ルヴァンカップ プライムステージ準決勝 第1戦 vsコンサドーレ札幌(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

HUB観戦でした。
当日のHUB茶屋町は、半分のフロアでガンバ、半分のフロアでは野球のクライマックスシリーズの阪神戦という変わった形態でした。
更に今はラグビーW杯開催中。ひっきりなしに外国の方々がラグビー観戦に来ますが、入り口で店員に放送しないことを告げられ、茶屋町アプローズ店に行くよう説明されてました。

ということで試合ですが
勝ったけど、アウェーゴール取られて微妙な試合になりましたね。

ガンバのメンバーは、代表招集のヨングォンの所を菅沼に入れ替えただけ、5-0の勢いを大事にしたかったんですかね?
札幌はGKとジェイをアンデルソンロペスに変えてきました。

いきなりアデミウソンが裏抜けして、またGKの頭越しを狙うが今度は枠を外れる。前回もそうでしたが、デュエルとか裏のスペースの管理に札幌は甘さがありますね。

ただ、札幌は前回の敗戦を活かしてました。

前線からプレスをかけてパスコースを絞る、また、ゾーンの間隔も狭めてスペースをあまり使われないように配慮。攻撃時には、アンデルソン・ロペスと荒野が矢島の横のスペースに入ってくる。このスペースを使われると、インサイドハーフの井手口と秋は戻って守備をせざる得ない。

中4日であまり修正の時間のない中でキチンと修正してくるのは流石です。

前回の対戦ではスペースで生き生きしていたアデミウソンですが、当然、マークもきつくなるし警戒されるので、あまり効果的にボールが入らなくなって行った。

前回の対戦は前半はややガンバが優位、後半は猛攻って感じでしたが、この試合は、どちらも得点の匂いはしていた。

後半もほぼ互角の展開で進んでいく

両チームともほぼ同じメンバーで試合しているが、明らかに内容が違う。当然、札幌は負けたので対策を練って来るわけだが、ガンバはその上をいかないといけないのに、何も用意してない。

そして、札幌の誤算、PK献上

しかしながら、ガンバも自滅

失点後、東口が虚しくオフサイドアピールしてましたが、ニアの秋が完全に残っているんですよね。これがこのゾーンディフェンスをぶち壊し。
ガンバは1列で等間隔に並びゾーンを形成するんですが、これが最終ラインでないと、簡単に東口とディフェンスの間に入られてしまうんですよ。
今回、ニアで逸らされた時、秋が残ってなければ最終ラインは高尾で、キムミンテはオフサイドだったんですよね。
まあ、考えてセットプレーの守備をやってない事は丸わかりですね。

アウェーゴールを与えた以上、1-1は負けと同じ、アディショナルタイム5分もあってよかったですね。

とまあ、一応勝ちましたが、アウェーゴール取られているので、実質引き分けといったところか。勝ったのはラッキーが重なったからで、PK、クロスを中に折り返してくれるとか、崩して得点とかカウンターとかで自力ゴールはしてないし。この試合でガンバの褒められる所は最後まで攻めて点を取りに行った姿勢だけで対して中身はない。

札幌も1-0か最悪1-1でアウェーゴールを取って帰れば、この試合は大成功と言えたが、まさかの自爆w

アウェーゴールが有利に働くのは、カップ戦巧者のガンバはよく知ってるはず。2-1で負けても準決勝に進めたのはそのおかげ。
1-0、2-0で勝ててたら優位と言えるんでしょうけど、アウェーで札幌が1-0で勝つのは十分ありえる話。

ガンバの強みと言えば、ルヴァンも含めて6月の長崎戦以降、得点0の試合は無いこと。アウェーゴールを1点でも取れればかなり有利だけど、そこは相手も意識してるやろうし簡単には取れないでしょう。

あと、お互いのチームが2連戦でほぼ同じメンバーで戦ってますからね、その辺りも考えた采配ができるか。

また、HUBで昼間っから酒を飲みながら、楽しみにしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください