vs 浦和レッズ(ホーム) 守備から入れば試合は壊れない

毎度ご来訪ありがとうございます。

DAZNでリアルタイム観戦してました。

早速、試合ですが
勝負弱さが出てしまいましたね。今日はドローが妥当な試合でしたが、勝ち点1も取れなくて、相手に勝ち点3をあげてしまい、勿体無い試合でした。

フォーメーションはオーソドックスの4-4-2、ディフェンス陣はルヴァンから継続の4人、小野瀬とヤットさんが入り、今ちゃんとヤットさんダブルボランチ。
実績等で考えると、現状ガンバのベストメンバーと言うか最高戦力で挑んだ。

前回のルヴァンのエントリーでこう書いた。
「次のリーグ戦は、また、メンバーは変わると思うので、そのメンバーでもしっかり守備から入れるか? ホームでも守備から入れるか? そこがポイントになるでしょう。」

きちんと4-4のブロックを作って、試合に入ってましたね。
やっと現状を理解できたようですね。ちょっと安心しました。

元々、ガンバvsレッズ戦は、レッズがポゼッションで押し込んで来て、ガンバが受けに回り、チャンスの少ないガンバが「カウンターで点を取り切るか」の試合になる事が多いが、この試合はレッズも守備から入っているようで、お互いチャレンジが少なく重たい試合でした。

ハーフタイム中のツイッターのコメント

これだけ、お互いのチームが守備から入ると、中々得点は難しいと思った。特にガンバは藤春が交代して、左サイドの攻撃と言う武器を一つ失ってしまった。
カードを切ると言っても、上記したように「現状ガンバのベストメンバーと言うか最高戦力」で臨んでいる訳やし、流れを変えてくれるようなカードは残念ながら持ち合わせていない。

CKからの惜しい今ちゃんのヘッドとか、アデミウソンのシュートとかもあって全くチャンスがなかった訳ではないが、決めきれない。
どうしてもガンバのディフェンスラインが深くて、カウンターが繰り出し難い状態やったし、いつも言ってる通り、ポゼッションでは点は取れなくて、相手のミス待ち状態。相手がミスしなかったらガンバの攻撃は厳しい。

1失点目、事故に近い失点。
髙江も寄せてたけどね、最後の最後に顔を背けたのは残念かな。リプレイ見ると、東口の反応がだいぶ遅かったから、おそらく興梠がブラインドで見えなかったのでしょう。
上記訂正(2019/04/19)
(後ろからのアングルで見ると、東口はシュートの瞬間は見えてました。この件についてはJリーグジャッジリプレイを見た感想を書きます。)
で、興梠が関与しているかしてないかの判定ですが、そりゃ、やられた方のガンバ側からしたら「関与してる」と言いたいとこやけど、客観的に見ると苦しい。
ほんまに興梠は、足出す訳でもなくボールに向く訳でもなく、何もしてなくて興梠の横を三浦の股の間を通って行ってるから、関与してるのは三浦やんw
きちんと、飯田はラインズマンに確認もしてたし妥当ではあると思う。まあ、飯田はそれ以外のファウルの判定にムラが有りまくりやったけどw

後、試合後に審判に執拗に東口が絡んでいたが、見苦しい。
その行動見て「東口だけ闘ってる」とか、ちゃんちゃら可笑しいw
闘うべきは審判でなくて、浦和レッズ。負けは負け、試合は成立してるし、ただの負け惜しみにしか見えん。

自分的には、セットプレー崩れの失点やし、流れの中で点は取らせなくて試合は壊れなかったし、守備から入ろうと意思統一はできてたし、広島戦から比べたらだいぶ進歩したと思いますけどね。

今ちゃんを先発で使って欲しいと熱望されていた皆様、今ちゃん先発しても負けましたよw

三浦が試合後のコメントでいい事を言ってましたね。
『--今日は結果を得るために最後何が足りなかった?』
「あの時間帯は全員が油断していたわけではないし、集中していたけど、ああやってフリーでシュートを打たれると何が起こるか分からない。逆に浦和はこっちがシュートを打つときにボールホルダーに対して、体を張っていた。そういった最後細かいところの差が、結果につながると思う。そういったところは、良くもなってきたがもっとやらないといけない。」

ホーム4試合勝ちなしにはなりましたけど、全く勝ててない訳ではないし、選手のコメントを見ても、守備に関しては手応えを掴んでいるみたいやし、まあ、守備を意識してコツコツ継続していく事ですよね。

攻撃については、アデミウソンとウイジョの当たり待ち状態ですが、守備が安定してから構築して行くしかないですよね。

高を試したり、三浦サイドバックとか試しましたが、結局、このメンバーとオーソドックス4-4-2に戻ってしまった事はちょっと残念ですし、一旦チームをリセットで、またここからリーグが開幕した状態ですけど、そろそろ、形振りかまっていられない状態になってきたという事ですかね。

リーグ戦、順位も一つ落として自動降格圏まで勝ち点2、わかりやすく、当面の目標は「残留争いからの脱却」で意思統一もしやすくなったじゃないですかw

次の試合は、3位の大分、ガンバの2014年優勝に大きく貢献し、J3からチームを押し上げた大躍進の片野坂さんのチーム。
相手をリスペクトして、片野坂さんに胸を借りるつもりでガンバったらいいんじゃないでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください