今シーズンを振り返って シーズン前について

毎度ご来訪ありがとうございます。

今シーズンの振り返りです。

2017年シーズンは、補強も失敗し、チームがバージョンアップできないまま、ズルズル行って、長谷川監督の戦術にも限界が来て、求心力も失い、グダグダでシーズンが終わって行きました。

2018シーズン、監督も交代してチームをリセット。
補強して、とにかくチームを再編する1年になるんだろうなと思っていたし、チーム状態を見て、タイトル奪取は厳しいのは分かっっていた。
ただ、その補強については全く明るい材料がないまま新体制発表を迎える。

そして、下記の梶居強化部長の記事を目にして違和感を感じて、エントリーを書いた。

以下『新体制発表と梶居部長のインタビューでの違和感』から

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「補強のところは、派手さがないからかもしれませんね。
ただ強化としては、去年の選手が怪我なく本来のパフォーマンスを
発揮すれば、優勝争いができると考えています。
得点力を考えたときに心配な部分があるのは確かで、
そこの穴埋めをどうするのかについては常に頭の中で
考えながら、編成を考えていきたい」

昨年の勝てなかった時期の原因は怪我した選手のせいなの?
メンバー全員が1年怪我なく本来のパフォーマンスを発揮できると思ってるの?
本来のパフォーマンスが発揮できなかったのは長谷川だけのせい?
怪我とかコンディション不良の選手がいてもチームパフォーマンスが
落ちないように編成し準備するのがあなたの仕事でしょ?

──基本的に現有戦力でタイトルは獲れる、駒は揃っていると判断しているわけですね?
「そう考えています。選手を過小評価していないということでポテンシャルを見れば十分戦えるはずです。
長沢(駿)にしたって去年は二けた(得点)取っていますしね。
この冬はJリーグ全体が穏やかな印象です。レイソルやフロンターレが
積極的ですけど、獲得した選手が本当の主力級かと言えば
かならずしもそうではない」

今年のスローガンの「奪還」といい、この梶居部長の話と言い
自身の思っている違和感を言葉にすると

フロントは現状のチームを過大評価してませんか?

去年、優勝を争ってて惜しいとこまで行ってたとかならわかりますが
ノンタイトルですよ?去年リーグ10位ですよ?
リーグ戦10試合勝ちなしですよ?降格しなかった事が奇跡なんですよ?
去年悪かったのは、本来のパフォーマンスを出せなかった選手と
長谷川が悪いのですか?強化部に非はないと?
去年を反省し現状を分析して今年是正するのが強化部の仕事なのに
去年は悪くなかったのか?

補強という補強は今年も行ってないし、最大の補強はクルピ
クルピってそんなに凄いの?クルピが持ってる戦術を落とし込めば
どの選手も怪我なく本来のパフォーマンスを取り戻し
今年いきなりタイトル取れるのか?
いきなり攻撃サッカーができて得点が増え勝てるのか?
Jリーグはそんなに甘くねーよw

いや、シーズン始まる前からネガティブな事は言いたくないけど
あまりにもフロントと言うか強化部のお気楽ぶりに
ちょっと戸惑いを隠せない。

某ガンバに詳しいライターさんが言ってたけど
本当に今のガンバには強化部の強化が必要やわ
マジで今年それなりの結果が出なければ
梶居さんは去ったほうがいいよ

と言う事で今年も過度の期待はせずに
目の前の試合を楽しむスタンスで行きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、と言うことで、ツッコミ所満載でどこから突っ込んでいいかわからないぐらいで、「長沢(駿)にしたって去年は二けた(得点)取っていますしね。この冬はJリーグ全体が穏やかな印象です。レイソルやフロンターレが積極的ですけど、獲得した選手が本当の主力級かと言えばかならずしもそうではない」のくだりとかw 何言ってんだかw

フロンターレは優勝してるし、長沢は放出していないし、放出して、千真を獲得して連勝して残留決めたし、今、梶居元強化部長が読んだら何を思うんでしょうねw

でも、改めて読んで思ったのは、確かに雑誌とかのインタビューで「今シーズンの補強はうまく行ってないですし、クルピ監督も未知数なので見通しは良くありません。」とは言えないですよね。

上記のインタビューを初めて読んだ時は「は?こいつ何を言ってるの?」と思いましたが、今は「梶居元強化部長の最大の強がりだったんだな」と思いました。
だって、上記の言葉と実際の補強や強化内容とが比例してない事は、自分のような素人にも分かる訳ですからね。
まあ、強がらないといけない状況にしたのは、強化部長の力不足ですけどね。

ってかガンバの移籍は「JSP」(ジャパン・スポーツ・プロモーション)に頼り過ぎなんですよ。梶居強化部長は「JSP」とズブズブの関係だったと思うんですね。
「そこの所属以外にパイプは無いんかい」ってぐらいに「JSP」以外獲ってこないし、現強化部長の松波氏には「JSP」以外にも有望な選手を獲っていただけるよう期待したい。でも、さっき「JSP」のホームぺージ見たら、ガンバに加入決定の「田中 達也」も「JSP」でしたw

毎年の補強や強化については「やってやり過ぎ」とか「万全」ってのはないと思うんですよ。獲って来た選手が、必ずしも活躍するとは限らないし、現戦力もいつ怪我して長期離脱するとか分からないんですから。監督にも言えますけど。

だから、シーズン中でも常に現場の状況を見ながら、先読みして補強や強化できるように準備をしておく事ですよね。移籍の期間はリーグ戦始まってすぐまでと、夏って決まっていますが、移籍期間外でも常に探していないといけないし、臨機応変に対応できるようにして欲しい。

来年から外国籍枠が変わるので、ここも強化部の手腕の見せ所。いつも後手に回っている補強がどうなるか、見ものです。

次のエントリーは、「クルピ監督の時のガンバ」について書きたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください