日本代表 アジアカップを終えての感想

毎度ご来訪ありがとうございます

日本代表、アジアカップの試合を全部見ました。

堂安と東口の活躍を見る為でしたが、残念ながら東口は出場せず…残念でした。しかしながら、堂安は主力として出場し続けたのでその辺も含めての感想です。

vs トルクメニスタン

最初から試合への入れてなかったですね。いかにも「招集されてから時間が経ってなくてコンビネーションがつたないままの状態で初戦迎えました。」って感じで、守備とかも曖昧にしてたら、ゴラッソ決められました。無回転弾でしたが権田は対応できないといけないのじゃないかなw 後半にやっとエンジンがかかり、個の力の差を見せつけました。堂安も得点できたし、コンビネーション以外の個としては悪くなかった。普通にやれば2点も取られる相手ではないと思うけど、思えば、守備とGKの不安は最初から始まっていたんですね。

vs オマーン

グループリーグ最大の敵で、自身の予想はドローでした。疑惑のPKと疑惑の長友ハンドで騒がれましたね。南野とかが決めるべき時に決めていれば、それ程難しい試合ではなかったと思いますが、決定力不足で冷や冷やの試合になりました。しかしながら、DFの冨安が本職センターバックで魅せました。読みが鋭く相手のパスをことごとくカットし、吉田より上手いんじゃないかと思いました。

vs ウズベキスタン

多少、メンバーが入れ替わるとは思ってましたが、まさかのGKを含むベンチメンバーと入れ替え。「え、ウズベキスタン相手に大丈夫か?」と思ってましたが、ウズベキスタンは昔に比べてだいぶ落ちてるんですね。日本が優勢に攻めるも、カウンター1発沈む。槇野と三浦のディフェンスが終始不安定。個の能力の差で勝てましたが、レギュラーメンバーとの差を感じた試合。

vs サウジアラビア

ドン引きカウンターサッカーのサウジがポゼッションで組織的につないで来るのは驚きました。でも、 そんなに FWや攻撃に迫力がなく、冨安と吉田は落ち着いて対処できてましたね。しかしながら、攻撃が全く機能せず。武藤ワントップは、明らかに練習不足であるのが見て取れた。大迫がいないと攻撃の形ができないのは今後を考えると痛い。守り勝ち。

vs イラン

アジア最強と言われてるだけあって、前半は押し込まれるシーンが多かった。正直、前半にイランが先制していたら、この試合はわからなかったと思う。日本の1点目のシーンはラッキー以外何物でもないw イランの選手がアホ過ぎるw その1点でイランディフェンスがだいぶ気落ちして一気に崩れました。結果3-0になったけど、両チームに得点差程の差はなかった。

vs カタール

カタールの3バックと両ウイングバックにプレスがハマらず、戸惑っている間にそのウイングバックを使われ、マークのギャップができて簡単に前線にボール運ばれた。1点目のオーバーヘッドは、たまたま飛んだ所が良く、アンラッキーな失点と言えるが、ボランチ、サイドバック、サイドハーフの誰がチェックに行くのか曖昧な部分が 今大会でちょくちょく見られ、それがモロに露呈し失点になった。 2点目も同様。修正できずにペナまでボールが運ばれたり、ミドルシュートを打たれたのは残念だった。攻撃に関しては、相手は5バックなのに、とにかくペナやペナの前あたりで手数やボールタッチが多すぎる。「ペナの前でごちゃごちゃやってたら5バックの誰かに引っかかってクリアされる」を何回繰り返すのか。後半、相手も疲れてきてスペースができて押し込めるようになるも、さすがに2点取られたらつらい。ようやく「縦パス、大迫が落とす、南野が抜ける」のシンプルな攻撃で1点返すも、あと2点取るのは無理と思った。この試合も点差ほど、両チームに差はないけど、カタールは日本をよく研究してて、守備の曖昧さを突く戦術が前半にハマり、結果に結びつけた。

今大会の始まる前の自身の予想は、準決勝あたりで、オージー、サウジ、韓国、イランあたりと当たって負けてベスト4ぐらいと思ってました。なのでラッキーではあったけど、決勝に進んだのは、自分の中で健闘したんじゃないかと思ってます。カタールは決勝まで進んでるので「そこそこ強いんだろうな」とは思っていたが想像以上だった。

で、マスゴミは、サウジ戦までは「内容がない」と批判し、イランに勝ったら手のひら返しで賞賛し、決勝で負けたらまた批判。

じゃあ聞くけど、W杯が終わって、監督に就任してW杯メンバーから半分メンバーを入れ替えて、まだチーム作って1年も経ってないのに、内容も伴ってアジアを無双させれる監督って誰ですか?

別に、ポイチを擁護する訳ではないが、日本代表の本番は、W杯のアジア予選とW杯でしょ?初めてのA代表の監督で、最初から何でもうまくいく訳ないやん。親善試合のアジアツアーでお疲れのウルグアイに勝ったぐらいでアジアなんか余裕と思った?中島、南野、堂安を3銃士とか言って持ち上げてたのは何だったの?

カタール戦で負けた原因は、

・4-2-3-1のフォーメーションでプレスがハマらなかった時、相手5バックを崩せなかった時のオプション戦術が無かった。

・サイドバック、ボランチ、サイドハーフの守備の曖昧さ

・遠藤の代わりがいなかった。攻撃に流れを変えたりオプションとなるスーパーサブがいなかった。選手層が薄い。

こんなとこだと思うけど。準備不足と言えばそれまでだけど、それを大会前に指摘してた人がどれだけいたのか。それに、ポイチがすごい戦術家で、いくつもオプションを持っていて、どんな相手でもうまく立ち回れる監督なら、成績不振で広島の監督を辞任してないやろうし、そのまま監督続けてたら広島はJリーグで5連覇ぐらいしてるわw

ポイチ批判するのは、W杯予選で敗退した時か、W杯で結果出せなかった時でいいんじゃないの?それに、ポイチ批判するなら、ポイチを選んだ協会も批判しろよ。

まあ、自分は東口と堂安を代表に選んでくれるなら、監督は誰でもいいんですけど。次のW杯で活躍する2人が見たいけど、簡単ではないことはわかってるし、そこまでアクシデントとか何があるかわからんし。気長に見るつもりです。

今大会の堂安の評価ですが、本人も不完全燃焼だっただろうし、見てるこちらも不完全燃焼でした。

上記のように、数字は残しているけどノックアウトステージでは、点取れてないし、2得点のうち1点はPK、シュートチャンスや決定的シーンでシュートを外している事も多かった。もっとできそうやけどできてないのは、やっぱり、まだ個の力不足を感じた。


代表で言えば、中島とか南野は、ボールを預ければ個で打開できるタイプだけど、大迫と堂安は個で打開よりは、周りと連携しながらの動きの中で打開していくタイプなので、中島不在で堂安に預けられて個で打開を求められる場面では、相手に引っかかる事が多く、チーム内での役割や負担も抱え込み、うまく立ち回れてないなと思った。


もっと、伸び伸びとできれば、もう少し、得点とかチャンスメイクもできたのではないかと思う。


自チームでヨーロッパの猛者相手に、個で打開できるように成長していくしかないですね。まあ、本番までは、まだ時間がありますから。


次の代表大きな大会は、コパアメリカ。トルシエ時代の時に、日本はゲスト参加してボコられて帰って来ましたね。アウェーで試合しないと代表は強化にならない。 今回もボコられてくるいい機会だと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください