vs浦和レッズ(アウェー) 勝ったけど締まらない試合

毎度ご来訪ありがとうございます。

優勝決定戦を地上波で見ながらのDAZN観戦でした。
まあ、マリノスが2点目入れた時点で試合は決まりだったので、それ以上はガンバの試合を集中的に見てましたけど

以前に書いた「独断と偏見の残留争い予想」では、この試合はレッズが勝つと予想しました。
残留を決めたガンバは必ず「緩む」と思ったからです。

結果的にガンバは勝ち、思っていたメンタル的「緩み」は無かったですけど、内容はあまり無かった。

井手口が体調不良でメンバー外、これまでメンバーには入っていたスサエタが外れた、これは、来期の構想外である事を示しているんでしょうね。
レッズも家庭の事情で興梠がいない。まあ、こういう所見ても、いかにも消化試合ですね。
一応、レッズが大量失点して負け他の試合次第ではプレーオフに回る可能性はあったけど、条件がかなり限定的だったし、現実的ではなかったですね。

試合は序盤からガンバペースで試合が進む。
うまくアデミウソンとウイングバックの優位性を使いながら押し込みができていた。

1点目、槙野の雑なパスに感謝かな。
槙野の雑なパスを、長澤がこぼし、小野瀬が反応して三浦に下げる、その間に小野瀬はきちんと前に戻っていたのがいいですね。三浦は前線の秋に当てて、前線に戻った小野瀬が、前線でフリーのアデミウソンがいる縦にパス。アデミウソンはDFと1対1でアデミウソンを追い越したフリーの宇佐美にパス。宇佐美はGKを見ながらコースに流し込んだ。GKとの1対1はアデミウソンよりもパトリックよりも宇佐美が一番上手いですね。

その後もガンバ主導で試合が続いていく、レッズはボール取っても展開が雑なんで、面白いようにガンバボールになっていく。
18分頃、ガンバの決定機、ヤットさんの縦パスに矢島が真ん中で受けて、左サイドの裏を取った藤春に絶妙のスルーパスを出し、藤春が中央のどフリーのアデミウソンに折り返すもアデミウソンは西川の正面に蹴り込み弾いたボールを秋がシュートするもDFに当たり、最後、ゴール前のど真ん中にいた矢島のシュートは大きく枠を外す。

これが入れば、この試合、ほぼ勝敗が決まったのに。

ヤットさんが先発復帰して以降、どのチームもヤットさんの扱いに手を焼きますね。この日も、前半30分までは無双してました

前半35分を過ぎたあたりがからガンバの攻撃が雑になるんですよね。無理に縦を狙って楽しようとしているような感じでそれが全部引っかかって、レッズボールになってる。

後半、レッズは修正があったのでしょうね、ガンバの守備ブロックのスペースを使ってうまく攻めて押し込んで来る。なかなかシュートには至らないけど。
前半から続くガンバの雑な展開やパスは変わらず。

FKの流れで惜しい秋のシュートがあったけど点とれず。取らなければ取られるのがサッカーのセオリー

1失点目、レッズに左右揺さぶられ、マルティノスへの対応が遅れた矢島のファウル。FKについては柏木vs東口で、東口の負け。
スピードもそんなに無かったしコースもそこまで良くないのに、反応が壁越えてからだったので、触るのが精一杯。駆け引きと読みがないからそうなる。日本代表復帰は難しいかもね。

2点目、FKから三浦がフリーでヘッドしたボールがちょうどアデミウソンの足元に収まった。反転してシュートするだけでしたね。おそらく、アデミウソンがスルーしても入っていたのではないだろうか?

三浦はこの日、他のセットプレーの時のフリーになる動きは良かった。一応、練習しているのはわかった。

後半は前半と違って、レッズに主導権を握られる展開。レッズは後半にファブリシオを入れて前線にファブリシオとマルティノスの起点を作ってウイングバックとインサイドハーフとヤットさんの間のスペースをうまく使いだした。それにより、矢島と秋が守備に駆り出され、前線に起点を作る人が減って、ヤットさんのパスを封じ、無効化する事に成功。前半躍動していたヤットさんが手も足もでなくなった。あと5バックが無駄にラインを下げすぎるから、ガンバ陣内でボールを持たれる展開。このあたりは井手口がいないのも効いてる。

ガンバはカウンターでしか攻めれなくなった。その後のパトリック抜け出しカウンターからの小野瀬のシュートも西川の正面。

75分ぐらいからはどちらが点取ってもおかしくないような展開になった。

3点目、三浦のロングフィードがハマりました。福田のトラップの落とし所も見事。ダービーでフリーのシュートをGK真正面に打ってから長かったですねw

シーズン終盤にかけてはスタメンで出れなくなったけど、今年トップには定着しましたからね。そのご褒美でしょう。

2失点目、ヤットさんがいることによる守備不安が出た。
ロングボールが出て杉本が落とした所、寄せないといけないのはヤットさんなんですね。ヤットさんが寄せないから三浦が行かざる得ない。そうすると真ん中ガラ空き、ヨングォンの対応が遅れ、簡単に切り返しされて失点。

正直、ドローが妥当な試合でしたね。ガンバの3点目をもう一回やれと言われてもできないでしょうし、ラッキーパンチが当たっただけ。
最後に失点して、ラッキーがなかったらドローやったし、締まらない試合でした。

この試合、ガンバの得点は、カウンターとセットプレーしかないんですよね。後半、ヤットさんが無効化されてから何もできなかったし。ヤットさんが無効化されてからの策も何もなかったし。

秋が井手口の代わりに出ましたけど、ボールの回収と守備面では井手口に分がありますね。その辺りも影響しました。ガンバが実力的にレッズを上回ったのではなくて、運良くレッズディフェンスの隙をつけただけ。失点しなかったのはレッズの決定力不足に助けられた。興梠がいたらもっと僅差の試合になってたかもしれませんね。

試合終了後、レッズの代表の挨拶があった。

湘南戦からヤットさん先発布陣で、下位チームには大崩はしないチームは作れた。おかげで何とか7位でフィニッシュできましたけど。
しかし、上を目指すのであれば物足りない。それを確認できた試合でした。

で、宮本解任を訴えてた方々はこの結果に何を思うのでしょうね? 

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください