vs 名古屋グランパス(ホーム) 赤﨑っていい選手ですよね

毎度ご来訪ありがとうございます。

本日はゴール裏2階の最後尾に陣取りましたが、寒い・・・ 試合やってる時は風が止んだけど、待っている時は風が吹いて寒かった。

まず、戦前の予想ですが、開幕戦同様「今日も勝てないんだろうな」でした。
根拠は
・昨年の開幕戦、アウェーと完敗。昨年から大して上積みのないガンバが相手を上回れるイメージがない。
・風間サッカーが浸透したのか連勝し勢いもあり強力アタッカーもいて、守備陣が持ちこたえられそうにない。
・ガンバは前節、内容のわりに大勝してしまったし、緩むと思った。
以上
スコアは良くて「1-1」悪くて「1-3」でした。

で、試合ですが
思ってたよりガンバ善戦しました。もっと、名古屋はガツガツ来るのかと思っていたがそうでもなかった。

1失点目、あれだけガンバの右サイドがミスをして個で負けてたら話にならん。
・ジェソクのクリアが小さくて相手に渡るミス
・拾われて繋がれジェソクが和泉に振り切られそうになる。(個で負けてる)
・切り返した所に小野瀬がチェックに行くがこかされる。(個で負けてる)
・和泉が下げた時にジェソクも小野瀬もボールに行くがが取れず。(2対1で負けてる)
・縦に抜けた吉田について行ったヤットさんが振り切られる。(個で負けてる)

折り返された時、三浦は役立たずなポジショニングしているのは、もはやデフォルト。ディフェンスラインが引きすぎて前を開けボールウォッチャーになり、相手選手をフリーにするのもデフォルト。横浜戦や清水戦の失点から何も学んでない。

フォーメーション「4-4-2」同士のミラーゲーム、名古屋のポゼッションも丁寧につないで質が良く、ミスしたほうがピンチになる構図。
名古屋は攻撃時、トライアングルができていてテンポよくボールが回る。ただ、ジョーに効果的なボールが入らないからか、攻撃に迫力がない。
また、名古屋は守る時、コンパクトで選手同士の距離感も良く、小野瀬や秋のサイドハーフへのマークがきつくボールを運べない。サイドハーフでボールを溜めれないので、サイドバックも上がれないし、パスが回らず。ヤットさんが持っても、今ちゃんが持っても良い縦パスが入らず、常に横パスとバックパスで出しどころを探っている状態。
しかしながら、ヤットさんが絶不調、いつものように良い所に顔を出してパスを受けてくれるが、パスを相手に渡してピンチになる事もしばしば。
それに呼応するように今ちゃんにも覇気がなく、前節の「何でもできる今ちゃん」ではなかった。

そんな中盤の攻防で膠着状態が続いていたが

1点目、きっかけはヨングォンのカットインで、ジョーのプレスをかわして前に出た事により、名古屋のマークとポジションが微妙にズレて、ジェソクをフリーにすることに成功すると共に、小野瀬のマークも外れフリーに、三浦⇒ジェソク⇒小野瀬のパスで右サイドの裏を取る事に成功、小野瀬のパスはウイジョに届かなかったが中谷が押し込んでくれた。中谷が触らなかったら、飛び出したGKのランゲラックが取れてたであろう。ラッキーな得点。

2失点目、ヨングォンと三浦の間に入られている。ヨングォンがバックステップになり、競り負ける形にはなったけど、ゾーン的には三浦が競らないといけないんじゃないかな?三浦は何も考えずに下がり過ぎ。まあ、ガンバのFK時やCK時のゾーンディフェンスはずっと微妙で、いつゾーンの間に入られてやられても、おかしくないとは思ってましたけど

同点になった時は「勝ち目が出てきた」と思ったが、たった2分で「あーあ、勝ち目がなくなった」に変わった。
この試合、前にボールを運べず、シュートを打てないガンバが、あと2点取り逆転するのは難しいと思った。

後半早々、ヤットさんのロングフィードをウイジョが納めるもトラップが長くランゲラックに取られてしまう。
後半、入りは良く、よく動けてプレスもかかっていたし、前線にボールを運べたので何とか得点につなげて欲しいと思っていたら

2点目、ガンバディフェンスが相手の前線のプレスに負けて、バックパスからのつなぎをミスってボールを奪われピンチになったが、東口が抑えて素早く前線にフィードしたのが起点。
ヤットさんが受け取り、左に展開するアデミウソンへ、ドリブルでペナに侵入してファウルを獲得、PK

この日、中盤を飛ばして前線の二人へのロングボールを狙っている場面も散見された。ただ、そのボールの質が悪かったり、タイミングが合わなかったり、跳ね返されフォローがないので相手ボールになる事も多かった。

ここから、お互い選手交代を行いながら、展開もオープンになり、どちらが先に点を取るかになっていったけど、チャンスを作ってはチャンスを潰してた。
ガンバはアタッキングサードまで持って行ってもこねて、ペナの周りでボールを回し、縦パスも入らないし崩しきれないのでクロスを上がらず。シュートも打たずで点を取り切れない事が多かった。

3失点目、東口と藤春は責めれない。
右サイドでガブリエル シャビエルに3人対応に行っているが、縦パスを出されるわ、相馬に誰も付いていってないっていう、しょぼい守備が悪い。東口がさわるのも無理はないし、結果、必死で戻った藤春に当たってしまった。この2人は一生懸命にやった結果だから仕方ない、その前の対応がクソ過ぎた。

勝てる試合ではなかったが、負ける試合でもなかった。ドローが妥当な試合も落とす。これが現実であり実力。
清水は今節、札幌相手に5失点してる。やっぱり前節はガンバが良かったのではなく清水が悪かっただけ。

ただ、全体通して見ても、めちゃめちゃ悪い訳でもなく、好調の名古屋相手にまずまずの試合はできてたけど、守備での局面の個のクオリティが低いばっかりに失点を重ねて勝てなかった。

前節終わった時点で「6得点5失点で昔のガンバが戻ってきた」みたいなのをSNSで見ましたが、この試合見ても言えるのかなw
このまま「点取るけど取られる方が多い」を繰り返し負けると2012年と同じですねw
以前も言いましたが「打ち合いの上等のバカサッカー」は2012年に破綻しましたからw

去年、9連勝できたのは、守備から入ったからやと思うんですけどね。
監督のコメントにもある「どういう試合のバランスにしていくか」で守備も攻撃も中途半端になっている。
見てて、ポゼッションサッカーをしたいのは分かるんですけど、攻撃の手詰まり感はぬぐえなくて、アタッキングサードまでボールを運んでも、クロスは上がらないし、シュートも打たずでサイドバックを押し上げているから、守備で後手を踏み混乱し、失点してる事が多いと思う。
まだ、自陣で取ってから早いサッカーを仕掛けたほうが、点になる確率は高いし守備のリスクも低いと思う。この日の2点目のPKを取ったようなね。
まあ、それを「長谷川サッカー」とも言うんですが・・・

昨年からチームを進化させるべくやっているのはわかるのですが、個の質が上がってないのでポゼッションだけでは難しい。
まあ、まだシーズンは始まったばかりなので猶予はありますが、どこかで「したいサッカー」より「現実的なサッカー」にせざる得ないと思います。

話は変わりますが、試合後、赤﨑が挨拶にガンバのゴール裏に来てくれましたね。
去年、移籍した時の自分の赤﨑評です。

■赤﨑 秀平
なぜか長谷川は使いたがらなかったけど
去年のFWメンバーのなかでは自身は一番評価してました。
サイドとかに流れてボールを引き出してくれる動きや
一生懸命で献身的なプレスは好感が持てました。
手放すのは勿体ないと思いますが仕方ないですね
川崎はいい買い物したと思います。

川崎では層が厚くて出番が少なかったみたいですが、名古屋に移籍して今年は既に3ゴール。つくづくガンバのフロントは見る目がないと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください