vs ヴィッセル神戸(ホーム) 敗因は千真の試合後のコメントで言ってる

毎度ご来訪ありがとうございます。

雨が降って肌寒い吹田スタジアムでした。

スタグルは、クンテープのパッタイ(タイ風焼きそば)とバーベキューチキンのセットでした。

パッタイとガパオライスのほうがお腹に溜まりますね。

さて、早速試合にいきましょうか
2-0,3-2とリードしながら引き分け止まり所か逆転負けするのは恥ずかしいですね。いやー この負け方はちょっとキツいですね。

前半はガンバの守備がハマっていた。
川崎戦と同じように、サイドバックを上げないようにしてサイドハーフを含めた守備ブロックを形成、イニエスタにボールが入った時は、ボランチが対応に入り、ボランチをすり抜けてもフォローがきちんといて、「チャレンジ&フォロー」のいい守備ができていたと思います。ただ、ビジャもポルディもそれほどポジションチェンジとかして動く訳でもなく、裏を狙ってくるとか、いやらしいポジションにいる訳でもなくボールを待っている感じなので、守りやすいい部分もあった。

はい、また誤審。ウイジョはオフサイドではない。

1点目、ダングレーからポルディへの縦パスがズレ、菅沼がダイレクトで縦のアデミウソンに、アデミウソンがおしゃれヒールで小野瀬に渡し、小野瀬が前のスペースへ切り込み初瀬のスライディングをかわし、ファーでフリーのアデミウソンにリターン、雨でスリッピーでバウンドする時に少しボールが伸びているのに、それを見越しているかのように、コンパクトに抑えて足を振り抜いたアデミウソンはスーパーでした。

神戸は、イニエスタがあまり守備をしなくて下がってこないので、初瀬サイドの前にスペースができるんですよね、そこをヤットさんと小野瀬と秋でたくみについていましたね。サンペールも守備のボランチと言うよりは、つなぎのボランチの感じでしたので、周りにスペースができていたし、神戸は距離感が悪くて各々の間が遠いので、神戸ボールを取った後に守備が来なくてガンバ的にはボールも回しやすかった。

2点目、前線からプレスの勝利。
ウイジョ、小野瀬、秋がしっかりプレスをかけてパスコースを限定、イニエスタが降りた時に、一緒について行った菅沼の判断が良かった。イニエスタに突っかけて、ボールを奪取、そのまま前線に残っていたウイジョにパス、シュートコースは少なかったと思うが、しっかりGKのワキを狙いすましてゴール。素晴らしい。

その後も、守備と攻撃のメリハリがあり、攻撃では、神戸のスペースの間にヤットさんが顔を出しながら攻撃を組み立てていく。しかし、この試合のヤットさんは素晴らしかった。前からプレスかけるわ、裏抜けするわ、スペースに顔を出して起点になるわで、守備から開放してやるとここまで活きるのかとw 後、試合の間が空いてコンディションも良かったのでしょうね。正直、イニエスタよりも凄かった。

この試合のイニエスタはいまいちでしたね。ってか周りがイニエスタに合わせられてないようにも思いました。

1失点目、これは事故。高は責められない。ポルディからボール取ろうと思ったらあれぐらい激しくいかんと。まあ、腕を絡ませているのでファウルを取られても仕方ないと思いますが、カードは余計。何度もポルディをやりあってて、ああいったプレーが多いなら警告も仕方ないと思うが、そんな危険なプレーでもないのにいきなりイエローは納得いかない。
藤春のリフレクションがポルディのちょうどボレーしやすい所に行ってしまった。

後半開始すぐ

これもオフサイドか?いい加減にしろよ。

神戸がテンポアップして来て、ガンバが受ける時間が続く。ガンバの前線からのプレスも緩みガンバ陣内でボールを持たれる時間が続いた。
あと、ポルディがポジションチェンジしてガンバの右サイドにポジションを取っていた。

2失点目、前半と違ってプレスが緩み、各々がきちんとプレスをかけてないのが原因。
まず、この失点の前にインターセプトしてゴール前まで行ったが秋がコケてしまい、シュートで終われなかったシーンがあった。
その後の流れで神戸はカウンターに行くかと思ったがスローダウン。味方の上がりを待ち後ろからボールを回し始めた。
この時に、ガンバはちんたら戻って守備ブロックをきちんと作ったり、戻る時間があったはずなのに、簡単にイニエスタにボールが入って、ビジャヘパスを出されペナに侵入される。
これはタッチラインに逃れ難を逃れたが、そのスローインの流れでボールホルダーにプレスがかからず、簡単にイニエスタに縦パスが入った。ここで、今までは高がイニエスタを見ていたのに三浦が対応に行った。しかし三浦は簡単にイニエスタに剥がされ、縦にいるポルディへ、当然、高がポルディを見るが振り切られ、どフリーのビジャが決めた。このシーンは高が振り切られた後のフォローで菅沼はもっとポルディに寄せないといけないし、ヨングォンがビジャにしっかり付いていないといけない。高だけの責任ではなくディフェンス陣全員の責任。

ここからも、神戸にボールを持たれる時間が続くがしのいで点を取りに行くべく、藤春使って攻撃的にシフトした。ここから、オープンな展開になりガンバの攻撃もゴールに近づいてきた。「この時間で点を取りきらないと」と思っていたら・・・

3点目、相手シュートを東口が取ってからが起点。東口のスローからつないでオープンな展開になっていたので、中盤ぽっかりあいていた所を小野瀬が持ち上がり、ウイジョにパス。ウイジョがDFの駆け引きからシュートを放ち、GKが弾いていたボールが上がっていたヤットさんの元に、シュート打つのかと思いきやダイレクトで真ん中にいた秋にパス。GK前川なんか、ヤットさんがシュート打つと思ってニア飛んでたしw 自分も打つと思ったw この冷静さは流石w

問題はここから、残り時間20分ぐらいある中で、更に点を取りに行くのか守るのか。ガンバ的には特に意思統一は無く、それが結果的に間違いだった。

3失点目、ディフェンスラインは押し上げているしディフェンスラインは揃ってない。ロングボールを蹴ったポルディに前線もプレスかけずに見てる。藤春は目測を誤り、古橋にボールを収められ、田中に走り負けてるセンターバック二人。2失点目と同じく緩んでましたね。

まあ、こうなるともう一点取りに行かなければならない。前掛かりにならざる得ない。この後、CKが続いたがあれだけCKがあれば1点欲しかった。

4失点目、相変わらずボールウォッチャーが多い。
秋がイニエスタと古橋のワンツーをカットしてこぼれたボールを古橋に突っかけられて藤春が回収できなかった。田中には三浦か高どちらかが付くべきでした。

3-3になった時、チャンスがありながら決めきれなくて、結局、守備の甘さから相手に決められた。
負ける試合ではなかったけど、負けた。悔しい負け方。

この試合、前半のポルディのゴールをポイントに挙げる人も多いけど、自分は3失点目が致命的と思った。
2-2にされたけど、勝ち越せてますからね。そこで、守るか攻めるかはっきりしない中で変にラインを上げて裏を取られて失点した。
ってか、千真のコメントが自分の思っている事とほぼ同じでした。

<ガンバ大阪>満員のヴィッセル神戸戦は2度のリードを奪いながら3-4で惜敗。

https://news.yahoo.co.jp/byline/takamuramisa/20190330-00120329/

「勝っている時の戦いかたのところで意思統一ができていないし、勝っている時こそ慌ててしまってサッカーをしているなっていうのは見ていて感じました。ちょっともったいなかったですね。」
「一度チームとしてブロック作るとか、相手に攻めさせてカウンター狙いとか、もう少し意思統一を持って進められたらよかった。かなり最後はオープンな展開になってしまっていて、勝っている時に、一度引いて相手に出て来させて、とかっていう戦いもありなのかなとも思いましたし。」

監督がチーム全体に「攻めるのか守るのか」のコントロールができているように思えなかった。そこは監督の責任であり敗因でもあると思う。川崎戦は「守備ファースト」が徹底してましたけどね。まあ、今年は「この攻守のバランス」がキーになるでしょう。

SNSでは「何で選手交代しないんだ」ってそれが敗因のような意見が目についたけど、「いや、川崎戦はロスタイムまで選手交代なしで勝って、その采配を称賛している人ばっかりやったやんw」手のひら返しが酷いw
ガンバの場合、スタメンがMAXであり、控えメンバーのクオリティが落ちるので、選手交代は流れを変えたり、守備を締めたりとプラスαにならず。逆にバランスを崩す要因になりかねないので交代できない部分もあるのでは?
選手交代をしたら、あるいは最初から今ちゃんとか他の選手を使って勝てたか負けたかなんて誰にもわからない。

高を戦犯にしたい人も多いみたいですが、それもどうなの?

高に関して監督のコメントは以下の通り。
「高選手ですが、いい場面も結構あったとはいえ前半の失点と2点目も含めて、すこしもったいない失点もありました。イエローカードも1枚もらっていた中でも90分、引っ張ったのは、ああいう状況でもさらに頑張ってほしいという狙いだったのでしょうか。」
「その通りです。あの中でやれよというというところ。運動量が落ちてきているとか、カードを1枚もらっているという中ででもやりきるんだ、というところはありました。」

この試合に関して、高はよくやってたと思いますけどね。
1失点目はファウルで間接的な関わり。2失点目は直接的に関わったが、3失点目はノーチャンス、4失点目も高だけが悪い訳ではない。
そりゃ、3年目の若造がイニエスタやポルディ相手に簡単に渡り合える訳がない。高以外のベテランさん達が不甲斐ないと思いますね。

自分は宮本が監督に就任した時に以下のように書いてます。

『この堕落したチームを再建し復活させ、再び常勝チームとなり国内タイトル、ACLを獲るために就任した。自分はそう思っている。
このレジェンドの監督就任は自分の中で「今シーズンJ1に残留させる」とか「目先の勝利」とか、そんな小さな話ではなくなった。もっと長期的な目線で結果を見守り3年後、5年後にタイトルを獲った時に、宮本と一緒に笑い喜ぶ。それが自分の目標です。
その日まで、宮本ガンバを精一杯応援させてもらいます。
これが自身の所信表明です。』

この敗戦は悔しいけど、今後の糧にしてもらえれば。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください