天皇杯 4回戦 vs柏レイソル

毎度ご来訪ありがとうございます。
キックオフ後5分から現地で見てました。
スカパーに入ってなくて見直しができないので雑感だけ
トータルの試合内容は、そこまで悪くはなかった
敗因は、試合を観てたら誰でも分かる個のミス
前半の序盤はガンバはいつものもっさり感で
レイソルのテンポについていけなくて翻弄されていた。
ボールを奪っても前線に収まらずレイソルの
ポゼッションが続いていたが徐々に巻き返し
左右のサイドから攻撃できるようになっていった。
ただ、その攻撃はうまくフィニッシュまでには至らず
CKに逃げられるシーンが多かった。
1失点目、全ては東口の判断ミス
まず、ペナルティーエリア外に飛び出す必要はなかった。
東口が飛び出せば、ジェソクの対応する選択肢の中で
バックパスの選択肢が無くなるし
ジェソクが対応しきれなかった場合の保険もなくなる。
でも、飛び出してしまったのなら責任持って処理すべきですよね
本人は迷ってしまったそうだが、いつも私が言ってる
「出たら触れ」ですよね。GKが飛び出す事は
ゴールを空けるリスクを伴う訳ですから。
井手口のミドルからのCKでガンバの流れは悪くなかっただけに
ミスでの前半終了間際の失点は痛かった。
2失点目、藤春が取れもしないのに食いついて
左サイドガラ空きにしてしまったのはいただけない
記録上は古賀のゴールやけど三浦のオウンゴールでしょう
オウンゴールはしゃーないんやけど
三浦のポジショニングはあれで良かったのか疑問
あと、対応も遅れ気味やったし
3失点目、東口のキックミス
猛省してください。
ただ、ここからのガンバは良かったんですよ
全ては前回のエントリーで書きました。
>そう言えば、プレスの鬼の赤崎は何でダメなんでしょうか?
>こんな時ほど、チームの為に献身的になれる選手が
>必要だと思うのですが・・・
赤崎を投入してから前線でのプレスがかかり
ボールが取れてガンバの攻撃ターンの時間が増えた。
1点目、赤崎がいたから、長沢もプレスがかけられて
相手DFのキックミスを誘発できた。
その後も攻め込まれるシーンはあったものの
ガンバの攻撃は活性化していった
2点目、ガンバの波状攻撃で左からの流れたクロスを
ヤットさんが拾い、フリーの初瀬がクロス
美しい弾道はピンポイントで井手口に合った。
この時、特筆すべきはペナルティーエリア内に
ガンバの選手が6人入っていた事。
赤崎が入ってから、ガンバの得点が入ってからは
本当に攻撃も流れも良くて、押せ押せで
同点もあり得る雰囲気やったけど3点目は入らなかった。
流石に3点ビハインドからはキツイわ
全ては、個のしょーもないミスで・・・
しかも、一発勝負でやらかすか・・・
采配も珍しく当たってたんですよ
赤崎投入でプレスがかかり攻撃活性化
ジョンヤを下げ、今ちゃんをCBにしてから
守備も安定し、途中出場の初瀬もアシストしたし
久しぶりにガンバの試合みてワクワクした。
それだけに残念でならない
こんな形でタイトルを逃し、ACL出場の権利を
フイにしてしまった事が
次の鹿島戦、赤崎が出れない事が残念
自力でACLの権利取りも現状、至難ではあるが
そこを目標にもう一度モチベーションを上げて欲しい
次の鹿島戦、観に行きますので
現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください