vs ベガルタ仙台(アウェー) 予想通りの重たい試合

毎度ご来訪ありがとうございます。

DAZNで後から見ました。

早速試合ですが
いかにも、最近のガンバの試合って感じですね。
内容的にはそこまで悪くないのですが、良くもなく
勝ち試合を引き分けに、引き分けでいい試合を勝負弱さを発揮して負けるw

以下は週中のルヴァンのエントリーで書いた内容

『あとは「この試合がリーグ戦につながるか」ですが、次の仙台戦にはつながらないと思います。なぜなら「この試合とはメンバーが変わって、戦術も相手の質も変わるから」
この試合は、最近のリーグ戦みたいに守備にウエイトを置かずに、ある程度、攻撃にも注力してバランスよくやってうまくいったけど、それは『相手はリーグ戦16位の1.5軍』って事が大きい。トップで今それをやるとバランスが崩れて、また複数失点をする可能性があるし、次の相手はベストメンバーで来るわけで、簡単ではない。
この試合は、最近トップが不甲斐なくて勝てない中での「一服の清涼剤」にはなりましたけど、この1試合で現状のガンバが抱える問題が解決した訳ではない。
たぶん、次の試合は最近の試合のようなロースコアの重たい試合になると思ってます。』

予想通りでしたw
勝敗までは分かりませんでしたが、負けもあるとは思ってました。

試合の入りは良かった。いつも通りに守備から入りブロックを作る所は悪くない。
序盤の15分は乗り切り、シュートも打てるようになった。
ただ、なんか大分戦と比べると、全体的に緩い。
東口のキックミスで相手に渡って決定的シーンを作られたりみたいな、「集中力が足りない」雰囲気は試合中にずっと感じていた。

しかしながら、ラッキーな形で得点が入る。

1点目、シュミット ダニエルを体を張って抑えた今ちゃんの殊勲。
それにより、ボールに届かず、ヨングォンの頭に当たった。

得点してからも重たく、試合を支配できていた訳でもないし、お互いのチームのレベルは低いけど、一応、試合にはなっていた。

1失点目、不運とは言えるけど、その前のマークの受け渡しですよね。小野瀬と今ちゃんがかぶってて、永戸を今ちゃんは真剣に追ってないし、矢島はもっと寄せれたとは思いますね。

後半、少しギアチェンジして攻撃にウェイトを置いた、アデミウソンの突破からウイジョのシュートがあったけど、ゴールを逸れた。この辺で決めきらないと苦しい
その後も、仙台ゴールまで迫っているけど、アイデアはないし、効果的なクロスが上がる訳でもなく時間だけが過ぎていく。

矢島の浮き球からの秋のシュートもゴールを逸れる・・・

この流れは悪い流れやな、決めるべき時に決めないとやられるパターンやなぁと思っていた。

アデミウソンが何とか攻撃のタクトを振るいゲームメイクしていた。矢島がやっと馴染んじ来たようで、ボランチからの捌きも悪くはない。
こうなると、今日はヤットさんは出番なしか、小野瀬と代わって、ヤットさんトップ下、アデミウソンを右サイドとか思っていたら、アデミウソンとヤットさんを代えてしまった。
なるほど、小野瀬を最後までこき使うのかと思ったら、小野瀬OUT、田中IN
交代の意図について分からないので、ここは試合後のインタビューで聞いて欲しかった。

大分戦程の勢いはなかったものの、パスは回せているし攻撃できているんですよね。後はフィニッシュだけでしたが、そこはウイジョの当たり待ち。
秋に代えて食野IN カウンターの1発待ちか?
その当たりも1発もなく、勝ち点1は持って帰れそうだったロスタイム

2失点目、1失点目同様、マークの受け渡し。石原に付くべきは、食野でした。長澤は、ああいった場合の入って行き方とワンタッチゴールは得意でしたねw

内容としてはそこまで悪くなかったんですけどね、マークの受け渡しとかちょっとした事を怠ると致命傷になる典型の試合でした。

結果的に食野投入は失敗でした。攻撃で何かできた訳でもないし、守備に穴を開けただけで終わった。まあ、88分に投入されてもねぇ、これは采配ミス。
矢島をはじめ、選手はまずまずのパフォーマンスでしたが、1点目は選手のミスやったし、2失点目は采配ミス。
大分戦のエントリーでも書きましたが、采配と選手の能力が噛み合ってこないですねぇ

で、相変わらずSNS見ると宮本監督解任が目につく。じゃあ、誰やったら立て直せるのw 去年、火中の栗を拾うべく残留させてくれたのは誰?

こんなチームにしたのはフロント、そんな事もわからん奴の多いことw
あちゅもいい事言ってましたね。

 

vs 川崎フロンターレ(アウェー) 現実的継続性の勝利

上記の川崎戦のエントリーで下記のように書きました。

『 リーグ戦3試合で「失点8」の結果を重く見て、宮本監督は水曜のルヴァンから「現実的なサッカー」にシフトすべく、ポジションとフォーメーションを変えてテストし、この試合では守備から入り、どっちに転んでもおかしくはない展開でしたが結果を出しました。
たぶん「打ち合い上等のバカサッカー」を望んでいる人には、この試合なんか退屈で仕方なかったと思いますw

自分はこれでいいと思います。結局、今のメンバーでは、去年の終盤と同じで守備から入って粘り強く守り、ウイジョやアデミウソンで縦に速いサッカーで点を取ってしまう、このサッカーが一番合っているんですよ。
「ガンバ大阪の歴史を育んできた選手たちが築き上げてきたボールを保持しながら相手を圧倒し、アグレッシブにゴールを奪う、そのスタイルこそが『GAMBAISM』」とか言うてますけど、「J2に落ちてもそれを言っているのか」って話です。

どんなサッカーでも勝たないとお客やスポンサーは付かないし、順位を上げて行かない事には他チームからも選手は来たいと思いません。
昨年、一昨年と「ガンバの失われた2年」を取り戻すべく進むには、まず勝つ事が重要。
今いるメンバーで最善を尽くす「TSUNEIZM」で行ったらいいんです。結果が出れば、スローガンとやってるサッカーとが違っても文句言いませんのでw』

スローガンなんか「努力目標」なのでどうでもいいんです。

まあ、今がガンバの底かなぁと思います。我慢できない人はさっさとサポーター辞めれば良い。

 

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください