vs ヴィッセル神戸(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
神戸行ってきました。
2014年、15年と試合前に三宮の吉兵衛で
かつ丼を食べると勝ちましたが
2016年食べなかったら負けました。
なので、今年は必食という事で行ってきました。

ピークの昼は過ぎていたのに相変わらずカウンターは満員

ソースかつ丼、美味いです。
前回来た時より、値上がりしてるような・・・w
味は間違いないんですが、カツ丼1杯600円超えると
ちょっと考えますね。かつやとか500円でカツ丼を食べれますから。
この日にガンバが負けたらもう来ないでしょうw
やっぱりアウェー神戸戦は、夏ですよね
ビール飲みながら開門を待つのが定番

パトリックが先発と報道にあり
実際にメンバー見ると本当に入ってました。
色々な考え方があると思いますが
自分としては「うーん・・・」って感じです。
この件に関しては後で書きます。
さて、試合ですが
前半は内容なし、後半は
「今後につながるかなぁ~」って感じの試合でした。
ガンバはパトリック1トップ
トップ下秋、サイドに律と初瀬
ヤットさん今ちゃんボランチと前線のフォーメンションと
メンバーは今年やってない形でぎこちなさ満載
そこを、出足早く神戸が突き押し込んでくる
神戸も磐田同様、2トップに当ててからの展開を狙って来る
いつもと違うフォーメーションに守備時のバランスも悪いガンバ
スペースに顔を出し細かいパスで神戸はこじ開けようとしてくる
晃太郎と小川をこちらのダブルボランチが捕まえ切れてなかった
律と初瀬もボランチと連動してないから取り切れないし
セカンドボールも拾われまくり
特に左サイドのあまり守備力に期待できない
藤春と初瀬の所を崩され、決壊寸前だったが
CB2人の活躍でなんとか乗り切り
15分ぐらいで守り切って落ち着いたガンバ
20分頃にはパスカットしたヤットさんから
「ほら行けよ」のメッセージパスをもらい、一人かわして
ゴール前に疾走するパトリック、そして豪快に枠を外すw
ボールもらってからシュートまでが「The パトリック」でしたw
その後、ガンバにこれといった攻撃はなく
シュートを打つのは神戸ばかり
藤春が簡単にターンで振り切られたのは
正直「やられた」と思ったが東口に救われた。
この日の東口はシュートへの対応
クロスへの対応の安定さは申し分なかった。
後半もどこまでパトリックを引っぱるかと思いましたが
監督にしては早めの交代で長沢を投入する。
神戸が前へ圧力を掛けてくる分、間延びして
ガンバディフェンスが跳ね返したボールを
ガンバの中盤が拾えるようになり攻撃の回数が増えた。
ウエスクレイが投入され個人技にガンバ翻弄されたが
何とか対応、その後、神戸が千真と小川を下げたのは正直ラッキーだった。
神戸の脅威はウエスクレイだけになった。
1点目、起点は三浦のバックパス
東口が中央フリーのヤットさんへパス
ヤットさんから「攻めろ」のメッセージパスを律が受け
ロストしそうになったが、長沢に預けヤットさんに返す
ヤットさんは「いや、攻めろや」とばかりに
ワンタッチで左に展開する秋へパス
縦に走る藤春が囮になったのでマイナス方向にスペースが空き
そこへドリブルしたあと、GKの前に放り込んだ
長沢は中央で渡部との駆け引きで勝ち飛び込んだ
ショートカウンターからの綺麗な得点でした。
その後、代表疲れの秋を下げ泉澤投入で
守りに入るなのメッセージでしたが、猛攻を受けるも凌ぎ切りました。
後半、長沢を投入して律との2トップに変更し律が活きるようになった。
攻撃面でもやや劣る初瀬から藤本に交代で
攻撃のアクセントがつくようになった。
やっぱり長沢は途中出場に限りますね
バテないし、バテなければ足元もしっかりしてるし。
パトリックについてですが、思っていたより動きは良かった。
相変わらず真面目に自分のタスクをこなそうとしますし
裏抜けされると脅威であることは変わりない。
しかしながら、ガンバが久しぶり過ぎて活かせなかった。
この日のメンバーで「戦術パトリック」を知っていて
パトリックを活かせれるのは、秋、ヤットさん、今ちゃん
藤春とジェソクもずっとやってたけど
サイドバック故、パトリックに球出しはできない。
律や初瀬とパトリックのコンビネーションもなかったし
活かし方を知らない分、前半のガンバの攻撃は停滞した。
パトリックの起用はこの試合では±0って感じ
腑に落ちないのは、赤崎、呉屋、アデミウソンがいる中で
なぜパトリックを使ったか。
また、アデミウソンのツイッターが物議を醸してます。
「Nande?」の真意は本人しかわからない。
ひょっとしたら「パトリックはあれだけのパフォーマンスなのに
何で退団なのか?」の「Nande?」かもしれないが
「何で退団が決まってる選手を使って俺を使わないのか?」の
「Nande?」かもしれない。
後者であっても不思議ではないですよね。
正直、試合中のパトリックを見ていて2014年ノスタルジーに
浸っている自分もいた。しかしながら、得点の気配は感じなかったし
1度きりの戦術パトリックなど、今後の事を考えると意味はない
アデミウソンもスピードはあるし足元の技術はパトリックより上
まだ、アデミウソンや赤崎、呉屋を使って連携を深めたり
戦術を確認するほうが、今後にとっては有意義であると思えた。
監督の話だと、練習のパフォーマンスが良かったからとの事だが
フロントが戦力になる程のパフォーマンスではないと判断したから
契約しない事が発表されているのに使うってのは
フロントと現場(監督)の意思疎通は取れていないのではないか?
また、この試合に勝ったから良かったけど
もし負けてたら「戦力外の選手使ったからやないか」と
大バッシングを受ける事になる。
今回は結果オーライですよね。
勝ったものの、チーム内の監督とフロントの意思疎通について
また、選手のモチベーションや不満などの兆候が見える事に
一抹の不安を感じました。
現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください