JリーグYBCルヴァンカップ 第6節 vs 松本山雅FC(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

いつものごとくHUB観戦でした。

いつものごとく、スタメン見て一言

まあ、流石にダービーフルで出場した選手は連れてきませんよね。U-23に参加してないチームはそれほど関係ないかもしれませんが、U-23をやってるチームでこの日程はつらいw
フォーメーションは高木1トップ、トップ下ヤットさん、左サイドハーフ田中、右サイドハーフ食野、高&今ちゃんのダブルボランチ、ディフェンスは4バックで配置は言うまでもないでしょう。

序盤は全体的にフォーメーションがしっくりきてなくて、ホーム山雅の勢いに押され気味。最初のCKでは永井をドフリーにして合わせられるが林のファインセーブに救われる。
もう一度CKもフリー気味に合わせられるが相手が外してくれた。

ほんまに練習してるんやろか?

ダービーはすごく戦術的にも個のクオリティ的にもハイレベルな試合だったのに対して、この試合は例えるならTMを見ているようなもっさり感w
1トップの高木にどうもいい形でパスが入らないし、トップ下のヤットさんはフリーマンとして動きパスを引き出すが山雅の堅いディフェンスで前にボールを進めることができない。

前半唯一、チャンスと呼べたのが、ジェソクが左サイドの深い位置からグラウンダー気味のクロスを高木が触りバウンドしてそれを高が頭で合わせたシーンだった。左に外れ得点ならず。
前半、シュート2本が示す通り、ガンバはボール奪っても急がず、一旦下げてからビルドアップを始めるような形で、「ガンガン取りに行こう」って感じではなく、スタミナを温存しているようにも見えた。

後半、ガンバはテンポアップしてアタッキングサードまでボールを運ぶがチャンスらしいチャンスは作れず。いいパスが通ったと思ったらトラップミスをして自らチャンスを潰すなどうまくいかない。

高OUT 芝本IN 2トップにしてヤットさんをボランチに下げた。

途中、GK林のミスキックで相手に渡し、ピンチの場面もあったが自らシュートを防ぐ。

後半15分を過ぎたあたりからガンバが体力的にきつくなったのか、押し込まれるシーンが目立つが後半25分を過ぎたあたりから山雅が疲弊し、ガンバの時間帯が続く。
食野が個人で打開するもシュートは相手GKに防がれる。

何度かCKのチャンスもあったが合わず。

高木OUT、コンチャINでそのままコンチャがFWに入った。
コンチャについてはロスタイムを入れても出場10分ぐらいだったので評価できるほどではなかったが、ボールタッチとか足元は特に悪い印象はなかった。

食野が一人気を吐いて奮闘するも虚しく、ドローで試合を終える。

見てて目についたのは食野ぐらいですかね。今日のメンバーの中では一人だけレベルがワンランク上のプレーをしてた。あと、高がいつもより攻撃に絡んで行ってた。ダービー見て高江や福田に刺激を受けたように思えた。
他のメンバーは、ダービーのメンバーが先発としたら「そりゃサブやな」って感じ。今ちゃんはなかなか状態が上がって来ませんね。
ヨングォンと青山のCBコンビはもう一つ合ってなかったように思えた。

まあ「THE 消化試合」でした。

次のプレーオフは、6月のど平日に長崎と対戦。U-23もあるし、またメンバー構成が大変になりそう。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください