vs ジュビロ磐田(アウェー) 良い意味・悪い意味で現状維持

毎度ご来訪ありがとうございます。

遠征予定でしたが、諸事情により叶わず。
DAZNで後で観戦しました。

前節の小野瀬の負傷退場より、ウイングバックを誰がやるのか気になる所。
スタメン発表で中村が入っていたので、おそらくウイングバックは高江で中村がインサイドハーフをやるものと思っていたら、まさかのインサイドハーフ中村。

当然、気になるのはスタミナと守備力。

今のフォーメーションになってから、ウイングバックとインサイドハーフは90分で11km以上のスタミナが要求され、ウイングバックは現在のフォーメーションの生命線でもある。
守備時にはサイドバックとしてクロスを封じ込まないといけない。もちろん攻撃時にはドリブルという面白い武器も持っているが、それもどこまで通用するか未知数。
確かに、前回のルヴァン杯の中村を見ると、一皮剥けた印象でもあったし期待できなくもないが、ギャンブル起用であると思った。
まあ、出るからにはガムシャラにやってもらえばいいと思っていたけど。

さて、試合ですが、他の方々と口にすると同じ「勝てた試合」で勝ち点は1のみしか取れず、残りの勝ち点2を捨ててしまった印象が強い。

序盤はフォーメーション的にミラーゲームとなり、磐田の積極的なプレスに苦しめられ、ビルドアップできない。
相変わらず、怪しい等間隔のゾーンディフェンスで何とか凌いで後ろでボールを回しながら、攻撃の糸口をつかもうとするも、見えない。

現在のフォーメーションは、いつも言っているがウイングバックの優位性で数的優位に立ち、右サイドや左サイドの局地戦を制して攻撃につなげるのだが、ミラーゲームなので基本的にマンツーマンの状態になり、ラインを上げ、コンパクトにしてくる磐田に対しては局地戦にすら持ち込めない。数的優位に立てないのであれば、もう個で勝つしかないのだが、局地戦のデュエルで負けまくり攻撃にならない・・・

こうなると効くのが、アデミウソンのようなトリッキーな動きで相手を剥がせるタイプなのだが、残念ながら、今日は先発ではない。
サイドの裏抜け狙いの縦パスも蹴るが効果的ではなく、さすがにずっとこの3バックシステムでやってる磐田のほうが攻守にスムーズである。

ボールを奪ってもカウンターも発動できずに、結局後ろに戻し、苦し紛れの裏抜けロングボールが虚しく相手ボールになる始末。さすが降格に片足を突っ込んでいるチーム。
あと、いつも気になるんですけど、雨だとガンバはいつもパフォーマンスを落としている印象だけど、気のせい?w

26分頃の三浦の幻のゴールも、正直、ありえんでしょうw だって、FKのボールの位置って、エンドラインと間が1mもなかったでしょ? つまりオフサイドゾーンはかなり狭かったはずなのに、蹴る瞬間、そのゾーンにいるっていうねw
相手のマークを外したかったんでしょうけど、下手すぎw

守備は安定感を保っていたので、そこは問題なかったが、攻撃に活路を見い出せぬまま前半を終える。

後半になってからも、あまり変わらず。ってか選手同士の距離感が悪いよね。選手間が空きすぎているから密集している相手にパスが引っかかりやすくなる。
このあたり、もう少し矢島が気を利かせて、もっとディフェンスに降りてきて捌いたりとか、前線とのリンクマンになって欲しいところ。これを思うと、やっぱりヤットさんが恋しくなるw

時間が進むにつれて相手の前線のプレスが緩くなり前にボールが入るようになってきた。
ジュビロのクロスが飛んでくるシーンを抜けて、ガンバ側がシュートを打つシーンが増えるが尽く外れる。

65分頃、高江に代わりヤットさん投入。ヤットさんは流石でした。
早速、上記した「リンクマン」に変身し、パスでリズムを作る

食野を下げてアデミウソン投入。
しかしながら、ヤットさんとは対照的にトリッキーな動きを披露することなく、あまり効果的な動きは見れなかった。

右サイドで攻撃は沈黙していた福田もサイドを突破するようになり、ゴールに迫るが決まらない。
中村もサイドから迫るがシュートに行けない

ほんま、いいとこまで行くんですけど、ラストパスとシュートが下手w

ということでドロー、いつも言っている通り、リーグ順位5,6位に通用するディフェンス力は健在、しかしながら、相変わらず2桁順位チームの攻撃力を露呈し勝ちきれずでした。
いつも言ってますが、どんな名監督でも、シュートを蹴る強さを変えたりコースを変える事はできない。
シュートのクオリティの低い攻撃陣の集まった結果。

試合が終わって、試合全体を見渡した時、まず、スタメンと交代が反対と思った。
先発はヤットさんとアデミウソンを出して、ウイジョに代わって、食野、ヤットさんに代わって高江だったような気がする。

鹿島戦は食野とアデミウソンで点取ってるのでそこは継続で良かったと思う。まあ、結果論ですが・・・

ウイジョは代表帰りでぶっつけ、疲れからかキレがなかったように思えた。なので、アデミウソンとウイジョだった。
韓国代表で点を取ってSNSは盛り上がりましたが、自分としてはちっとも嬉しくない。
当たり前だが、韓国代表で点を取った所でガンバには何も還元されない。韓国代表でウイジョが点を取るよりガンバで点取ったほうが100倍嬉しいし、何だったらこの試合みたいにパフォーマンスを落としたり、怪我する可能性があるので代表に行って欲しくないぐらい。

中村は慣れないポジションながらよくやっていたと思います。守備機会は少なかったですが、攻撃時のドリブルやシュートにはやはり可能性を感じる。
インサイドハーフかFWで起用してほしい。

この日のウイングバックは右サイドが米倉で左サイドが福田と思っていましたが・・・ 中村でも攻撃的に結果がでなかったのはやはり采配ミスかと・・・

残留争いの相手で直接対決、勝利は勝ち点3以上の価値のある試合でしたが、結果が出ず。

ガンバはハッキリ行って、ホームのダービーが今シーズンの開幕戦のようなものでしたからね。やっと見つけた守備に関して今シーズンの答えを見つけた。
攻撃の解答は未だ見つからず。守備に関しては良い意味で現状維持、攻撃に関しては悪い意味で現状維持かと思います。

そりゃ、ちょっと若手が出てきても、それが上位に順位を簡単に持っていける訳ないですよね。

相手ディフェンスのミスを待つか、マグレのゴラッソを待つか。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください