vs 浦和レッズ(アウェー) 失点がなければ今季ベストゲームやった。

毎度ご来訪ありがとうございます。

DAZN観戦でございました。

毎年、このぐらいの終盤に組まれるレッズとのカード
NHKで放送してくれる事も多かったが「残留争いから抜け出しかけ」のチームと「ACL圏内を目指しているチーム」という、中途半端な立ち位置のチーム同士では、テレビ放送はしてくれないみたいですねw

まず、スタメンですが、東口欠場。前回のエントリーで「何で試合を続けさせるのだ」と書きました。
「怪我してからも前半終了まで続けたから、この試合は欠場になった」とは言わないが、中2週の試合間隔が空いているのに、欠場しないといけない怪我であれば、ますます、すぐに交代させなかった事には疑問を感じる。

アデミウソンを先発で使ってくるあたりは、コンディションの良さが伺えるし、前節のような「守りから入る」試合ではないということがわかる。

ならば試合序盤はどんな試合ぶりを見せてくれるのかと思ったら、ガンバによく見られる「休みボケ」状態やったw
1週間ごとや中3日とかがあったりするとそんな事はないが、代表ウィークなどで中2週ぐらい試合間隔が空くとみられる現象。
ボールが足についてなくて、トラップ、パスなどが不安定。変に取られるから取り返しに行くときに強引にいってしまい、ファウルを重ねる。

ファウルで試合は止まるし、うまくパスがつながらないから非常にリズムが悪い。
仕方ないのでロングボールで裏抜けさせるも、精度もなく攻撃が終わる。
そんなリズムの悪さから、相手にボールを持たれる回数が多いのでディフェンスラインも下げ気味で守りに入る時間も長い。
セットプレーとスローインの気を抜けた時にヒヤッとする場面があったか何とか耐え凌ぐ
ただ、レッズもここ最近のリーグ戦では調子が良いと聞いていたが、そこまでの勢いは感じず、グズグズのガンバに付き合ってくれる。
これは、後半のセットプレーかカウンター頼みかと思っていたら・・・

1点目、起点は森脇の雑なパスから
アデミウソンが中央でカットし小野瀬とのワンツーを狙っていたが阿部に当たり、こぼれたルーズボールを小野瀬が拾い迷わず振りぬいたら無回転でゴールに突き刺さった。思いっきりの良さが点になった。もちろん小野瀬を褒めるべきやけど、もう一点褒めるとすれば、森脇がミスる前にガンバの前線がプレッシャーをしっかりかけていたところ。それが得点につながった事も見逃せないし、そんな状態だったから、レッズディフェンスも乱れてた上にバイタルがスカスカで小野瀬はノープレッシャーで打てた。

後半早々、集中力を欠いて勿体ない失点の仕方をする。

1失点目、まず潰れた武藤にファビオが付いている事自体が緩んで守りに集中できてない証拠。ラインは上げきれてないし、ボランチは前に上がっていてバイタルスカスカにして何してんのって話。あと、三浦って絶対最後に滑らないですよね。いつも無意味足上げてその下をグラウンダーで抜けて行く姿は間抜けやわ。林は力量不足が出たね。弾く程シュートは威力なかったし、反応も少し遅かった。ポジショニングは良かっただけにキャッチして欲しかったけど仕方ない。

その後もバイタルと最終ラインのスペースを改善できずに、レッズにそこを使われて攻め込まれる。
攻めに関しても前半同様、攻撃のテンポが悪い。
だがしかし、一人のスペールゴラッソが試合の流れを変えてしまった。

2点目、小野瀬のゴールもゴラッソやけど、それをはるかに凌ぐスーペルゴラッソ。
小野瀬はノープレッシャーやったけど、ウイジョはかなりの距離を持ち込んで、前にディフェンスを置いていますからね。
そのディフェンスを細かいステップで間合いを取り、ものずごいタイミングで足を振りぬき、そこしかないコースにコントロールしてぶち込んだ。ゴールに吸い込まれる弾道が美し過ぎる。

3点目、波状攻撃のガンバの攻撃の良い流れの中、藤春とヤットさんがプレスでボールを奪い、秋がボールを受けに来て、動きなおした藤春がサイドをエグり、アデミウソンが浮かさずにフィニッシュ、いい崩しでした。
スローで確認しましたが、岩波が残っていたので藤春はオフサイドではなかったし、絶妙なタイミングでパスが出てきたし藤春は縦に抜けました。
綺麗な崩し。

追い上げるレッズに対して粘り強く守りながら、カウンターを繰り出すし、相手陣内のアタッキングサードでのパスも良く回って、シュートで終わるし。完全に流れはガンバになった。ここからは、安心して試合を見ていられたし、中村は一美を入れる余裕までできた。

前半は「休みボケ」でグダグダでしたが、後半は休みで休養十分だったのか、よく走れてましたね。特にヤットさんが運動量落ちずに楽しそうにやってる姿を久しぶりに見た気がします。

失点した時までは、どちらに転ぶか分からない試合展開でしたが、ウイジョの単騎駆けゴールがガンバに流れを呼び込んでくれました。1点目、2点目は個の力でしたが、3点目はしっかり崩してチームで点を取れたし、本当に失点だけがもったいない。

7連勝は予想だにしなかった嬉しい誤算。
まだ攻守に不安定な部分もあり、展開や運が悪ければ引き分けなどもありえた試合が続き、最初から主導権を握れた試合はほとんどなかったけど、粘り強く我慢しながら戦ってきてここまでこれたと思います。

ウイジョの存在はでかいですね。

残留争いを抜け出した感はありますが、まだ、決まってませんからね。
3連敗して、鳥栖、柏が3連勝すれば勝ち点は並ぶ現状では安心はできない。
どんなに強いチームでも勝率100%はないのですから。
これから残留争い圏内にいる相手との対戦、降格したくないから相手も必死ですよ。
7連勝があったら3連敗もありえるって事ですよ。

いつも言ってますが、「油断と慢心」だけはあってはならない。

次のホーム2連戦は現地参戦します。

埼玉スタジアムで応援されていた皆様
お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください