ブーイング

毎度ご来訪ありがとうございます。
ホーム最終戦のセレモニーで
監督挨拶の際はブーイングでした。ついでに黄金の脚賞の
ノミネート選手発表の時も長沢がブーイング受けてましたね。
(他もいたかもしれないけど覚えてない・・・)
まあ、それについて各SNSで色々と見ましたが
その中で自身もつぶやきました。
それと同じような事を書きます。
自身は味方にブーイングはしない主義で
不満であれば拍手しないだけなんですが
ブーイングする人の気持ちも分からない訳ではない
ってか選手も監督もクラブも
ブーイングされているうちが華やと思うんですよ
スタジアムに来る人はそれぞれ違った「期待値」を持って
チケットを買いスタジアムに来ていると思うんですね
その「期待値」は、「今日の試合5-0で勝って欲しい」だとか
「目の前の試合に勝って欲しい」だったり
「特定の選手の活躍を期待している」とか、勝敗に関わらず
「ガンバの選手を見るのが好きで試合が見れたらいい」とか
様々だと思います。
まあ、大半は単純に「目の前の試合に勝って欲しい」だと思いますが
その「勝って欲しい」と思う気持ちの強さも人それぞれやと
その「期待値」にそぐわない結果であれば、当然「不満」になり
ブーイングをする人がいると思いますけど
それってそんなにおかしいですかね?
例えば行きつけの定食屋があって、いつも美味しいハンバーグを
食べさせてくれるところで、今日も美味しいハンバーグが食べたいと
先にお金を払って出てきたハンバーグが真っ黒焦げやったら
不満で文句の一つも言うでしょ?それと同じやと思うんですけどね
「期待値」を持ってスタジアムに来てくれるだけマシと思うんですよ
選手や監督、クラブにとって一番最悪なのは
「期待値」すら持ってスタジアムに来てくれない人
すなわち興味がなくなり来てくれなくなる事やと思うんですよね
観客が入らなければ入場料収入が減り
人の集まらない所にはスポンサーも集まらない。
クラブの収入が減れば満足な補強をできないし
クラブが選手をサポートする環境も悪化していく
まあ、当たり前の事ですよね
仕事でもあると思うんですよ
クライアント(顧客)の要求に自身はそれなりに応えようと
やってても、満足度を得らえなくて批判されたり
不満を言われる事なんか、日常的にありますよね
「期待値」を持ってチケット代という対価を支払っている人に
「期待値」に合った価値を提供できなくて批判されたら
それを受け入れて、またガンバればいいだけじゃないですかね
それこそ、監督が言ってたブーイングを声援に変えるよう
努力すればいいんじゃないでしょうか?
来年、長沢は得点王になるぐらい活躍して
黄金の脚賞を取ったら、インタビューで
「どうだ見たか、昨年ブーイングした人!謝れ!」ぐらい
言ってもいいと思います。
まあ、もしそうなっても言わないでしょうけどw
監督も来年にF東でタイトル取りまくって
「昨年は挨拶でブーイングされた監督でもタイトル取れました」って
皮肉の一つも言えるぐらいになったらいいんじゃないですかね
アウェー鹿島戦のエントリーで書いた
拍手もブーイングもその人がしたかったらすれば良い
したくなかったら、しなければいいだけの話
誰かに言われてするもんでもない。
「拍手すべきとかブーイングすべき」とか言われても
「お前の価値観なんか知るか」って話で
スタジアムにはそれぞれの価値観や思いを持った人が
沢山いる所で「こうだ」ってものはないと思います。
もちろん、何しても良いって訳ではなくて
観戦ルールは守るべきですし
人に迷惑をかける行為はダメですけどね
どこかの赤いチームの人のように
チームのバスを止めて監督を引きずり出して
辞めろとか言うのは、流石にやりすぎやと思います。
上の定食屋の例えで言うと、厨房にズカズカ入って
料理長に「こんなん出しやがってお前なんか辞めてしまえ」って
言いにいってるようなもんでしょw
いくら対価を支払っていても、それはやりすぎですからね
ここ最近、タイトル争いできてた事は幸せやったと思えましたし
勝つ事の難しさが良く分かったシーズンでしたね
長い歴史の中でこんなシーズンもあるでしょう
来シーズンは、笑顔で終われるシーズンでありたいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください