事
正に百戦錬磨、衰えないですね
1失点目
まず、ファビオはルーズボールに寄った
川又についていかないとダメ。
で、三浦はディフェンスとしては確かに難しい局面で
走力で勝って相手の先に回りこめないとなると
対応として考えられるのは
①相手の体にチャージして相手の体とボールが離れた所を狙う
②ファウル覚悟で後ろからタックルして狩る
③そのまま体で押しながら、シュート時にスピードが落ちるので
そこに足を出して止める
以上になると思うが、②はファウルになる確率が高く俊輔FKもあるし
一か八かに近いのでやらないのはわかる。
③がベターかなと思うが、①もギャンブルに近いけどね
①で勝てると思ったのやろうか?
あっさりフィジカルで負けてるやんw
日本代表に選ばれたんでしたっけ?
屈強な外人FW相手に戦わないといけない代表のセンターバックなのに
あんなにあっさり負けてこける選手
自身が監督なら選ばない。
中央がしっかり締められて展開できないし
左サイドも藤春がフタをされまったく活かせない展開で
右サイドに活路を見出そうとサイドチェンジや藤本を使うが
攻撃につながらず。ガンバは手詰まり状態
2失点目
俊輔のFKの狙いは川又でしたね、長沢が前に跳ね返せず逸らす形になり
ファーのアダイウトンに流れた、ジェソクはマーク外してたので
簡単に折り返し、走りこんでいた川又のももにあたりゴール
川又は一度三浦に潰されたが、すぐさま起き上がり
折り返しを予想してたかのように走り出していた。
しかし、川又は素晴らしいFWですよね
前半、ジュビロがこちらに攻めてくるのでよく見えてましたが
いつもゴールと言う獲物狙うべくギラギラしてるって言うか(頭ではない)
とにかく、いつも狙っているんですよね、相手の隙とゴールを。
上記のゴールもそうですが常にゴールを取るべく動いてると言うか
それが当たり前にできる選手ですね。どこかの背が高いだけのFWとは大違い
もう、ガンバは川又にオファーしたらw
ジュビロが放出するとは思えませんがw
2点取った事により、ジュビロが引き気味になったのと
秋が下がりヤットさんが前にいった事により
少し押し込めるようになりましたが前半終了
後編に続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください