JリーグYBCルヴァンカップ 第1節 vs ジュビロ磐田(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

今シーズンもルヴァン杯に関しては、ホーム、アウェーに関わらず、HUB観戦で行こうと思います。

いつも言ってますが、ルヴァン杯については自分の中のプライオリティーは低いので勝敗はあまり気にしてなく、期待しているのは「若手やベンチメンバーの奮起」

開幕前のエントリーで「現状のガンバには期待できない」「若手が育ってなくてトップがほぼ固定メンバーになってしまっている」「ガンバは育成が下手」って事を書きました。

◆開幕前ですが、今のガンバに思うこと

 

チームの活性化には「下からの突き上げ」「若手の台頭」が不可欠な訳ですが、この試合を見る限りでは現状、それが無いことを再確認する試合となりました。

相手はリーグ戦から先発11人入れ替え、こちらは前節のリーグ戦出場メンバーを入れているので、その点においてもイニシアチブを取らないといけない訳ですが、前半は互角かやや劣勢。

テストの意味合いもあったのだろうけど、左サイドバックの米倉と左サイドハーフの小野瀬は終始やりにくそうでグダグダ、右サイドバックも本来のポジションでない田中で、右サイドハーフの藤本はあまり守備しないので、相手ウイングバックの対応にずっと悩まされていた。

高は守備での奮闘は見て取れたが前線とのつなぎの部分ではパスを捌けてたとは言えず。矢島は前半は消えていた。

前線では千真が奮闘しサイドに流れたり降りて来て起点を作ろうとしていたが、呉屋は裏抜けするでもなく、降りて来るでも相手ディフェンスと駆け引きするでもなく、中途半端に前にいるだけで消えていた。この日の呉屋を見てると、おそらく来年ガンバにいる事はない。

三浦と東口に関しては普通、この日、唯一良かったと言えるのは菅沼のみ。
ポジショニングや行く時いかない時の判断も良く小川に供給されるパスのカットなどそれなりのまずまずの出来だった。

その菅沼、ガンバのFK時にペナルティエリア内で呉屋と接触して左目の上を切って流血、ピッチ外で治療中にCBに高が入ったが、この数的不利で、左サイドを突破されクロスを上げられ、ニアで小川が潰れた所に田中が付ききれず、中野に押し込まれてしまい失点。アンラッキーと言えばそれまでだし、呉屋もわざと怪我をさせた訳ではないだろうが、怪我をさせたシーンも味方同士なんで、事前にポジションの打ち合わせとか声掛けてで接触は防げると思うし、ポジショニング被ってチャンスを潰すほど間抜けな事はない。
失点シーンも清水戦で取られた1失点目と同じような取られ方、トップもサブメンバーでもサイドからの守備は課題ですね。

後半、小野瀬を下げ中村投入、前から言ってますが、中村にサイドハーフは無理。

呉屋に変わり、アデミウソン投入。千真に変わってボールを引き出し、ゲームメイクに奔走し前半よりも攻撃を活性化させた。

田中を下げて、米倉を右に持って行き、攻撃を活性化させようする意図は感じたが、最後まで攻撃が噛み合う事はなく試合終了。

米倉、小野瀬の左起用、右サイドバックの田中起用など試合の入りから間違ってたし、采配に関しても勝ちに行くなら、小野瀬より呉屋を変えるのが先だし、藤春投入も遅く、勝敗よりも試運転や見極めの要素が強い試合。
相手のレベルも低いし本当にTM見てる感じやったし、ドローならラッキー、負けて当たり前で、見てて勝つイメージが全く沸かなかった。

まあ、勝敗はいいのですが、今シーズンも選手層が薄くて、トップの選手が怪我等で抜けたら厳しい事を確認できました。

次のルヴァン杯は、この試合に出てない、青山とかベンチ外だった市丸とか見たいですね。
まあ、見てガッカリするかもしれませんが・・・

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください