vs 浦和レッズ(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

諸事情によりNHK観戦でした。

早速、試合ですが
「1週間前のマリノスとのクソ試合は何だったんだ」ってくらい
全体のクオリティは良かったです。グダグダの水曜のルヴァンで
ヤットさん、藤春を休ませた効果は見て取れました。
それだけに勝ち点3が欲しかった。

レッズとの試合ではポゼッションのレッズ
受けてカウンターのガンバの図式になることが多かったですが
レッズもミシャサッカーからの脱却を図り
ポゼッションと言うよりはサイドからや興梠を活かす
早い攻撃のスタイルにシフトしてるようにも見えた。

その中でレッズのウイングバックの裏と取りに行くガンバと
ガンバのサイドバックの裏を取りに行くレッズの図式は面白かった。

左サイドは秋と藤春のコンビでしっくりこない橋岡の所を狙って行く
逆にレッズは米倉に宇賀神をぶつけて、右サイドから展開してくる
米倉と宇賀神のマッチアップは見てて面白かったです。
ただ、そのおかげで右サイドからはあまりチャンスが作れなかった。

左サイドは藤春の守備力も微妙やけど秋の守備が利いてる
右サイドは藤本があまり守備をしてくれないと言うか
動きが遅い分、守備が後手にまわる事が多かった。

後半はお互いのプレスが緩まりオープンな展開が多くなる
お互い、自チームの攻撃ターンでいい所までは行くが
フィニッシュ、ラストパス、ラストパス前の
チャレンジする所でミスが多く得点につながらなかった。

70分頃食野INウイジョOUT
水曜日もウイジョは出てましたが
そこまで運動量が落ちてるとも思えなかったし
代えるのであれば藤本かと思うけどね・・・

レッズはマルティノス投入で縦に早い展開で裏を狙ってくる
マルティノスで引っ張られた最終ライン前のスペースに入られたり
アーリークロスでチャンスを作られるが
興梠のフィニッシュのクオリティの低さに助けられる

ガンバも秋のクロスを食野が合わせるが綺麗にヒットせず
西川に防がれと一進一退が続く。

86分に決定的なチャンスも西川に防がれ
マテウスのミドルなどもあったが試合終了

先週のマリノス戦のエントリーで
「ここまで4-2-3-1のフォーメーションで積み上げてきた物は何だったのか」と
書きましたが、そのフォーメーションのベースがあって
この試合の4-4-2がそれなりに機能したように思えた。

ヤットさん、マテウスがそれほど前に出て行かないので
攻守のバランスは取れてたし、安定していたので
サイドバックも上がれたし、サイドバックの裏を取られても
中が締めれていたのでそれほど相手にチャンスを
与えなかったのは良かった。

攻撃においては、ヤットさんがあまり攻撃には参加せずに
中盤の組み立てに終始してたし、藤本の組み立てでは苦しかった。
また、パス一辺倒なのでドリブラーが欲しい
ドリブルで相手を崩したり引きつけての攻撃が欲しかった。
泉澤はなんでダメなんでしょうね?

ガンバもレッズもどん底を抜けてチームを構築していってる中で
攻撃まで構築できてない同士が対戦したらこうなりましたって感じですね

この試合が先週のマリノス相手にできてれば
勝てたんじゃないかと思います。ほんまに前節は無駄な試合でした。

それなりの内容は示せたタイミングでの中断期間突入
ルヴァンがあるので、この良かった所を
継続できるよう準備して欲しいですね。

現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ


ガンバ大阪 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください