vs 清水エスパルス(ホーム) 非公式ウイジョ退団セレモニー

毎度ご来訪ありがとうございます。

久しぶりのパナスタ観戦でした。

茨木市民デーで、実家のおとんとおかんが観戦にスタジアムに来るとの事で「先に行っているならくくるのたこ焼きを買っておいて」と言われて、パナスタになってから初めてメインスタンド側のくくるのあの長蛇の列に並びました。
8個で700円ですかw 万博で売ってた時はもっと安かったような・・・
参考までに、一般入場が始まってから45分後の17:15に列に並んで、買えたのが17:30分でした。

さて、試合に行きましょうか
点を取ってからの時間の使い方が下手なガンバにおいては、理想的な時間に点を取って逃げ切りました。
ただ、失点してもおかしくないシーンも多かったし、あれだけチャンスがあったらもう2点ぐらいは取らないといけない試合ではあったと思います。

序盤、いきなり最警戒人物のドウグラスの決定的なシーンがあったものの、三浦が間一髪でカットして事なきを得たが、開始3分間は完全に清水の勢いに押されててバタバタだった。ようやく、清水のCKを凌いで、ガンバの攻撃つなげた。

前半は相変わらずの凡試合、こちらの攻撃は縦パスが入らず、横パスかバックパスばかり、ラグビーやってんのかw
ウイジョや食野がディフェンスの裏に欲しがっても絶対パスが出てこないし。出したらタイミング合わないかオフサイド。普段は攻撃練習や連携の練習はしてないのでしょうか?

今シーズン、途中でフォーメーションが変わったとはいえ、半年間は何試合一緒に試合して何のトレーニングをしてるのでしょうか?

清水のフォーメーションは4-2-3-1なんですよね。だから、久しぶりにウイングバックの優位性が使えるし、実際、サイドバックの前にスペースがあることが多いんですけど、チンタラビルドアップしてたりして、すぐ相手にプレスにあいバックパスや横パスに逃げるシーンも多く、いつも通り、相手の前でしかボールを持てないのでボール持ったら必ずデュエルしないといけない。

後ろからのビルドアップも清水の1トップと2列目の3枚の連動したプレスに苦戦、特に矢島がフリーになれず、リンクマンを失い、ウイングバックに渡そうとするもマークにあい思うように前に運べないし、右サイドから一発サイドチェンジの中村狙いのボールは尽く相手DFにカットされる。

ミドルシュート打つも枠には入らないし、たまにペナの中に入ったりするけど、モタモタしてシュートできなかったりで、悪い意味で通常運転の前半。

守備については序盤以外はそれ程決定的なシーンは作られなかったが、宮本監督もコメントしていた通り、ドウグラスにビビって若干ラインは下がり気味。腰が引けてた。まあ、ドウグラスは一発があるし、フリーでジャンピングボレーされたしw

もう、この展開は、後半からヤットさん投入待ったなしだったが、10分程様子を見てからの投入、これはどういう意味があったんやろ?

ヤットさんが入ると魔法が掛かったように、ボールが回る。普通の選手ならビビって出さないようなポジショニングの選手に簡単にボールを通すので、パス受け取る側は、そこからスムーズに展開ができて、攻撃に繋げられる。
特に、この試合では、左サイドの中村にどういい形で持たせるかを考えながら組み立てていた気がする。
守備でもスライディングしたり、いい読みでパスカットしてましたね、まるで「スタメンで出せよ」と言わんばかりに。

ボールが回ると、攻撃回数もシュート数も増えるが、残念ながら決定率が悪いので、ゴールに入らない。
食野に変わって、アデミウソンIN 攻撃が加速する。この試合ではチャンスブレイカーにならなくて良かったw

スタジアムは「1点取ってくれ」、「ウイジョに点を取らせてやってくれ」の雰囲気、特にバックスタンドの清水ゴール側、ゴール裏、メインスタンドの清水ゴール側の圧を久しぶりに感じた。
去年は、「ガンバのゴール裏に向かっての攻撃は選手が焦る」「ベンチからの指示がディフェンスに届きにくい」等の理由で、エンドを交換していたが、やっぱり、ホームでエンドを交換したらあかんよね。

ウイジョが得意の左からのカットインでゴールを狙うがポストに阻まれ、何とも言えない雰囲気の中で・・・

1点目、50%は清水からのプレゼント。
起点は三浦、三浦が右フリーの福田にパス、降りてきたウイジョに預け、福田は前線の最終ラインへポジションを取る。ウイジョは縦にいた矢島にパス、矢島はそのまま縦に流し福田を走らせ、ボールに追いついた福田が中に折り返し、アウグストがずっこけてクリアがボテボテになり矢島の前に転がり、矢島が冷静にコースを狙い左隅に決まった。

ヤンIN 矢島OUT
そのまま、無難に終わらせて欲しかったが、ロスタイムにハラハラドキドキ、またもや左サイドからのカットインで珍しく左で打った強いシュートもGK正面、最後にCKをドウグラスに合わされるも東口正面、冷や汗をかく。無難に試合を終わらせてくれよ・・・

後半のチャンスの数、シュート数から行くと1点では物足りない試合。相変わらずの決定力不足を露呈。得点もアシストは清水のただのクリアミスですからね、あれがなかったらドローで終わっていた可能性が高い。

ヤットさんがいる時といない時のチームの差が激しい。ヤットさんが活躍する事は悪いことではないが、この先や将来を考えると決して良いことではない。ヤットさんが怪我でもしたら一気にチーム力はガタ落ちする。

試合を見てても成長や上積みがない、いつも言っている「当たり待ち」「相手のミス待ち」サッカーは続いている。

ヤットさんがいないなら、いないなりの攻撃の形を作らないといけないが、その兆しは全く無く、相変わらず、パス&ゴーのない相手のいる前でデュエルに勝たないといけないサッカーで自分たちを苦しくしている。

今の状況では新戦力を入れて新しい風を入れないと活性化しないとこまで来てると思いますね。

試合後、ウイジョが戻ってきて非公式のウイジョのお別れセレモニーを開催。
食野の提案で選手は戻ってきたそうなw 公式に移籍発表できてないので、クラブ主導でセレモニーできなかったけど、ホームで勝って送り出せた事が唯一この試合で良かった事かな。

ここ最近の移籍等については、また別エントリーで書きます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください