vs 名古屋グランパス(アウェー) ダービーよりマシになった分の勝ち点1

毎度ご来訪ありがとうございます。

水曜日は、各地、雨で川が氾濫してましたが

普通に19時キックオフと思ってました。

中3日、前節試合には負けたので反省はしただろうけど、それを踏まえてどれだけ修正してどれだけ落とし込みができたか?
その3日間は大阪も雨が結構降ってたし、練習はできたのだろうか?
試合に出たメンバーはある程度、試合勘は戻ったかもしれないが、これからの過密日程で
ターンオーバーしていくだろうから、試合に出てないメンバーはどうなのか?

そんなネガティブな事を思いながら、スタメンを確認

ヤット大先生はベンチで、井手口先発、なるほど
福田?U-23出てたやん、中2日? まあ45分しか出てないけど
小野?目大丈夫なん?眼底骨折じゃないの?
3バックで高尾?対人守備は良くなった?

この過密日程、毎試合こんな感じでスタメンは楽しめるかもしれない。

さて、試合ですが
ダービーの時より、全体的に連動した動きがあったり、意識は見えました。
その少しチームが向上した分で拾えた勝ち点1と思いました。

序盤の入りはお互い慎重
そんな中でラッキーパンチが当たる。

1点目、宇佐美のFKがゴールに向かい、相手DFをかすりバーに当たって、高尾にこぼれる
高尾がシュートを打つがぼてぼてのボールが三浦の足元に収まり
三浦がゴールに叩き込んだ。

宇佐美に「もう一度DFに当てて、バーにボールを当ててみろ」って言ってもできないやろうし
そのリフレクションが高尾に転がるかも分からない。偶然の重なったラッキーな得点
実況の人が「リフレクションに守備側が反応できなかった」と言っていたが

先制したら今度は守備
どんなもんかなぁと思っていたら、DFラインと2列目のラインをそろえて対応している。
ダービーの時には見れなかった守備、ボールが横に回されたらスライドして対応
一応、進歩したか

しかしながら

デュエルで負けるから「安心できんなぁ」と思ってたら

1失点目、起点は小野の不用意なファウル
FKがゴール前に上がり、アデミウソンのヘッドのクリアは上に上がった。
相手がキックした所、ヨングォンの体を張ったディフェンスでまた上に上がり
三浦がクリアするも相手に渡してしまい、マテウスにつながれ終わり。

この失点に関しての責任は

60% クリアミスした三浦
20% 不用意なファウルした小野
20% 打ちあがったボールをボーっと見てて反応が遅れたヨングォンと小野

こんな感じかな
ヘディングのクリアは左サイドの人がいないとこにすべき、三浦は周りが見えてない。

ちょっと勿体ない失点。

その後、それなりにポゼッションはするものの
相手ディフェンスラインをブレイクできなくて、バックパスありきのチンタラした攻撃
20分頃、左サイドkら切れ込んだ福田がシュートするも

福田が中途半端なバックパスをして相手に奪われピンチを招くもなんとか凌ぐ

守備に関しては上記したようにデュエルで負けてピンチを作っていて危ないなぁと思ってたら

2失点目、起点は東口のキックミス
小野がタッチを割らないように体を呈して残したボールを相手DFに回収され、縦パス1本でマテウスへ
東口がキックしているのでDFラインは上げてたしすべての対応が後手
真ん中にいた金崎にパスするも奥のシャビエルに流し、パスを受けたシャビエルが反転
高尾のディフェンスを掻い潜りシュート、一度は東口に当てるも、跳ね返りを押し込む

まあそれよりも、この失点の責任の半分は東口にあるんじゃないかと
ダービーも東口のキックの精度が悪くて起点になり失点してるし
失点するまでにDFで対応のしようはあるけどちょっと、不用意すぎるわ。

前半終了

ダービーの時のガンバの攻撃のグダグダ感を見てたら1点以上取れる気がしなかったけど
グランパスのディフェンスもそこまで良いとは思えなかった。

しかしながら、攻撃がかみ合わない

61分、前線FW、3枚代え
宇佐美は去年ドイツから戻ってきたときみたいに全くキレがないね

これは前半の個人スタッツとヒートマップやけど、ペナの中に入ってないやん。
ゴール前に宇佐美がいなかったら前線怖くないし、走行距離も少ない。

交代後、すぐに放った千真のシュートはGKに止められる。

71分 大先生投入

ここでガンバは4バックになりましたね。4-4-2にフォーメーション変更

大先生のパスを受けたパトリックが千真に流しシュート
千真は動きがいい、というか、コンディションに浮き沈みがあんまりないよね。この辺りはベテランの味。
この日は積極的にシュート打ってましたし、たぶん今は宇佐美よりコンディションは良いと思う。

4バックの両サイドが高尾と福田の若手、何とか耐えたけど対人守備で負けててしんどい

三浦が足をつり、しばらく続けていたけど、山本と交代、再び3バックに

そして、パワープレーと言うか、パトリック何とかしてくれサッカーが始まる。
もう、後ろで回しているときから、パトリックがいいポジションを取るのを待ってたからねw

そして

2点目、福田のロングフィートをパトリックが折り返し、千真がゴール

まあ、これももう一度やれって言われても難しいと思うけど、5回で1回成功の確率で、その1回目が最初に来たような感じw

選手交代が多くて前後半でガラッと変わってしまう状況やけど
トータルで見てもと守備が弱い、ダービーも2失点、この日も2失点

個々がデュエルで負けすぎ、ボールが取れないから、いらんファウルも多い
この辺りはコンディションが上がると少しは改善すると思うがいつになる事やら

サイドが福田と高尾なので仕方ない所ではあるけど
デュエルで負けるとセンターバックも頼りないし、3バックにしろ、4バックにしろ
しばらくは失点は減らんかなって感じ

攻撃に関しては、水物の2得点で再現性は低いけど、戦術パトリックしか今のガンバには武器はない
それで、点取れたらいいけど、当然、対戦してくるチームはパトリックを警戒してくるし
パトリックも常に真面目にミッションをこなそうとするけど出来、不出来の差が激しい。

前回のエントリーでも書いたけど、しばらくはこんな勝ちきれない試合が続くと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください