遅まきながら昨年の感想など・・・

毎度ご来訪ありがとうございます。
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
と言う事で、放置しててすいませんでした・・・
「2017年シーズンの感想書かないと」と思いながらズルズル休んでしまいました。
サクッと書いてしまいます。
まずACLのプレーオフから始まったシーズン
無難に勝ち、ACLに臨みましたが苦肉の3バックテストで惨敗し
巻き返す手立てもなくあっさりとACL敗退。
まあ、ACL組では一番恥ずかしい結果でしたね・・・
それでも、今ちゃんの活躍などもあり
リーグでは順位を上げ一時は首位に
ただ、この首位には違和感しかなかったですね。
対戦相手がまだ戦術や戦力が固まってなかった所で
こちらとしても大して中身のない勝ちが多く運よく勝ち点が転がってきただけ。
いつもエントリーに書いていたのは「ガンバの形がない」「流れの中で点取れない」
中身や実態はないのになぜか上がって行ったのはバブルでしたね。
でも、まだここでは悲観してなかった。
なぜなら中身は試合をこなせばついて来るようになると思っていたし
熟成されていくものと思っていたから
こんな早い時期の首位は陥落するとは思っていたが
勝ち負けを繰り返しながら粘りが出て来ると思っていた。
しかしながら、ちょっと間のあいたジュビロ戦では
全体の体たらくぶりを露呈し惨敗
ホームで弱く、アウェーで強かったのだが
アウェーでも下位に勝ち切れない試合が続くと
ズルズル後退、ホームのダービーで
少しは良い兆しが見えたかと思ったが続かず。
監督の今季限りの発表があり
そこからは語るまでもないですね・・・
天皇杯も個のミスで終わってしまい。
「何とかタイトルを」のルヴァンではチキン采配で
最後の最後に力尽いた。
そこからのガンバの惨劇は見ての通り
最初は自身もシーズン途中の監督交代には否定的だったが
10月マリノスに負けた時点で長谷川監督でシーズンを終える事が
無意味に思え、「實好にでも暫定監督してもらって
若手使いながら来年の為に残り試合をしたほうが有意義に思う」と書いた。
そして、アウェーのレッズ戦後には
「来期を見越して、ルヴァン敗戦した後にフロントと
監督が話し合ったと報道があり、中原、井出、赤崎が
使われるようになったのだが、中原と赤崎は来期にいるのか?
今、起用しているのが来期もいる事が前提での起用なのか?
不透明であるし、アデミウソン、ファビオ、市丸が
怪我でなければ上記のメンバーはトップで使われていたのだろうか?
仮に、赤崎が残り試合で10点取ったとしても鹿島に帰ってしまえば
何も来期につながらない。本当に今やってる事がつながるのかも不明
野田、井出、呉屋を先発で使うぐらいじゃないと説得力もない
現状は、全てが不透明で中途半端
自分的には、状況は何も変わってないようにしか見えない。
そして変わらないままシーズンを終えそう
惰性で動いてるものを、ただ見てるだけは辛いですね」
と書きました。
本当に監督解任が決まってからのガンバは惰性で試合してただけでした。
そして、結果的に今年には何もつながっていない。
見事なまでに2012年にチームが崩壊してしまった状態に戻ってしまった。
でね、これは下衆の勘繰りですけど
長谷川監督はわざとやってたんじゃないかと
まあ、怪我人とかで戦力が整ってないとは言え、もうちょっとチームをいい方向とか
若手主体に切り替えて来季に備えるとか、やりようがあったと思うのですよ
それを、メンバーをチョコチョコっと若手と言うかU-23の選手を入れて
「来季を見据えて」みたいな感じを出しながらも特に戦術的には何もせずに
判を押したような采配してるのって、わざとガンバを弱くしているのではないかと
なぜか?
今期、FC東京の監督する事が決まってるから
今のうち潰しておこうとしてたんじゃないか?
もしくは、もう来季関わらないから「どうでもいい」だったんじゃないか?
色々な要因が重なったとは言え、一応、3冠した監督ですよ
それが、あんなグダグダなチームにしてしまうのはちょっとおかしい
新監督を迎えるにあたっては、チームは作り直しにはなるもんやけど
ほんまに今季につながるものは何も残さず終わった。
昨シーズンで著しく伸びた選手とかまったくなく終わった。
まあ、そんなさじを投げるような監督を昨シーズン続投させ、シーズン途中でも
切るに切れない状況にしたフロントも悪いですけどね
さて、今季はどうなるか?
色々と加入や移籍がありましたが
その辺はまた、チームが始動してからにでも書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください