ガンバ新体制発表と始動 思った事を徒然と・・・

毎度ご来訪ありがとうございます。

ガンバ新体制を発表し、今シーズンが始動しました。
しかし、自身は全くテンションが上がりませんw

その辺について徒然と書いて行きます。

■『2019シーズンキックオフイベント』
サポミを止めて「シーズンキックオフイベント」と称して、新体制発表をサポーターを招待して行っていましたが、これを見て思ったのが「フロントが逃げやがった」です。
新体制発表をサポーターを招待して行うのは構わないと思いますが、サポミを中止するのはいかがなものか?なぜ一緒にしてしまうのか?新体制発表とサポミは内容の性質としては別物でしょう。
新体制発表はどちらかと言うとメディア向けへの発表、サポミはサポーター向けの昨シーズンと今シーズンについての説明だと認識してますが・・・?

昨年の不甲斐ないシーズンを追及されるのがそんなに嫌なのか?自分は、ガンバがサポミを年1回でも行ってもらえる事にはだいぶ評価してました。
きちんと1年の収支などの報告、強化についての説明、アカデミーの状況、スタジアムなど試合運営について、サポーターからの質疑応答など、特にサポーターからの質疑には真摯に回答をしていただいてましたし、サポーターの生の声を公の場で届けられる唯一の場所だったのに、それを止めてしまった事は非常に残念です。自身の中でのガンバのフロントへの信用度は落ちました。

■スローガン『GAMBAISM』
昨年も書きましたが、スローガンは「努力目標」みたいな物なので何でもいいのですが、昨年は流石に大風呂敷広げ過ぎて大恥をかいたので、今年は無難に行くだろうというのは予測できてました。
・「ガンバの歴史を育んできた選手達が築きあげてきた、ボールを保持しながら相手を圧倒しアグレッシブにゴールを奪う、そのスタイルこそが『GAMBAISM』」

・「攻撃サッカーを新たな次元に引き上げる為に守備面でもハードワークしながらアグレッシブにボールを奪い取る攻撃的な守備を展開し『GAMBAISM』を高める」

今、Jリーグで上記の事ができてるチームって川崎しかないと思いますがね。そこに挑戦するのはいいですが、川崎を上回れるイメージがないなぁw できたら川崎のようにリーグで最多得点、最少失点で優勝できると思いますけど、昨年の9連勝中でも上記ができていたとは思えないですし、また「ちょっと風呂敷が大きくね?」と思ってしまいますねw

■宮本監督のコメント
「ガンバらしい、我々が本来いるべき位置に戻れるようなサッカーを展開していきたいと考えています。ただし、昨年苦しんだ部分もあったというところを忘れず、その反省を踏まえて、地に足をつけて今シーズン進んでいきたいと考えています。」

「我々が本来いるべき位置」とのことで「優勝」とか大風呂敷広げない所がいいですね。
そして「昨年苦しんだ部分もあったというところを忘れず、その反省を踏まえて、地に足をつけて今シーズン進んでいきたいと考えています」

正にその通りで、上ばかり見てたり、背伸びしたりしてる場合じゃないんですよ、ほんまにね、地に足をつけて見て地道にやっていかないといけない。
これは選手、監督だけではなく、フロントもです。

どうも、フロントはその場しのぎばかりで現状のチームが見えてないと思います。
集客イベントも結構ですが、Jリーグのチームのメインコンテンツは何ですか?
サッカーの試合ですよね。どうも、そこを疎かにしすぎているので「我々が本来いるべき位置」に行けないと思ってます。
その辺りは掘り下げて、別のエントリーで書きます。

また、新加入選手についても、毎年恒例の行く人、来る人で書きます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください