vs 鹿島アントラーズ(ホーム) 雑感

毎度ご来訪ありがとうございます。

少しリアルが忙しくて更新が遅れました。
DAZNの見逃し配信で見ました。そう言えば、今DAZNの運営会社が揉めてますねw
何とも、労働条件が悪いそうで、そのしわ寄せが料金に来ないといいんですが・・・ もしくはJリーグへの放映権の料金を下げたらいいのに。

話が逸れましたので試合に行きましょうか
今回は雑感です。

結果は色々な見方はできると思いますが、勿体無い引き分けと思いました。

ガンバはいつも通りの3-1-2-2-2のフォーメーション、鹿島はオーソドックス4-4-2のフォーメーション。
以前も書いたことありますが、今のガンバのフォーメーションは4-4-2は大好物なんですよね。
ウイングバックの優位性をどこまで利用できるかが鍵になるのですが、早速前半早々に小野瀬が抜け出して、得点に繋がりました。
思いっきりよく打った食野は良かったですね。

鹿島は前半の序盤は様子見って感じで出方伺っている間に、ミスでガンバにやられた印象。小野瀬に深い位置に入られてディフェンスラインが下がりきった所に弾いたボールが落ちて、ラインを上げたり寄せる前に食野に仕留められた。

ガンバはいつもよりDFラインをあげてコンパクトにしていた、守備で人数をかけてボールを絡め取り、取ったら素早く攻撃につなげる意図を感じた。

前半20分過ぎぐらいから、鹿島はウイングバックに対抗すべく、サイドバックを上げてきた。これにより、サイドのプレスが強くなり、ガンバはビルドアップしづらくなってきた。また、サイドから徐々にボールを運ばれる展開になったが、ガンバの5バックで乗り切る。

右サイドは、得点シーンでもそうだったけど、高尾、高江、小野瀬、アデミウソンのコンビネーションと関係性でチャンスを作れていたけど、左サイドが不発。福田の仕掛けだけでは厳しい。
高江や高尾、福田のドリブルの仕掛けに鹿島はファウルで止める場面が多かった。今までにない、ガンバの姿に鹿島は戸惑っていたのではないだろうか?
後半30分過ぎに福田が倒されたのは明らかに鹿島のファウルなのに、審判に抗議に行っている姿に、鹿島の焦りも感じた。
ゴールの後、ガンバにチャンスは少なかったが、この試合、いい流れで行けそうな雰囲気だったけど、甘くはなかったですね。

まず、小野瀬がサイドチェンジのボールを目測誤ってかぶりましたよね。安西に高尾がついている間に、守備ブロックを作ることに必死で下がり過ぎてしまった事が致命傷、土居のトラップで矢島があっさり無効化されフリーでシュートを打たれる、たった1つのミスで失点、鹿島ぐらいになるとこんなミスは見逃してくれない。

後半、前半と違って、DFライン強気にあげなくなったガンバ、こうなると後ろが重たくなって、攻撃が蛋白になりがち。食野が奮闘するも得点に至らず

70分頃からスタミナが落ちて鹿島に押し込まれるシーンが続く、そして小野瀬が負傷退場、やはりウイングバックの強度が高すぎるので、ここ数試合の負担が来てしまったのかも知れませんね・・・

攻撃のテンポが上がらないまま、ヒヤリとするシーンもあったが守りきり試合終了。
まあ、いつもながら、早い時間に得点した際の試合運びが下手、「後半、攻撃に出ていく元気がなくなるなら、失点するなよ」って感じ。

ホームですからね、後半の終盤で猛攻を仕掛けられる体力もないのはいただけない。攻守のバランス、前後半のバランスが整わないまま、のらりくらり終わっていった。

ミスはあったけど、リーグ順位5,6位に通用するディフェンス力は健在、しかしながら、相変わらず2桁順位チームの攻撃力を露呈し勝ちきれずでした。

次は、残留争いのライバルの磐田ですからね。正直、アウェーでも磐田に勝てなければ、今シーズンは厳しいと思ってます。
ちょっと試合間隔が空いて、思い出されるのは2年前の休みボケで大敗した試合。今の若手のメンバーであればそれはないと信じたい。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください