J1リーグ中断期間の徒然な話

毎度ご来訪ありがとうございます。

11月の末ということで、ぼちぼち来季のチーム編成が決まってくる頃ですね。ガンバユースから唐山くんの入団も発表されましたし。
大体、どこのチームも10月ぐらいから来季の編成についてチームが動き出すので、既にチームを退団する者が決まっていたり、また、加入についての交渉の最中でしょうか。

何やら、某赤いチームが某ガンバの外国籍選手獲得に動くとか目にしましたが、ソースがどこにも見当たらないんですよねw
検索かけると「浦議」っていうレッズの情報サイトにたどり着きますが、その記事が見当たらない。キャッシュすらない。

おそらく「妄想」か「ガセ」なんでしょうね。

これから、こういった情報がどんどん出てきますが、マスゴミやガセに踊らされず、じっくり公式の発表楽しみにしましょうか。

さて、先週はリーグ戦が無かったですが、木曜にはA代表戦があったり、昨日はU-22代表戦とかJユースカップ決勝とかU-23の試合がありましたね。

A代表については、チラッとみました。試合が見たいのではなく、ユニフォームがどんな感じなのか見たくて。
2次予選の対戦相手国は圧勝して当たり前のチームばかりで、たいして面白くないので見ません。3次予選はたぶん見ます。

で、ユニフォームの感想ですが、デザインがダサいとかは、自分が着る事はないので、どうでもいいんですけど、単純に視認性が悪くね?
そもそも、迷彩ってカモフラージュするための物でしょ?

迷彩(めいさい)は、敵の目を欺くためのカモフラージュ技術の1つで、表面に塗装染色などされた模様である。装備等への塗装による迷彩を迷彩塗装、迷彩が施された服(特に戦闘服)を迷彩服と言う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

味方の視認性が悪くならないかなぁ? あと後ろの背番号も赤じゃ全然見えないし、しかも後ろは迷彩じゃないんだw

アディダスのホームページ見るとコンセプトは「日本晴れ」ですと、いかにも「コンセプトとデザイン重視しました」のコメントしか載ってない訳で、デザインしている人は、サッカーしないんですかね?
一瞬の判断が要求されるサッカーにおいて、味方の位置を確認するための視認性はかなり重要やと思うんですけどね。スポンサーの手前、もし選手がそう思ってても絶対、悪いふうには言わないんでしょうね。

 

昨日、U-22の試合は前半だけ見てました。

メンバーが楽しみなのでどんな物かと見てましたが、あまり面白くなかったので、前半で見るの止めて競馬予想してました。

お陰様で、小点数で仕留める事ができたので満足です。それはさておき

国内で合宿とかしても海外組はあんまり参加できそうにないし、あまり本番まで時間がない中でどうやって熟成させていくんでしょうかね? 本気で勝ち進む気ならオーバーエイジ使わないとダメでしょうね。

あと、昨日にJ3リーグのU-23の試合とJユースカップの決勝が同日に行われましたね。

U-23の試合はダイジェストぐらいしか見ませんが、今のU-23はユースの子が結構メンバーに入ってますよね。で、ユースのタイトル戦が同日にあり、メンバーはどうするのかと思いましたが、ユースの主力はU-23に行って、残りのメンバーでJユースカップ戦う事に。

結果、U-23もJユースカップも負け。

U-23は降格とか何もない強化の為なんでいいですけど、Jユースカップはユースの大事なタイトル戦ですよね?それがU-23に主力メンバーを取られて、ベストメンバーで決勝と戦えないっていうのはどうなんだろうか?

出場していた選手は「主力がいれば・・・」みたいな事は言わないでしょうけどね。

そりゃ、ベストメンバーで勝てる保証はないし、チーム編成上、仕方ないんだけれど、何かチーム事情と言うか、大人の事情で準優勝みたいな感じがして、後味悪いと思ったのは自分だけですかね。

そんな事を思った、日曜の午後でした。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください