vs 清水エスパルス(アウェー) 清水が自滅して得た勝ち点3

毎度ご来訪ありがとうございます。

毎年、清水遠征は楽しみにしてたんですけど、今年は仕方ないですね。

試合前

清水はホームですし、何とかしたいと思いが強いでしょう。前節、ドローで満足してるようでは足元をすくわれかねないなと。

まずはスタメンから
藤春がスタメン復帰、名古屋戦、ベンチにも入ってないからちょっと心配しましたが、ただのターンオーバーだったんですね。まあ、試合にフル出場したら驚異的な走行距離を叩き出しますから、この試合は休養十分で走り回ってもらいたい。
ヤットさんも名古屋戦ベンチだったのでスタメンもあるかなぁと思ったが、ベンチスタートでボランチは井手口か

スタメン見ると、普通に3バックだろうなと思ったけど、4バックで、井手口と矢島のダブルボランチでしたね。DAZNの予想フォーメーションでは左のインサイドハーフは矢島でしたが、蓋をあけてみると左サイドハーフに秋でした。

さて、試合ですが
内容的には1-1か2-2のドローが妥当でしたね。

最初こそ、CKを取ってきて勢いがあったけど、開始3分過ぎてからエスパルスに持たれて押し込まれるようになってきた。

高尾はエスパルスに穴認定されたんでしょうかねw 清水の左がファン ソッコとカルリーニョス ジュニオがいるからってのもあるでしょうけど。

相手ミスでカウンターでチャンスを作るもチャンスをつぶす、何故なら

コンディションが上がって来ない者同士で、全然合わない。チャンスを作ったとしても大体、相手ミスからなんですよね。

まず、全然、前線のFWから連動したプレスがが掛からないから、簡単に縦パスが通るんですよね。あと、2列目と最終ラインの距離感がおかしいので、そこでボール持たれたり回されたりするし。その縦パスに対応ができないからすぐにスペースやギャップができて押し込まれる。
全体でもっとプレスの練習をすべきですね。

正直、前半に高尾サイドが決壊するのも時間の問題かなぁと思ったけど、相手のミスと東口に救われる。

アデミウソンのペナ前、左からの右足で巻いたシュートが入ったと思ったけど、清水のGKに止められた。

32分、小野瀬が相手ミスでカットしたボールをアデミウソンに預けるとか、他に選択肢があった中でバックパスした。バックパスを受けた三浦のトラップが大きくなり、カルリーニョス ジュニオに取られそうになって慌てて行ったタックルがもろに相手の足に入った。しょーもないカードの貰い方やし、相手FKを与えるし、幸い失点しなかったけど、不用意やわ。

正直、ガンバが点を取るよりも、失点するほうが早いと思ってましたが・・・

1点目、最終ラインでのボール回しで清水のプレスを掻い潜って、清水の選手同士を間延びさせる事に成功、ヨングォンの縦パスを左サイドに流れながら宇佐美が受けた。この時良かったのが、宇佐美が受ける前に、既に藤春が宇佐美がボールを受ける事を見越して、宇佐美が流れて空いたスペースに走りこんでいるんですよね。それに藤春に付いてた清水の選手は付いて行けてなかった、ここは素晴らしい判断。宇佐美も藤春の動きを見て、相手DFを引き付けてスペースにパス、これにより3対2の圧倒的有利な状況になり、清水DFが内に絞ったので藤春はそれを見てDFの付いてないアデミウソンにパス、アデミウソンはダイレクトで中にいた小野瀬に渡し、小野瀬は流し込むだけ。これは7割方藤春の得点と言ってもいいのでは?藤春の動きは本当に良かった。

あれだけ清水が攻めてたのにあっさり1点返した。ほんま、サッカーってわからんもんやわw

ハーフタイム

ポゼッション、パス、シュート数で負けてる。前半、点は取ったけど内容は良くない事を表してますよね。
こんなんで「GAMBAIZM」とか言ってて恥ずかしくないんかな?逆にこれでも点取ってリードしてるって事は、ポゼッションで圧倒する必要もない事を示してますよね

後半、宇佐美が下がって中盤で作り出しましたね。これは指示があったんでしょうか?
あと、小野瀬が高めのポジションを取るようになった。それに清水はついて行けてなくて、ボールは保持できるようになったけど、フィニッシュにいけなかったり言ってもシュートを外す。

清水のCKでフリーでドンピシャに合わせられ「やられた」と思ったら味方に当てて助かるしw

宇佐美が右サイドをドリブルで持ち上がりシュート打つもGK正面、やっぱりキレがない。

59分頃、ヨングォンが謎のドリブルで持ち上がり相手のチャージでボールを取られ大ピンチ、カルリーニョス ジュニオの強烈なシュートを東口が止め、こぼれ球、ゴールに押し込むだけのボールを金子が外してくれた。

この試合本当にミス絡みのピンチ多いし、清水の自滅で助かってる。

60分過ぎに小野投入、目の青たんが痛々しい

その小野がドリブルで持ち込みミドルレンジからシュート、枠内を捉えたがGKに防がれる

72分頃、縦のスルーパスに反応した金子を藤春が突き飛ばすが主審家本の笛ならず。

これはラッキー、主審家本に感謝やで

70分過ぎ、お約束の前線2枚代えを慣行、パトリックと千真の2トップに

後半、オープンな展開になりつつも、ゴール前に多くボールを送っていたのは清水のほう

80分頃、ヤット大先生投入、10分でも出場記録は更新されますからね

この時間帯になってくると、もう、前からのプレスとかじゃなくて、いかに最終ラインが耐えれるかですよね。この試合、CKも含めてサイドから上がるボールに対してガンバの最終ラインが競り負ける事も多かったんですよね。

そして・・・

1失点目、起点はやっぱりボールを取り切れない小野瀬の不用意なファウルからなんですよね。
で、ガンバがチンタラしてる間に、素早くリスタートされて、中村をフリーのままヤット大先生がチンタラ距離を開けて追い、簡単にクロスを上げられ、相変わらずのザルゾーンディフェンスでボールウォッチャーどもはマークもつかずに簡単にヘディングを許してしまう。

このラインを揃えただけのザルゾーンで去年も一昨年も失点しまくってたのをもう忘れたのか?

2点目、スローインで清水の選手交代があり、清水の選手の集中が切れてたのはラッキーだった。
左サイドで小野が受け、藤春が小野を追い越しスルーパス、藤春が中に折り返し千真が受けると、相手DFとの間合いを取りながら中央に行き、十分自分のシュートできるポジションに行って冷静に逆サイドに流し込んだ。

前節のエントリーにも以下のように書きました。
千真は動きがいい、というか、コンディションに浮き沈みがあんまりないよね。この辺りはベテランの味。
この日は積極的にシュート打ってましたし、たぶん今は宇佐美よりコンディションは良いと思う。

この試合の勝因は清水の自滅です。ゴール前でチャンスを多く作っていたのは清水のほうやったし、たぶん、清水に以前いた北川とかドウグラスみたいなのがいれば、結果が違っていたでしょう。

清水には決定的な仕事をできるストライカーがいなかったけど、ガンバには様々なチームを渡り歩き経験を積んだ、ずっとJ1の第1線にいる、今絶好調のベテランがいた。

この試合は千真に救われました。

相変わらず、守備はいつ失点してもおかしくないようなミスするし、ザルゾーンは健在。守備が足を引っ張って勝ちきれない試合が続くのは目に見えてます。
今のままでは、勝ち点積み上げるのに苦労するでしょうね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください