vs サガン鳥栖(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
前半は試合見れず、後半からDAZN観戦でした。
J1全試合同時開催ではなかったからか後半からでもすんなり繋がりました。
しかしながら、ツイッターしながら見てると
自身のDAZN映像はリアルタイムより5分ぐらい遅れてる事が分かりました。
何でそれが分かったかと言うと、ガンバの公式ツイッターがフライングで
ネタバレするんですよねw 他の人のつぶやきを見てると
ほぼリアルタイムなんですがね???
と言う事で、ガンバの公式をミュートにして観戦
さて、ガンバの話ですが
ファビオが戻って来たので4バックに戻る
まあ、妥当な選択ですが、出場できるメンバーで
フォーメーション変えないといけないと言う事は
やはりDFの層が薄いと言ってるようなものですね
中盤はダイヤモンドで井手口がワンボランチ気味で
ヤットさんがトップ下、井手口ワンボランチは
本人の力をフルに発揮できないんですよね
それでもだいぶ井手口で助かってますが
試合ですが
今までもやる気が無い訳ではないんでしょうけど
ずっと低調というか変化なくダラダラ試合をやってましたが
少し意識が変わった分、うまくいったのかなぁと思いました。
まずはいきなり変化が見れた。
縦に縦にと言う意識
レイソル戦はその意識の差で負けましたが
序盤から、オフサイドにはなりましたが秋が抜け出したり
長沢が抜け出したりと、悪くない入り方
その後、FKを合わされてバー直撃
運が良かったが、FKの守備に不安を残す
井手口がワンボランチ気味とおもいきや
今ちゃんが左の中盤のスペースを埋める形で
井手口とのダブルボランチ気味に
その開いたスペースにヤットさんが入りこみ
中盤はボックスになっている事が多かった。
これにより、ディフェンスと中盤の距離感が良く
前と後ろから挟み込んでボールを奪ったりと
中盤の攻防ではガンバが優ってた。
中盤で奪ったボールを攻撃につなげるものの
相変わらずフィニッシュまでは行けてない。
でも、フィニッシュに行く前の形は
前節よりもよく、ディフェンスの裏を取るような
パスや動きがあり、良い予感はあった。
後半、相手CKから少しヒヤッとするシーンもあったが凌ぎ
ガンバの攻撃ターンになった所で
1点目、長沢に当てたボールが一旦、相手ボールになるが
前線からヤットさんのチェックで奪い返した。
ヤットさんと今ちゃんのパス交換から右サイドフリーの秋へ
一旦シュートフェイクを入れてマーカーの足を止めたのを
見計らってから秋が加速しシュート、権田も反応が遅れ
サイドネットに突き刺さった。
GKにしたらペナルティエリア外の屈辱の距離
その後、ガンバのディフェンスとボランチの距離感も悪く
スペースが出来て、鳥栖が取り返すべくテンポアップしてくる
あわやのクロスを入れられたり、ルーズボールが取れなくなり
後手に回り、この時間帯は最近のガンバで動きが少なかった
そして・・・
1失点目、相手FKからのリスタートで集中力が切れてた
それまでタイトにイバルボに付いていた三浦が
距離を置いていた隙に縦にボールを入れられ
体を寄せきらない内に前を向かれた。
イバルボはあんなガタイなのに早いですね
流石の身体能力で三浦は追いつけず
たまらず斜め後ろからチャージ、PKの判断は妥当
たらればを言えば、体を寄せながらで
ファビオのフォローを待っても良かったかも
ここでアデミウソンを下げウイジョを投入、結果的にこれが当たる
今度はガンバがテンポアップ、相手陣内でボールを回しチャンスを伺う
2点目、攻撃スイッチは井手口
ジェソクからパスを受け、原川のチェックをかわし
前にスペースが空いた所へ進出しフリーのジェソク返す
ジェソクがアーリー気味にクロスしファーの秋に合わず
こぼれ球を藤春が拾い、秋に預け仕掛けようとするが
井手口に下げると、ダイレクトでそのボールを
アウトに引っかけてクロス
鳥栖DFのラインコントロールミスでラインを上げきれなくて
残った長沢に合った。
ここからの時間の使い方が問題だが
ガンバは果敢に3点目を取りに行く
ってか、鳥栖は負けてるのに疲れてるからか
前から取りに来ないのでスペースで
ガンバがポゼッションできていた
80分を過ぎ鳥栖が攻め込んできた所でジョンヤ投入
守れのサイン、受けに回ればいいことないんだが
3点目、鳥栖が前がかりで前線に人数を増やし
パワープレー狙いの放り込みを跳ね返した
ルーズボールを井手口が拾った。
井手口がスペースに出し、ウイジョの飛び出しが絶妙で追いつき
ニアへグラウンダーのクロス、長沢は後ろの藤春がわかっててスルー
藤春は押し込むだけ、藤春はよく走りました。ご褒美ゴール
4戦勝ちなしからの脱出、やっぱりアウェーのほうがやりやすいのかw
正直、ここは良くてドロー
勝つのはアウェー大宮あたりと思ってましたが嬉しい誤算w
結果的に3点取りましたが、この試合は守り勝ちだったように思います。
何よりもファビオの復帰が大きい
ファビオ、三浦で豊田には何もさせなかったし
イバルボもPKのシーン以外でも抑えれた事が大きい
また、全体がしっかり動いて走りました。
前節、チームのトラッキングデータの距離が105kmだったのが
112kmで走るサッカーの鳥栖と遜色なく走った。
ボールの寄せも早かったしやればできるやん
結局、基本の走るとしっかり守るが
ここ最近できてなかった事がわかった。
攻撃に関しては縦への意識と早めのクロス
サイドでウジウジもってるんじゃなくて上げきる
跳ね返されてもしっかり走れてればルーズボールも取れる
MOMは井手口、常にいてほしいとこにいてるし
やって欲しい事をしてくれる
寄っていって味方のパスのつなぎ役にもなるし
常にボールの近くにいて、ルーズボールをかっさらい
前線に好パスも出せるし、アシストもした。
ほんまに、ガンバの生命線ですね
その井手口が代表で抜けた中盤は
是非、今ちゃん、市丸のダブルボランチを試してほしい
ルヴァンカップ、どういった布陣でいくか楽しみ
現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください