vs FC東京(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

DAZN観戦でした。

早速、試合ですが
前回のエントリーで「謙虚に、自分たちの立場を分かっていながら作戦を練って戦わないと、勝ち点は取れない。」と書きました。
ホームでF東と戦った時は、まだ4バックでしたが、守備から入り0-0だったがレベルの高い攻防がみれたし、勝てるチャンスがあった中での勝ち点1だった。きちんと力の差を分かってた上で、首位と対戦するにあたって自分たちのできることを全うしていた。
その時と同じように、しっかり守備から入って積み上げて来た3バックのフォーメーションで戦って欲しかったが、点を取ってから全く良いところなく終わって行った。

序盤は、攻勢に出ていい流れだった。おそらく、3バックのフォーメーションに戸惑い、流動的に動くウイジョを捕まえられなくて、F東の守備は混乱気味だった。

1点目、しっかりとした守備からハーフウェライン辺りでボール奪取、すばやくつないで右サイドの小野瀬がフリーで駆け上がりアーリークロス、ニアのアデミウソンを狙ったがカットされる。カットされたボールを中村が拾い、矢島に預けた。矢島は大外でフリーの小野瀬を見つけ、DFの裏を取るようにパス、雨で小川がズッコケ、小野瀬に対応に行けなくて、トラップがやや流れたが左足でズドン、ニアの狭い所を通って行った。

点取ってからもしばらく自分たちのリズムで試合を運べてたんですよね。ただ、時間が経ってくるにつれて、F東もガンバのフォーメーションとか攻撃に慣れて来て、ガンバの両サイドの優位性が無くなってくると、ロングボールを使いだし、ガンバのディフェンスラインを徐々に下げて来て、攻撃と守備を分断し始める。
まあ、永井の優位性を使いたいんでしょうね。

開始5分で点を取ったガンバだけど、開始10ぐらいからF東ペースになっていた。ガンバもアデミウソンとウイジョにロングボールを使い、走らすも収まらない状況が続く。
見てると、ディエゴオリベイラと永井を警戒してか、ガンバディフェンスが押し上げきれてないんですよね。だから跳ね返して前線に蹴り込んでもスペースが空きすぎてセカンドボールを回収できてない。

22分の時点で表示されていたポゼッションはF東60%、ガンバ40% ポゼッションが全てではないけど、いつも最終ラインでボールを動かしビルドアップしていくガンバが、今日はそのシーンが少ない。ただ、この時点でF東は1本もシュートを打てていない。悪いピッチの影響なのか、お互いうまくゴール前までボールを運んでチャンスを作れていなかった。

34分ごろ、高尾がペナに侵入してエグりニアのウイジョに合わせるがウイジョ足がゴールに向いて無くて枠の外に外れる。高尾は攻撃センスも高い。

1失点目、50%は不運と言えるが、残りの50%は高尾に責任がある。結果的に高尾とナ サンホのデュエルの形に持っていったF東が一枚上手と言うか多分狙っていた形。
ガンバの左サイドからのスローインの流れで、F東の最終ラインから右サイドに展開され、パスで高江と小野瀬のマークが簡単に剥がされ、高尾とナ サンホがマッチアップ、これね、矢島が近くまで寄って行ってたので、矢島が高尾のヘルプに行って欲しかった。ナ サンホの突破に高尾はずっこけて対応できず。右サイドを突破。
ここからは不運でしたね、ニアを狙ったナ サンホパスが三浦の足に当たって跳ね返ったボールがドフリーの永井に流れた。中村に永井についていて欲しかったってのはちょっと無理かもしれない。
高尾が突破されて、三浦がヘルプに行かないとといけない状況でもう最終ラインが崩壊している。

2失点目、これももう一回永井とナ サンホにやれと言っても簡単にはできないだろう。でも、ナ サンホへの寄せとか、ヨングォンが永井に体を当てて競るとかしてれば防げた可能性はある。
1点目もそうなんだけど、本当にちょっとしたことを怠ると言うか、いつもは「人海戦術守備」で何とかしている所を、人が戻りきってないとか寄せきってない所でやられてる。

後半、高江OUT ヤットさんIN

山雅戦のエントリーで「ヤットさんはアンカー向きではないんですよね。やっぱり守備に不安があるし、ヤットさんと最終ラインの間で受けられてシュート打たれるシーンもあったりする。」と書きました。

ヤットさんを入れる事により、同点に追いつけたら成功、失点したら失敗とギャンブル采配だと思っていた。

51分頃、ガンバのFKでヨングォンが手で触ってウイジョが押し込んだが笛がなった。オフサイドの判定かハンド判定かでハンドの判定、F東側はカード案件ではないかと抗議。自分もイエローは出てもおかしくないと思ったが、FKで再開。いらんプレーやわ

その後、ガンバはカウンターで2回ほどゴールに迫るも、シュートを打つことなくボールを奪われている。相変わらず攻撃は二桁順位レベル。

この試合、アデミウソンはバイタルで変にボールを持って取られるを繰り返してチャンスを潰しまくり。食野か千真に代えてほしいとずっと思っていた。

3失点目、お粗末な点の取られ方。詳しくはもう書きませんが、チンタラ相手を追って中ドフリーとかありえんでしょw

味スタで試合するの何回目やねん。昔、ヴェルディともっと田んぼ状態の時にやってるし、

ダイレクトプレーとか前にパスをした後に追い越す動きとかない。ボール受けた人は必ずデュエルしないといけない地獄w

最近、調子よくて点取ってる選手が、ウイングでゴールから離れた位置にいる

アデミウソンがチャンスで盛大にシュートを吹かしてくれた。

とうとう、F東のディフェンスを崩せず試合終了。SNSには「鬼門」の文字が並ぶが、スタジアムが悪いのではない。弱いガンバが悪い。

敗因はガンバディフェンスの緩さと、その緩さを知っててうまく突いたF東側の作戦勝ち。

ホームのF東戦では長谷川監督は「G大阪の試合をほとんど観ているが、今シーズンのベストチームと対戦しているような気がした。今日のG大阪は、川崎に勝ち、神戸を相手に素晴らしい戦いをした前半のメンバーが出てきた。選手も監督の意図をくんで戦ってきた。ただ、そういう予想はしていたので、東京の選手たちには我慢する時間帯でもしっかり戦い、必ずスキがあるので、セットプレーも含めて突いていこうと。でもなかなかスキがなかった。」と言った。

ガンバはきちんと守備から入る意図があって、その守備については完遂しきった。しっかりブロック作って守る守備をF東は崩す事ができなかった。

「じゃあ、どうすればいいか?」て考えますよね。そこでF東がやってきたのは「きちんとブロックを作れてない時、守備戻りきれていない時に攻めればいい」だった。

2失点目とか典型やし、どの失点も5バックとその前に3人を置く守備が出来てない時に崩されましたよね。まあ、元々、長谷川監督はガンバの監督時代からファストブレイクが得意だったし、それを遂行できるディエゴ オリヴェイラと永井がいる強みを存分に発揮した。

もう一つ、F東はガンバの守備の弱点を知ってましたね。

それは、「ゴールに近い深い位置まで侵入されるとガンバディフェンスはゴール前にベタ引きして、ディフェンスラインの前が空く」です。

1点目の永井のポジショニングも3点目のディエゴ オリヴェイラのポジショニングも偶然とは思えない。

山雅戦のエントリーで以下のように書きました。

「正直、この試合は相手が山雅やから3点取れたし、1失点ですんだと思っている。上位だと、ここまで点が取れるとも思えないし、被シュートにしても、もっと決定力がありヤットさんアンカーだったら失点の確率も増えると思う。複数得点で勝ったからと言って、上位に簡単に通用するとは思わないほうがいい。」

まあ、そういう事です。後半、ヤットさんがアンカーに入り、しっかり1点取られましたね。

いつも言ってますが、自分たちの立ち位置とか実力を認めた上で、どうするか作戦を練らないと勝てない立場であることを自覚しないと、こんな試合が続くと思います。

下位相手のリーグ2連勝やら、天皇杯の快勝で完全にチームが浮かれてましたね。

次の清水もJ2落ちしたくないので必死できますよ。浮かれてたらホームで惨めな姿を晒しますよ。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください