日本代表戦と東口と三浦について感想

毎度ご来訪ありがとうございます。

代表戦観た感想です。

ウルグアイもFIFAランク5位に位置付けられ
強豪と言われますが、アジアツアー2戦目ですし
お互いのチームがW杯が終わってからの仕切り直しで
チームを作っている状態。
本番は4年後ですし、この時期の勝敗や内容は
参考程度にしかならないでしょう。

とは言え、お互いコパ・アメリカやら
アジアカップを控えており、その選考試合には
位置付けられる試合であるため
個のパフォーマンスには注目したい所。

W杯出場組は、安定したパフォーマンスを見せてましたね。
アジアカップメンバーのベースにはなると思います。
しかし、大迫は相変わらずおさめて潰れるがメインで
決定力にかけますね。
酒井、吉田は安定した守備力、柴崎はいいパスもありましたが
W杯のときのパフォーマンスと比べると落ちてた。

この試合で目立っていたのはやはり2列目の3人

中島は相変わらずキレのあるドリブルをして
シュートで完結させますが、あれだけ打つなら
3本に1本は決めて欲しいところ。
じゃないと、ただのエゴイストですからね。
個人的にFWのエゴイストはいいですが
中盤のエゴイストはあまり好きではない。
「決めきれないならパスしろ」と思ってしまいます。
まあ、ガンバの10番にはあの積極性と
枠には行くシュートを見習って欲しいですが・・・

南野は個人的には嫌いですがw 結果を出してますし
実力は認めないといけないところ。
「うっさいんじゃボケ」が有名でやんちゃな面も見えますが
ゴール前では意外と冷静で、よく相手とか周りが見えてて
それが、詰めのゴールにもつながってますね。

堂安は、代表初ゴールもありましたが
フィジカル全開で相手とやり合う姿に目が行きました。
オランダという国、フローニンゲンという
身の丈にあった国とチーム選択が本当にいい方に転がったと思います。
見るたびに成長しているのもわかりますが
もっとシュートと飛び出しを磨いて中島より目立って欲しいのが
正直な所、南野が詰めたシュートも一発で
決めきって欲しいし、以前も書きましたが
ボールを持ったらもっと仕掛けて欲しい。
酒井がいい感じで堂安の意図を読みとって
いい連携ができていたし、もっと右サイドで輝けると思ってます。

今シーズン、ガンバを観てきて「能力が足りない」と
三浦を酷評して来ましたが、この試合でも
随所に「能力の足りなさ」を露呈してました。

三浦の良いところは「対人の強さ」で
昨年の鹿島戦で金崎をマンマークに近い形で封じ
交代に追いやったプレーは見事でした。
また、この試合でもカバーニとのマッチアップで
あまりやられてる感はなかった。

三浦の悪いところは「単純に周りが見えてない(視野が狭い)」のと
「周りを見た上で状況を瞬時に判断して瞬時に的確な行動
(ポジショニング)する」が全く出来ない所。
センターバックとしては致命的です。

1失点目のセットプレーでの失点も
ファーに2人競り合っているし、あそこに三浦は行く必要はない
シュート入れたペレイロは三浦が見るべきマーカーでしたし
上手く競り合ったボールがいい所に転がった部分はあるが
判断悪いですよね。ガンバでもああいったシーンはよく見る。

バックパス凡ミスも、パスする前に東口を一瞬確認したらいいだけでしょ?
そうしたらカバーニを見つけられるでしょ?
「カバーニがPKもらい損ねてスネて戻りきってない」っていう
レアな状況ではあったけど、なんで見ないのかわからん。
東口がゴールマウス外してたらオウンゴールもあり得るわけですよ。
結局、視野が狭いのがこんな所に出てくる。

3失点目も外にいたロドリゲスを見ないといけないのは
三浦でしょ?思いっきりボール保持者しか見てないし
その後の対応も寄せきれずに
また、グラウンダーのボールに足上げてるし。

基本的にリーグで能力が足りないのに
代表で、しかもレベルの高い相手に通用しない事がバレましたね。
ガンバでもう一度やり直したほうがいいと思います。

東口については、今シーズンの前半戦は安定感に欠け
ポジショニングミス、判断ミス、キックミスが
目立ってましたが、W杯後からは一皮剥けてリーグ戦見てても
そういったミスは減り安定感が増しました。

この試合でもファインセーブもあり3失点中、2失点はノーチャンスで
3失点目は角度のないとこやったし、止めて欲しかったけど
まずまずのパフォーマンスだったと思います。

早々と今シーズンの個人的「黄金の脚賞」にしましたが
貢献度は計り知れないと思います。

ガンバTVでも話をしてましたが、W杯に行って
出場は叶わずも、実際に試合を見たり
海外組に刺激を受けたりして、いい経験ができたと共に
意識も変わったんじゃないかと思います。

ガンバTVで西野監督に「どうしたらW杯で使ってもらえたのでしょうか?」と
質問して西野監督を困らせてましたね。
監督は「(川島の)継続性を選んでしまった」と言ってました。

どうしてもGKのポジションは1つしか席はないですし
代表チームでの安定感と実積が重視されてしまいます。
幸い、今の代表チームのGK序列では上だと思うので
なるべく多くの試合に出て実積をあげて
4年後W杯のピッチに立ってる事を願ってます。

でも、4年って長いですね。
その間に、怪我とかスランプとかあるかもしれないし
若手の台頭もあるかもしれない。
そう考えると、W杯メンバーに選ばれるには
実力も必要ですけど、運とかタイミングも必要で
代表に選ばれて出場できる事自体が尊いものでもありますね。

W杯以外、あまり代表には興味がなかったですが
堂安もいるし、東口のW杯出場の夢を見たいので
今後、代表の試合も見るようにしたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください