天皇杯 2回戦 vs カマタマーレ讃岐(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

HUB観戦でした。3日前ぐらいにHUBのホームページ見てたら、放送予定が無かったのでどうしようかと思いましたが、前日に見たら放送予定になってました。

さて、スタメンを見て一言

小野瀬はベンチスタートではなく、いきなりスタメンでびっくり、ただ、相手の強度が落ちるので、リハビリにはちょうど良いと思った。
高尾はリーグ戦メンバーで固定と思っていたから意外、中3日なので休みは与えて欲しかった。福田は湘南戦で低パフォーマンスで松本山雅戦はベンチ、しっかりサイドで暴れてもらいたい。

まず、ガンバは天皇杯初戦はいつも苦戦しているイメージ、そして、試合開始後は讃岐のプレスが良くて、ガンバディフェンスも面食らってましたね。いきなりオープニングシュートも木島に打たれましたし。

オープニングシュート打たれた後も、ガンバはそんなに良くはなかったんですけどね、本当にワンチャンスを物にしたって感じ

1点目、J1が相手なら入ってないかも・・・

左に開いた福田に最終ラインからパスが入り、コンチャとワンツーで中に切れ込んだ、この時、食野の外に逃げる動きも手伝って左サイドにいた4人を無効化、ボールウォッチャーになっていたディフェンスの死角に中村が入りパスを受け、ワントラップからシュート。
しっかり、GKの位置やコースまでみれる余裕があり落ち着いていたのは評価するが、トラップしてからシュートまで結構間があったので、おそらくJ1のディフェンスならシュートブロックされているかも?ゴールまでの流れは、まさに今の3バックのフォーメーションで宮本監督が狙っている形でしたね。

まあ、この得点センスはFWで活かさないともったいない。

2点目、GKからDFに出たボールを中村が必死にチェイシング、相手が切り返した所で体を相手に当ててボールを奪いきった。フィジカルの成長を感じた瞬間であった。
ドリブルで持ち込んでGKと1対1でコースのない中で上を狙ったボールはバーに当たってゴールに入った。

相手がJ3レベルでは、もう簡単には止められないでしょう。

3点目、相手のトラップミスと言うか処理ミスを中村が見逃さなかった。まあ、ラッキーとも言えるけど。その後の食野へのパスがエグかったですね。コースや強さが完璧。

最初はどうなるかと思ったけど、やっぱり個の差が大きすぎる。止めて蹴るとかのスピードとか動きの質、フィジカルの強さとかボールの置き所とか、ちょっとしたことやけど、それが大きな差になっている。

ただ、ここからガンバはスローダウンして緩むんですよね、なんか急に雑なサッカーになった。

そうしてると、FKが壁の中村に当たって入ってしまう。解説の「播戸が中村が背を向けたから入った」みたいな事を言ってたけど、正面向いていても入ったかもしれんし結果論でしょw まあ、自分も結果論で話しますがw

前半で大量点取って緩むのは仕方ないけど、ペナルティエリア手前でのファウルとかそういった所をもっと注意してほしい。アンラッキーでも何でも1失点は1失点、取られないに越した事はない。

後半が始まってもガンバは緩くて雑なサッカーが続いていた。

ミドルシュートを打たれ、東口がキャッチしきれずに4~5mぐらいボールをこぼし、木島に詰められた。幸い入らなかったけど、たぶんJ1なら決められていたであろう。
この日は東口がスタメン、これは去年のようなジャイキリを起こされないように締めるつもりで監督が送り出したと思われるが、こういったプレーはいただけない。

ガンバはディフェンスで変につないでカットされたりして自分たちで苦しくしているシーンが目立つ。大きくクリアしてディフェンスラインを整えたらいいのにと思うシーンもあった。

小野瀬OUT、アデミウソンIN

小野瀬は、らしいドリブルや突破などもあったし、まずまずの動きでリハビリとしては上出来。

ルヴァンで先発だったり、リーグではベンチスタートだったり、起用方法を見るとちょっと宮本監督の中で食野より序列が下がっているように思えた。

食野OUT 高木IN せっかくトップの試合に出ているので1点でも取って欲しいところ

相変わらず、相手にミドルシュート打たれたり、攻撃もパッとしない。

全体的に緩みがちな所でフレッシュな選手がやってくれた。

4点目は、高木が前線で受けてサイドのコンチャにパス、パスアンドゴーで高木は前線のスペースに走り、コンチャから絶妙な縦パスが出て相手DFと1対1に、ドリブルで相手DFを剥がしてシュート、GKは足元のボールに無理に手で取りに行こうとしてほぼ正面のボールをスルーしてしまう形になったw

シュートはアレだが、シュートまでの形は良かった、ラッキーゴールであるが、1点は1点

カウンターで左サイドをアデミウソンがドリブルで持ち込み、縦に走る高木がディフェンス2人の囮になり、ゴールほぼ正面がガラ空きに、アデミウソンが中央に詰めた中村パス、中村はトラップをミスり、少しボールが浮いてしまったが、それを利用して飛び出してくるGKの頭を超すふんわりボールでゴールに流し込んだ。

前にも書いたが中村は一皮剥けて進化している。それがプレーに表れている。もっとゴールに近い所で中村がみたい。

 

6点目は、高江のパスがずれてボールを取られそうな所をまた中村が強さを見せて、相手ボールをフィジカルで奪取、そのボールが高木に流れ、ボールを受けた高木がシュートの打ちやすい位置にボールを置いて右足一閃、左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。
こぼれたボールを拾ってからシュートまでに無駄な動きがなく実に綺麗に奪ったゴール。

7点目、最終ラインの菅沼?からのディフェンスの裏に出したボールに高木が追いつき、走り込むアデミウソンにパス、ちょっとマイナス気味に入ったのでアデミウソンが右足おしゃれヒールでゴールに流し込んだ。

中弛みはあったけど、終わって見れば大勝。決めるべき人がきちんと決めたし、変に相手に付き合ったりせずに、レベルの差を見せつけられたので良かったと思います。

この日、試合に出てた選手は楽しかったでしょうし、まあ、たまにはこんなお祭り的な試合があってもいいんじゃないでしょうか。一応、公式戦ですし。

これ見ても、まだ中村はウイングバックで使うつもりなのでしょうか?ウイジョと中村の2トップが見たい。2トップでなくてもせめてインサイドハーフの所で見たい。
藤春も小野瀬も帰ってきた事やし、福田もいるし中村のウイングバックはもういいでしょう。

さて次はリーグ戦

はい、カップ戦ではないですが天皇杯とリーグは別物、ましてや次の相手はJ1で首位チーム、簡単にはいかない。

謙虚に、自分たちの立場を分かっていながら作戦を練って戦わないと、勝ち点は取れない。

どう立ち向かうか楽しみにしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください