vs ベガルタ仙台(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

DAZN観戦でした。

早速試合ですが
前回のエントリーで「難しい試合になりそう」と書きましたが
その「難しい試合」をよく勝ちきりましたね。

「難しい試合になる」と思ったのは2つ理由があります。
1つは、クルピ爺さんはドSなのでメンバー固定でターンオーバーしない事
もう1つは、仙台は守る時5バックになる可変3バックを採用している事

流石に前節から「藤本、米倉あたり、もしくはジェソクをいじってくるかな」と
思ってましたが、まさかの前節と1人も代えないスタメンw

仙台はガンバをリスペクトしてしっかり研究してくれたので
守る時のブロックは5バック

立ち上がり、最終ラインとボランチの間のバイタルで
最終ラインが寄せきれずに立て続けにシュートを浴びました。
林の好セーブもあり事なきを得ましたが
こんな序盤に得点されるとガンバは苦しくなる。

ただ、心配した固定メンバーの弊害はそれほど感じなくて
全体的には動けてましたね。長崎の時のように
あからさまに「コンディション悪いな」って感じはなかった。
中2日とは言え移動がなかったのは大きかったのか?

仙台はポゼッションと言うよりは取ってから縦にサイドに早く展開して
ガンバの守備の戻りの遅さやギャップを突いてくる。

それに対してガンバは守備から入ってましたね
サイドバックも積極的に上がっていかない。
最終ライン4枚が揃っている事が多かった。
マテウスも守備してる時間が多かったです。
一応、後半のスタミナも考えての行動だったのか?

攻撃に関しても無理に攻め込まないし
この辺りはプラン通りだったのではないでしょうか
そんな感じでガンバゴールに仙台が迫るシーンが多かったけど
そこまで、決定的なシーンを作らせなかったのは良かったですね。

後半、ジェソクOUT 今ちゃんIN
クルピ爺さんにしては早めの交代
後半の運動量が落ちた時のバイタルケアやスペースのケアが
目的だったのでしょうか?

後半どちらも点を取りに行くべくオープンな展開になっていった。
そして、徐々に今ちゃんが攻守に効いてくる場面が出てきた。

1点目、林のゴールキックの跳ね返りのセカンドボールを
右に展開されそうになるも、三浦と米倉で挟みボール奪取
三浦が右のスペースにいた藤本に展開
藤本とヤットさんのパス交換で3枚残っていた仙台ディフェンスの1枚と
戻ってきたウイングバックを釣り、上がってきた今ちゃんにパス
ジョンヤはウイジョに釣られ、大岩がボールウォッチャーになり
秋が真ん中でドフリー、今ちゃんは迷わずそこに出した。
ボールを貰う前に秋はGKの位置を確認、ボールを受けると
GKの届かないコースにつま先で流し込んだ技ありゴール
前節のゴールが「剛」なら、このゴールは「柔」ですな
思わず「うまい」って叫んだw

その後、気を良くしたマテウスがいつも通り前線に出て行くも
今ちゃんがバランスを取り、カウンターなら前に出て行きシュートを放つ

競馬で休養明けでも関係なしに結果を出せる馬の事を
「鉄砲が利く馬」と言うけど、今ちゃんは正にそうですね。
ブランクを感じさせない試合勘と運動量

この辺でそういった抜け出しとかミドルシュートとかCKが決まると
試合展開的にはだいぶ楽なんですけど
相手も必死なんでそうは行かないですね

82分頃、ヤットさんOUT 食野IN
秋が右サイドに入るようクルピ爺さんに指示されたらしいが拒否したとかw
左サイドの守備のバランスを崩したくなかったのでしょうね
結果的にその判断は間違ってなかったと思います。

後は守備が持ちこたえられるかと機を見てカウンターで仕留めれるかで
サイドから上げられ危険なシーンもあったが凌ぐ
攻撃ではウイジョの裏抜け単騎駆けを狙うも阻まれるを繰り返し
仙台のパワープレーも凌いで試合終了

この試合の勝因は守備の安定
三浦とファビオが変に釣り出される事が無くなり
CB二人のコンビネーションが良くなりました。
また、サイドバックもラインを保ち
CBのカバーリングができて押し込まれても守備に粘りが出てきました。

この日のMOMは今ちゃん
焦らず準備していたのか、スムーズに試合に入れましたし
いつもと遜色ないパフォーマンスで攻守に効いてた。
正に「守るも攻めるも頼れる男」

ホーム4連勝でその4連勝すべて失点0
上記した守備の向上と相手の拙攻による所も大きいですが
自分はもう1つの要因として「パナスタの芝」があると思います。

この日は雨で選手は多少滑っていたりしましたが
去年までに比べて滑ってこけるシーンが減ったし、やっと芝が根付いたのでしょうか?
芝も捲れなくなりましたよね。また、選手のボールタッチも良くなってます。
今まで「ピッチがアウェー」だったのがやっとホームになったと思います。

ってかやっと今のガンバの戦い方が見えたのではないでしょうか?
「まずは無理にサイドバックを上げず守備から入る」
今までもやってる試合はありましたが
何だかんだで攻守のバランスを崩し失点してました。
今ちゃんが戻って来て、髙江というバランサーも見つけた今は
この戦い方だと大崩れはせず、勝ち点が稼げそうやし。

サイドバックを上げ攻撃の人数を増やしても、崩しきれず
結局サイドバックの裏を取られて失点ではリスクが高いし
試合展開としては苦しくなるばかり

まずは「身の丈に合ったサッカー」をしましょうよ
降格圏、入れ替え戦圏を脱したし、それをする事によって
やっとチームとして1歩進める気がします。
ついでに言うと、スタメン選手の入れ替えもw

次は札幌、アウェーでリーグ上位
今のガンバの力量を計るのに持って来いの相手ですね
ミシャサッカーはガンバに対してどう来るのか?
今から楽しみ

現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。
札幌に行かれる方々はお気をつけて!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ


ガンバ大阪 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください