vs 名古屋グランパス(アウェー) 本当にゲーム体力の問題だけ?

毎度ご来訪ありがとうございます。

試合はDAZNの見逃し配信で見ました。
リアルタイムで速報を追っかけてたので結果は知ってましたが・・・

2-0は本当に危険なスコアなのか?
W杯でも日本は2点リードしながら3点取られて負けましたが
本当にそうなのか、サッカーキングが調べてくれてます。
2-0は本当に危険なスコアなの? プレミアの過去データをもとに検証

もちろん、プレミアと日本とかW杯で違いはあると思いますが
2-0で勝ってるチームが負ける事ってほとんどないと思います。
上記のプレミアの例だと負けるのは7.7%で、10試合に1試合もない。
でも、0%ではないのであり得るが何が言いたいかというと
とりあえず恥である。

日本とベルギーは元々力差がありましたが
ガンバとグランパスはお互い下位でそこまで力差はないのに
なんでこうなったのか?

前半は、きちんとガンバはサッカーができてたんですよね

最初の時間帯こそ、フリーでシュート打たれたりしましたが
グランパスが外してくれて助かり、その時間が過ぎると
落ち着いて4-4のブロックを敷きながら前からプレスが掛ってた。
相変わらず、縦に速い攻撃はなく、ちんたらしてましたが
バイタルでフリーで受けた藤本がドリブルでサイドに流れると
PKを獲得、微妙な判定でしたが、ガンバも判定に泣かされる事があるので
いいんじゃないでしょうか?

アデミウソンの蹴ったコースが甘くて「ヤバい」って思ったけど
勢いが勝りゴールラインを越えてくれた。

2点目は、今年のベストゴールとも言えるぐらい綺麗やった
ジェソクが良かったですね、宮原がヤットさんを見て
ジェソクが見切れた瞬間に動き出し、ヤットさんから絶妙なパスが出る。
このシーンでご飯3杯は行けます。
ジェソクの折り返しはここしかないってコースで
藤本は股抜きはまでは考えてなかったと思うけど
GKの逆をつくつもりでニアに蹴ったのは技ありでした。

前半は無難に終わり後半へ

1失点目、帳尻合わせのPKが来ました。
ジョーのマリーシアっぷりに審判が引っかかりましたね。
ただ、ジョーにパスが出る前に高はもっと詰めて欲しかったとこはあるが
この失点は仕方ないと思われる。

ここから、次の失点まで18分ぐらいあるけど
それなりに守れてたと思うんですよね。
ヤットさんが「1失点してから相手を勢いづかせた」とか言ってますが
自分はそうは思わなかった。
攻めて、三浦の惜しいヘッドとかもありましたしね
それなりに組織的には守れてたけど、その組織が崩れた。

2失点目、三浦がシャビエルに引っ張られてぽっかりスペースが空き
簡単に前田にそのスペースを使われて簡単ににパスを通され失点。
この2失点目のデジャヴ感あるなぁと思ったら
今年の開幕のホーム名古屋戦1失点目と同じような形、進歩が全くない。

この後ガンバは、パスは回らなくなるし変な所でロストし始めるし
明らかに運動量が落ちた。
そして、グランパスが勢いづいたのはここからだった。

3失点目、何でジェソクは左サイドで無理にボールを運んだのでしょうか?
そこからロストし、つながれジョーめがけてロングボールが入る
三浦と米倉で挟むが競り負け、シャビエルが落とした
ルーズボールの反応もジョーに負け失点

まあ、残り時間考えて今のガンバでは同点、逆転は無理ですわな・・・

1失点目のPKも半分は運が悪かったと思う。
その後2失点目を喫するまでは、確かに運動量は落ち気味で
寄せも甘かったが人数かけて守れてた。

2失点目、左右に振られ、球際でボールが取れない中で
自分のポジションをポッカリ空けて相手にスペースを与え
そのポジションを空けた者は急ぎもせずチンタラ戻り
そこを起点に失点する。
数カ月前に同じ相手に同じように失点してるのに・・・

もう、ハッキリ言います

三浦弦太とファビオでは無理

宮本の指導で守備の約束事とかあって、それなり守れる時間もあるけど
サッカーの攻撃のパターンは無限にあり、最終ラインが乱された場合は
組織ではなく個が考えて守らないといけない場面になる。
その時はアドリブで守らないといけなくて個の能力が問われる。
残念ながら、三浦もファビオもアドリブが利かなすぎる、イコール
身体的能力や技術的なものだけでなく判断力とかも含めて個の能力が低い。

三浦は昨年からガンバに加入して、最初見た時は凄く身体能力が高くて
可能性を秘めた選手かと思いましたが、買いかぶり過ぎました。
去年からほとんど成長してないです。
まあ、まだ23歳なので伸びしろはあると思いますが
現在の能力はまったく足りてません。

ジョーは確かにうまいし、さすが元ブラジル代表だけあって
全てのプレークオリティは高いけど、名古屋はリーグで暫定最下位で
この試合が始まる前までは、ウイジョよりも得点を取ってなかったんですよ。
何が言いたいかというと「他のチームはジョーを抑えている」んですわ。
ホームの開幕戦も含めてガンバは「どんだけやられてるねん」って話。

この試合の敗因はゲーム体力の無さもありますが
根本的にセンタバック2人の能力が足りてません。
まあ、個の能力が足りてたらクルピの時にもうちょっと守れてるはずですから。
つまりそういうことなんだと思います。

もう、下の文章はテンプレート化しましょうか

いくら宮本が名監督でも、シュートのコントロールはできないし
クロスが上がる度に細かいポジションの指示なんかできないし
百発百中でクロスに競り負けないようになんかできない。

暑いのは分かるけど、終盤押し込まれていたのに
寄せれてないし、トラッキングデータ見ても
走り負けてるしスプリント数も負けてる。
こういうのが、数字に出てる。
勝つためのハードワークが足りてない。

個々が意識して、上記のような悪癖を直し、毎試合チームの為に
ハードワークしないと結果はなかなかついて来ない

 

夏の間は期待できないかも?ですね。
まあ、この夏にある程度勝ち点稼がないと
動ける時期になった時には手遅れの可能性もあるけどw
ってか、もう手遅れか?

今日、明日走りこんだ所でゲーム体力は付かないし
個が期待できない中でどうやって宮本監督は修正するのか?
次の相手は、F東、長谷川監督
面白い試合になりそうですね~

現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ


ガンバ大阪 ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください