vs 川崎フロンターレ(アウェー) 現実的継続性の勝利

毎度ご来訪ありがとうございます。

リアルタイムでDAZN観戦できず、後から視ました。

さて、試合ですが
「凡戦だったけど粘って勝ち点3が転がって来た」
そんな印象でした。

序盤はやっぱり「落ち着きがない」
相手ボールをカットしてカウンターの形でウイジョが奮闘し相手のミスでチャンスにもなったが、マイボールでできなかった後、カウンターで憲剛にシュートを打たれる
その後も、ウイジョがシュートまで持ち込んだものの相手DFにカットされ、右サイドを突破されカウンターを受け、憲剛に合わなかったので助かる。
今度は、カウンターでは東口が跳ね返したボールをつながれ右サイドのタッチライン際を突破され、憲剛が空振りしたのがいいスルーになって鈴木雄斗にシュートを打たれるも東口がセーブ。
上記したの全て「右サイド」を突破されているんですよ、今までのガンバなら上記のどれかで失点していたでしょう。この日は川崎が外してくれて運があった。

ガンバは川崎のプレスを掻い潜ってのビルドアップも厳しいので「ウイジョ何とかしてくれサッカー」の如く、中盤を飛ばして、前線ワントップのウイジョを狙うべくロングボールを蹴ります。これは、ビルドアップしようとする中のパスワーク中に自陣の変な所で取られてピンチを招くよりもセーフティを心がけているように思いました。

10分ぐらい過ぎてようやく落ち着きました。
最近はサイドバックも上がって、サイドから押し込もうとしてましたが、この試合ではしっかりラインとブロックを作ることが徹底されていました。それでも穴ができてシュートを打たれてますけどw
まあ、失点が多いし守備から入る事は悪くないと思うんですけど、これをすると、攻めれなくなるんですよね。サイドバックが上がらないし、ディフェンスからつないで行くと人数が足りないので詰まってしまう。となると、チャンスはカウンターしかない。

川崎は、ボールホルダーを追い越したり別の選手が縦や間のスペースに入っていってチャンスを作っていくのがうまいですよね。それでチャンスを作られるが東口の好セーブなどで何とかしのいだ。

前半、川崎のシュート7本、ガンバ2本ですってw

後半、ガンバがギアを上げてガンバの攻撃の時間が増えたが点を取るには至らず。次は、川崎の攻撃の時間、小野瀬やアデミウソンまで守備に追われるのでボールを取っても取り返され攻撃されるを繰り返す。ただ、川崎の攻撃にそこまでの迫力はない。

ガンバの攻撃は縦に速くアデミウソンかウイジョにボールが収まった時だけ、攻撃の芽が出ますね。サイドからボール回して、ビルドアップで点が取れる気配がないw
60分過ぎたあたりでヤットさんが下がって、秋が上がって4-4-2になりましたね。ここもプラン通りで一応「点を取りに行く」ポジションチェンジだった思うが、思うようにいかず。
ヤットさんが下がった効果と相手の疲れでスペースができて少しパスは回るようになって藤春のシュートシーンとかあったけどゴールが奪えない。
逆にレアンドロ ダミアンをフリーにしてシュートに持ち込まれヒヤッとしてからロスタイム

1点目、藤春は三浦を狙ってクロス入れてないでしょ?w
ロスタイムに粘り強くマイボールにしてロストせず、ヨングォン、高とつないで、下りてきた小野瀬にパス、小野瀬がすかさずアデミウソンに預け前を向き、左の秋へ、秋が持っている時にトップスピードで藤春が駆け上がり、左サイドを簡単に裏を取り、中へ折り返し、運良く2人の股を抜け、フリーの三浦が流し込んだ。

再三、川崎はガンバの右サイドを突破してチャンスを作ってが得点できなくて、藤春は左サイドから2回しか中にクロスを入れてないのに、そのうちの1回が得点につながって決勝点になる。ほんまにサッカーってわからんもんですねw

前回のルヴァンのエントリーで
『次の川崎戦でいい試合をして、ルヴァンを勝ち進まないと、川崎戦後に間隔が開くとは言え、わざわざ、中3日のリスクを冒して、ほぼ「ガチスタメン」で臨んだ意味がなくなる。この試合の「ほぼガチメン」が正解だったかどうかは、今後に掛かっている。』と書きました。ルヴァンのテストからメンバー代えずに継続して結果が出せた事は良かったと思います。
また、水曜からメンバーとフォーメーションを継続せずに、三浦をセンターバックで使っていれば、ロスタイムの得点もなかったと思います。

名古屋戦のエントリーで
・去年、9連勝できたのは、守備から入ったから
・守備も攻撃も中途半端になっている。
・自陣で取ってから早いサッカーを仕掛けたほうが、点になる確率は高いし守備のリスクも低いと思う。
・どこかで「したいサッカー」より「現実的なサッカー」にせざる得ないと思います。
上記を書きました。

■ vs 名古屋グランパス(ホーム) 赤﨑っていい選手ですよね

リーグ戦3試合で「失点8」の結果を重く見て、宮本監督は水曜のルヴァンから「現実的なサッカー」にシフトすべく、ポジションとフォーメーションを変えてテストし、この試合では守備から入り、どっちに転んでもおかしくはない展開でしたが結果を出しました。
たぶん「打ち合い上等のバカサッカー」を望んでいる人には、この試合なんか退屈で仕方なかったと思いますw

自分はこれでいいと思います。結局、今のメンバーでは、去年の終盤と同じで守備から入って粘り強く守り、ウイジョやアデミウソンで縦に速いサッカーで点を取ってしまう、このサッカーが一番合っているんですよ。

「ガンバ大阪の歴史を育んできた選手たちが築き上げてきたボールを保持しながら相手を圧倒し、アグレッシブにゴールを奪う、そのスタイルこそが『GAMBAISM』」とか言うてますけど、「J2に落ちてもそれを言っているのか」って話です。

どんなサッカーでも勝たないとお客やスポンサーは付かないし、順位を上げて行かない事には他チームからも選手は来たいと思いません。
昨年、一昨年と「ガンバの失われた2年」を取り戻すべく進むには、まず勝つ事が重要。
今いるメンバーで最善を尽くす「TSUNEIZM」で行ったらいいんです。結果が出れば、スローガンとやってるサッカーとが違っても文句言いませんのでw

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください