vs 清水エスパルス(アウェー) 2019年ガンバ大阪が開幕

毎度ご来訪ありがとうございます。

毎年楽しみにしている清水遠征に行って参りました。
昨年のリーグ戦は平日開催で行けず・・・

清水遠征の好きな理由は
・大阪から車で4時間半で行けるので、そこまで遠くないし交通費、ガソリン代も人数で割るとそこまで掛からない。
・新名神、伊勢湾岸道、新東名と走りやすい路線。
・いつも停めてる駐車場からスタジアムまで、それ程遠くない。
・清水港でマグロや海鮮を食べれる。(さわやかのハンバーグでも可)
・ゴール裏からピッチが見やすい。

こんなとこですかね。

基本、運転手なんで路線とか走りやすいに越した事はないんですよね。

朝5時半に集合場所を出発。道路は渋滞もなく、順調に東を目指す。
新東名高速道路の森掛川ー新静岡間の規制速度を120km/hを走行しました。

100km/h~110km/hで走行してましたが、詰まる事がなくスムーズに走行できました。

いつも停めている駐車場が満車で停めれなくて焦りましたが、別の駐車場を見つけてスタジアムへ

着いたのが遅かったのでテニスコートに並びました。

うっすらと見えた富士山、わかりますか?w

入場後は早速スタグル、列は結構並んでいるが回転は早い鐘庵

桜えびしらす丼をいただく 800円

若干、ご飯の量が少ない気がしますが、十分に桜えびとしらすを味わえます。

ゴール裏の売店で勝ったもつ煮、量が少ない・・・鹿島を見習いなさい。

相変わらず、見やすい良いスタジアムです。

では、試合の話をしましょうか。
開幕戦は「たぶん勝てない」と思ってましたが、この試合に関しては「やってみな分からん」でした。
ただ「開幕戦よりは、いい試合はするだろう」とは思ってました。
その根拠は
・1試合消化しての連携と試合勘の向上が見込まれる。
・開幕戦に負けた事により選手、監督に危機感が芽生え緊張感持って試合できる。
・連敗を避ける為、無理してでも今ちゃんを使ってくると思った。
です。

さすがに、高をベンチ外にするのは驚きましたが、高のメンタルは大丈夫でしょうか?

試合の感想ですが
内容的には点差ほど差は無いと思います。まだ、怪我人などで今シーズンの人選やフォーメーションを「模索中」の清水に対して、去年から同じメンバーと同じフォーメーションでやっていた強みを発揮できた分、ガンバが上回れたと思います。

まず、開幕戦からの改善が見れた所は、ディフェンスラインが高くなった事とサイドバックの位置も高くなった事。
これにより、全体の距離感が良く、テンポ良くパスが繋がりやすくなった。
ただ、清水のプレスもユルユルなんですよね。取り場所も決まってなく後手後手に回っていた。
また、上記は今ちゃんがいる事も大きい。
もう、今ちゃんはすご過ぎてため息が出てしまう。「頼れる男」を通り越して、もはや「何でもできる男」ですよ。
中盤で相手がボールを持っていれば、素早く狩りに行き、気の効いた場所に現れ、パスを捌き、サイドハーフと入れ替わってビルドアップもしてチャンスメイクまでする。

昔、トルシエが「完璧なチームは8人の明神と3人のクレイジーがいるチーム」と言っていましたが「9人の今ちゃんと、ウイジョと東口がいれば完璧なチームじゃね?」って感じ。

パスはよく繋がってましたがチャンスメイクには苦労していた。
清水は3バックで、守る時は4バック、5バックになるので、サイドの突破は簡単に許してくれない。押し込んでる分、相手ディフェンスラインも深いので、裏にスペースもない。ウイジョが活きにくい展開。
また、サイドバックが押し上がっているので、ガンバがミスるとカウンターをくらい、いい所まで持って行かれてしまう。何度かカウンターを食らってその一本が失点になった。

1失点目、ボールをポゼッションしてて、いいリズムにボールは回っていたのにチャレンジせず、シュートで終わらないからカウンターを食らう。
アデミウソンの力ないクロスがGKに渡りそれが起点、ポゼッションで前に人数かけてるし、中盤スカスカで戻りもちんたらしてるから簡単に左サイドに展開される。
飯田が中に切れ込んだ時、真ん中にしか人がおらずボールに寄せられ、更に左サイドに展開され、走ってきたCBの立田がクロス、ニアの北川が潰れヨングォンが無効化、ボールウォッチャーの三浦は棒立ち、中村に対応しようとしたジェソクも間に合わずTHE END、相変わらずボールウォッチャーが多い。ってか、この守り方が解せない。
立田がクロスを上げる前に、三浦もジェソクも中村を確認しているにも関わらず、二人ともズルズル下がってフリーにするんですよ。あんなもん、「自分達の目の前に入って決めて下さい」って言っているようなもん。このシーンを見れば見るほど腹が立つ。

1点取って清水が勢いづくが、ガンバもチャンスを作り一進一退の攻防が続いた後

1点目、ゴールが決まった後思わす「綺麗やった」と唸った。
起点は、小野瀬のプレスで相手がミスってハーフウェラインでボールを取れた所から始まった。その取ったボールをウイジョに渡し左サイドの深い位置に展開するが、無理をせず、一旦藤春に下げた。今ちゃんが真ん中で受け、ヤットさんに渡し、再び左にフリーになっている藤春へ。藤春、秋、今ちゃんのパスワークで清水ディフェンスは藤春から目を離す。今ちゃんはアデミウソンに渡し、秋が受けて、縦に走る藤春へパス。ウイジョを警戒し、清水ディフェンスはウイジョとGKの間をケアしようとするが、それをあざ笑うかのように藤春はマイナスへグラウンダーのパス、走りこんだ小野瀬が決めた。
この一連の流れは本当に綺麗やった。

その後もウイジョの強烈なボレーとかもあったが決めれず。前半を終える。

後半も一進一退の攻防が続いていたが、清水優勢だった。ただ、ポゼッションはできていたので何とか前半のような崩しができたらと思っていたが、2点目は相手のミスからのカウンターだった。

2点目、アデミウソンと今ちゃんのプレスで相手のパスミスを誘発しウイジョがボールをカット。ルーズボールを今ちゃんがウイジョにつなぎ、右を駆け上がる小野瀬にパス。小野瀬が堰き止められ一旦、ウイジョに戻す。ウイジョがヤットさんに戻し、ワンタッチで左のアデミウソンにはたく、ウイジョが裏抜けする所にアデミウソンからの浮き球のパス、縦に転がしたボールに対応したヴァンデルソンとうまく体を入れ替えて、ヴァンデルソンを振り切り、走りこんだアデミウソンにパスして難なく決めた。

得点した直後にピンチを迎えるが耐えた。そして60分を過ぎたあたりからガンバが主導権を握る試合になる。
清水陣内でパスをつなぎ、ガンバのポゼッションの時間が長くなる。面白いようにパスがつながり、ルーズボールが拾えて、ガンバのポゼッションが続いて行く、そして右サイドで小野瀬がファールを貰ったFK

3点目、これ、ヤットさんとアデミウソンに「もう一回やれ」って言ってもあそこまで綺麗に決まる事はないでしょうw 現地で見てて一瞬わからんかったw 「えっえっ?アデミウソンの頭に当たって入った?」みたいなw 後でゴールシーン見たら、きちんとアデミウソンは頭を捻っているので狙って入ったゴールでしたが、清水からしたら事故に近いですかねw
たぶん5本に1本ぐらいしか入らないような鮮やかなゴール、その1本が最初に来たw

そのすぐ後に裏抜けウイジョがGKと1対1になるが外す。

4点目、東口からの前線へのキックのリフレクションをジェソクが高い位置でプレスを掛け下げさせた。そこにウイジョがプレスを掛けヴァンデルソンのパスをジェソクが読み切りカット、フリーのウイジョに渡して、ウイジョがニアをグラウンダーでぶち抜いた。絶対ファーを狙うと思ったけどあそこでニアをぶち抜くのがストライカーですな。

これで試合は決した。

ヤットさんOUT、矢島IN
矢島が惜しいシュートを放つ

アデミウソンOUT 千真IN
直後に惜しいシュートを放つ。

小野瀬OUT、藤本IN
藤本より田中を見たかった。

4点取った後も、攻撃の手を緩めず、途中出場の選手も含めて、守りに入らず攻め続けたのは評価できると思います。ただ、もう1,2点は取れた。

2失点目、FK自体は直接入っていてもおかしくない良いキックでしたし、リフレクションの対応はそりゃゴールに向いてる相手のほうが有利ですからね、フリーキックから失点までの流れは仕方ない。ただ、あの時間帯にファウルになるまでの流れが悪い。この失点の起点は藤春の1本の不用意な縦パス、普段バックパスばっかりやのになんで中途半端なパスを出すのか?
相手のFKで放りこんでくる事が分かってるのに中盤は戻って来ない。ロスタイムが5分と長かったとは言え、無失点でうまくクローズできなかった所にガンバの甘さを感じる。

ガンバが強かったと言うよりは、相手のミスにうまくつけ込めた感じ。ミスを誘発するプレッシャーもあったしそれは悪くないが、ガンバが良かったと言うより清水が悪かったように思う。
それにこの試合中、ずっと気になってる事があった、それは、相手のクロスにほとんど競り負けていた所。6.7本はサイドからのクロスがあったと思うが、勝ったシーンは1回ぐらいしかなかった。
相手が競り勝ったシーンも勢いがあまりなく飛んだコースも甘かったので東口が処理できていたが、そんなハイタワーな選手が前線にいないのに競り負けてるのは問題。
来週の名古屋相手では、ジョーに競り負けるイメージしかない。

単純に、清水と前節対戦した広島は引き分け、その広島は今節も引き分け。前節、負けた横浜は連勝、同じく連勝している名古屋と次回対戦。
こうみると、清水は勝っておかないといけない相手やったし、そのハードルは低かった。

良かったのは、1つ勝った事によって、プレッシャーがなくなる事。去年みたいに勝てない時期が続くと、焦りとプレッシャーで余計に勝ちにくくなる。
正直、あとの対戦相手考えても、神戸までは苦戦すると思っていたので、嬉しい誤算。
ただ、もう、今ちゃんというカンフル剤を使ってしまった。ここからリーグは、連勝の名古屋と昨年王者の川崎が相手、この2試合でガンバの今の立ち位置が判明すると思う。

次は、水曜のルヴァンカップ、ここはターンオーバーしてくると思うので、どういうメンツで臨むかが楽しみやし、連勝の名古屋を迎え撃つのも楽しみ。
ちょっとテンションが上がってきましたw 名古屋戦は行く予定はなかったけど、年パスのチケット譲渡でチケットを貰えたので現地観戦します。

試合後、予定していた清水河岸の市 まぐろ館へ直行。
磐田は「さわやか」のハンバーグ、清水は「ととすけ」でマグロと自分の中では決まっております。

2年前も寄った、「ととすけ」でマグロを食する。

ととすけ

名物「ととすけ揚げ」定食や丼ぶりに必ず付いてきます。

マグロのカマの身を特製のタレに付けて食べると絶品

マグロ三昧

ととすけ揚げもついて1600円(税抜き)
大トロ、中トロも乗っており最高です。

試合も勝ったし、マグロも食べれたし。
大充実の清水遠征でした。
来年も日程が合えば行きます。

参戦された皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください