ルヴァンカップ 準々決勝 第1戦 vs ヴィッセル神戸(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。
仕事が終わってからノエスタに向かっても、到着は後半開始ぐらいなんですよね
なので、東梅田のHUBで観戦してました。

サクッと、雑感
試合は1-0ぐらいで勝てる試合でもあったし
危険なシーンも結構あったので辻褄合わせのドローでも
仕方ないと思える試合
序盤はディフェンスラインが下がりすぎで
中盤との距離感が悪く、バイタルやスペースを使われ
攻め込まれるシーンが多かった。
それでも返す刀のカウンターでガンバもチャンスがあったから不思議
ウイジョのワントップにちょっと戸惑いながらも
藤春の積極的な攻撃参加でチャンスを伺う
しかしお互い決定的なチャンスがありながら
ギリギリの所で踏ん張って前半終了
後半、長沢INで2トップになり中盤が整理され、ディフェンスラインも修正され
高いライン設定になり距離感が良くなりガンバのペースで進む
しかしながら、シュートはギリギリの所で外れていく
秋も鳥栖戦で決めた位置よりゴールに近い所でシュートを打つが
入らなかったですね。
長沢が入っているのにクロスもあまり上がらなった。
そうこうしてお互いチャンスを潰しているうちに試合は終了していった。
勝ってないけど、この試合のMOMは藤春
とにかく積極的に左サイドの縦をつきチャンスメイクしてたかと思えば
ピンチにも戻ってきて逆サイドの右サイドで対応してるシーンもあった。
井手口がいない分、獅子奮迅の活躍
市丸は目立った動きはなかったが、及第点
おそらく2戦目にヤットさんが出る為の90分フル出場だったように思う
だが、今はとにかくトップの試合に出る事が大事
ポドルスキーの印象ですが、流石に一つ一つのプレーの質は高い
ただ、そこまでスーパーでもない印象で、神戸の中ではちょっと浮いているし
まだ、周りとの連携がしっくりきてないのは見て取れた。
攻撃陣にもう一人ポドルスキーと同等レベルの選手がいれば
たぶん脅威なんだろうけど、単品ではそこまで脅威でもなかった。
ガンバはいつも
「1stLegはぼちぼちで2ndLegで勝ったらいいんやろ」って感じの
カップ戦の戦い方をしますが、今回はアグレッシブに攻めてたし
アウェーゴールを取ろうという意気込みは感じたが
それが結果に直結しないのが今シーズン
今日の内容を見てると次は1-0ぐらいで勝って次に進めそうですが
苦手の吹田スタジアムですからねw
まあ、今日のノエスタのピッチもたいがい酷かったですがw
日曜日、生ポドルスキーを見るのを楽しみしてますw
現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください