天皇杯 3回戦 vsジェフユナイテッド千葉(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
スポーツバーで観戦してました。
見直せないので雑感だけ
ほぼ、ベストメンバーで臨んだ試合だったので
勝ってホッとしてます。
これで勝てなかったら本当にガンバはヤバいですから
内容的にはあまり良くはなかったです。
まあ、連戦でコンディションを考えると致し方ない部分もあると思いますが
清水戦よりはよくパスがつながって、攻撃も積極的でした。
初瀬も消極的なプレーはだいぶ減りましたね
攻撃に関しては、ジェフのハイラインに対して
チャンスは作れてましたが、やはりラストパスや
サイドから上がるクロスの精度が弱く、シュートは少ない
正直、あのハイラインはリスクの方が大きいと思う
一度、ジェフがオフサイド取り損ねて
GKと3対1の場面を作るも、藤本のボールコントロールミスで
チャンスを潰した
カウンターで右サイド三浦がドリブルで駆け上がり
GKと1対1の状態でシュートをポストに当ててしまうなど
あのハイラインはこちらにとっては攻めやすかったのに
自らチャンスを潰してしまうシーンが多かった。
この辺りは、やっぱりガンバ攻撃陣の連携の弱さを感じた。
守備に関して、井手口がアクシデントで早々に交代
左サイドが泉澤と藤春になった途端
左サイドを攻められる事が多くなり
一度、左サイドを綺麗に突破され、決定的なシーンを作られたが
シュートミスで助かったシーンもあった。
1点目、相手GKがパンチングで弾くもそれが小さく
後ろのDFがそのボールをクリアするもそれも小さく
今ちゃんが拾ってガンバの選手が密集するところにやさしくパスし
ファビオが流し込んだ
2点目はカウンター、味方がボール奪った瞬間
藤春が左サイドの深い位置からハーフウェラインを
超えたとこまで走っていた事が素晴らしい
そして、その藤春に矢のようなパスを送った秋も良かった
そのまま藤春が左サイドを独走し、ニアにアデミウソンがいたが
アデミウソンが手でファーに送れと藤春に指示
ファーに流し込むと、走りこんでいた泉澤が
冷静にGKの動きを見てGKの逆方向に流し込んだ
綺麗なカウンター
しかしながら、ガンバは残り15分でガス欠を起こし
足が止まり、ジェフの猛攻を受ける
サイドから放り込み放題でしたが、指宿が外しまくってくれた。
ジェフはシュートもそうですが、途中のパス回しや
ちょっとしたロングボールなどの精度の低さを感じた
正直、ジェフのガンバ以上の決定力のなさに助けられた試合
ガンバの倍以上シュートを打ってますからね
ガンバ以上に決めきれないのはやっぱりJ2中位だった。
相手がJ1なら今日の試合はわからなかった。
一応、面目を保てて良かった。
監督が「次の再開後のダービーに向けては一つ
いい結果だったと思っています。」と言ってますが
正直、疲労を回復させるだけでは勝てません。
このサマーブレイクでの調整の仕方とダービーに向けた準備を
どれだけできるかです。
こちらは下位で挑戦者なので、それが分かってないと
勝てないと思います。ましてや、苦手なピッチのホームですから
あまり監督に期待はできませんが
無様な試合だけはしないでいただきたいですね
現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください