ルヴァンカップ 準決勝 第2戦 vs セレッソ大阪(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。
午前中はEXPOCITY前のイベント広場で行われていた
フィットネスイベントに参加してました。
結構暑い中、屋外で日に当たりながらフィットネスプログラムを
1時間こなし、ヘロヘロになりながらもスタジアムへ
試合について
もう、経過とかについては書きません
見たままです。
なので雑感と思った事を・・・
さすがに、前回の名前も知らないような選手ばかりの
メンバーとは違って、柿なんとかや水沼やソウザを使ってきました。
そうするとやはり、プレッシャーがきつくなり
こちらばかりがペース握ってる試合ではなくなった。
ヤットさんも奮闘してたけど、それが攻撃につながる
展開はあまりなかった。
中原については、ちょっとトップでは厳しいかと
前回のエントリーで赤崎はガンバに染まっていない所が良いと
書きましたが、逆に中原はガンバに染まっていないが為、厳しいかと
もちろん、トップとは別のU-23でやってきている所は
考慮すべきだけど、それにしても軽率なパスが多い
トップの選手はみんなもっと慎重やし足元の技術もしっかりしてる
今回も初瀬はアシストしたが、2試合通じて藤春は守備しかしてない
攻撃ではまったくいい所なし、このままでは藤春にとっても
チームにとっても良い事はない。チーム内競争できる
左サイドバックが必要
敗因は明らか、誰の目で見てもわかる、采配ミスと
怪我人や代表で抜けても2点目を取れない、守り切れない
選手層の薄さ
ここに監督と選手コメントが載ってますが
https://news.yahoo.co.jp/byline/takamuramisa/20171008-00076675/
【藤春のコメント】
『最後引いてしまって、5バック気味になってしまって
引いてしまってボールに誰がいくかわからないっていう状況でしたし
クロスに対して跳ね返すだけ、というか、
壁を作るみたいな感じになったけど、引くよりは普通にやっていた方が
良かったのかなとは感じました。』
『誰がプレッシャーにいくのかが本当にわからない感じで、
実際、5バックなんですけど、壮も隣にいたので…
どういう感じかよくわからなかったけど、意味としては
『守りを』って感じだったと思う。ただ、普通に4バックでいっていれば
あの状況はサイドハーフが一人いて、僕が水沼選手に
プレッシャーにいけたはずなので、そこの難しさというか、
引いてしまったことでボールにいけなくなって
やられてしまったように思います。』
【赤崎コメント】
『僕たちはちょっと先制されたり点を取ったりっていう部分で
左右されすぎたなとは思います。セレッソは点を取っても
取られても同じことをやってきましたし、同じスタンスで試合を
通してやっていたので、そういう意味で僕たちが状況に
対応できなかったのかなとは感じました。』
選手からも采配に疑問が出てますが?
選手を混乱させる采配って何なの?
監督の意味ってあるの?
チームとして崩壊してるやん、そりゃ勝てんわ
だから今年はグダグダなんですねぇ
もう、長谷川の指示は無視して、ヤットさんの指示で試合すれば?
ある意味長谷川ガンバの集大成ですわ
何ですか
「やっぱり長谷川監督を今年限りで見限って正解でしょ?」
ってフロントは示したかったのか?w
全てのタイトルを取れるチャンスも無くて、降格もほぼしない。
今後もリーグ戦の1桁順位と2桁順位あたりをただ漂うだけになりそう。
今シーズンは、何だったんでしょう?
自身は昨年に
『これは個人的考えですが、今季はリーグ3位以上でなければ
長谷川監督解任でも良いと思ってます。』
と書きました。
http://tamaemongamba.blog.fc2.com/blog-entry-213.html
今期の冒頭にも
『去年は、新スタ開幕シーズンでリーグとACL両睨みの補強?を行い
どちらも取れず、何もタイトルを取れず、中途半端なシーズンで終わった。
なのに、長谷川監督の継続を選択している時点で
フロントは今季は捨ててるんですかね?』
と書きました。
http://tamaemongamba.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

まあ、シーズンの体制が決まったら、サポーターには
どうする事もできないので応援するしかないんですけどね
ただ年初に思った不安は的中していたなと
こんな残念なシーズンになるとは・・・
いい意味での裏切りを期待して応援してましたが
結局これかいw
年パスなんで残りのホームの試合は行きますけどね
もう、アウェーに行く気力はありません・・・
本日、現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください