vs 川崎フロンターレ(ホーム) 得点差以上に感じた実力差

毎度ご来訪ありがとうございます。

関西は梅雨が明けました。
とは言っても、今の感染者数を見てると、どこにも行きたくなくなりますね。
スタジアムに行くのもまだ先になりそう。

まずは、スタメン見て一言

神戸戦から間隔があったので大きなターンオーバーはなく、福田が小野瀬に代わった。試合勘や体力的な所は大丈夫なのか?
一応、これが怪我人を除くガンバのベストメンバーでしょう。

昌子がベンチ入り、ひとまず出場できるレベルまでは来たんだね、後は試合勘

昌子の選手紹介時のキャッチコピーはどういう意味なんでしょうかw

さて、試合ですが
今まで対戦したチームとはレベルが全く違った。得点差こそ1点差やけど、内容やチーム全体の事を見ると、ガンバの力不足でした。

ここ最近同様、試合開始から積極的に相手陣内で仕掛けていきます。

東口のキックから競り合いに勝ち、ハーフカウンターの場面で右の小野瀬に展開、クロス等色々な選択肢がある中で小野瀬が雑なミドルシュートを打ち大きく右に外れる。打つなら最悪枠に入れないと、そんなしょーもないシュート打つならクロスを入れてくれ。

その後も、いいディフェンスからハーフカウンターでアーリークロスに千真が合わせるも枠を捉えず。

小野瀬がいる時はやはり右サイドの攻撃が活性化しますね。小野瀬がいない時は左に偏っていたけど、この試合は攻撃が両サイド万遍なく攻める感じ。
相手のサイドチェンジミスって小野瀬がシュート打ったのも惜しかったですね。あんなラッキーボール、滅多にないよw
この試合見てると、小野瀬はキックの調子が本調子ではないと見えた。

給水タイムまでは川崎は様子見感が強くて、ペースを上げて来ない。カウンターとかで余計な体力を使わないようにしているとも思えた。とりあえず、ガンバの攻撃を受けて、マイボールにしてからどうやってつなぐかとか、セーフティにクリアとかで考えてる感じ。
ガンバの攻撃がうまく行っているように見えたのは、持たされていたし、川崎も無理して攻める事はしなかったから

給水タイムが終わって、川崎が攻守にスイッチを入れた。
左右の揺さぶりから旗手が小野瀬の裏を取り中に折り返して真ん中でシュートを打たれるがガンバがブロック。その後から、自陣に撤退する感じでなく、前線でプレスを掛けてくるようになった。ディフェンスラインも明らかに高くなったし、サイド攻撃に拍車がかかった。

川崎はガンバボールになっても、一度撤退する感じではなく、プレスを掛けながら戻りますね。
もう、前半25分辺りから川崎が流れを持って行って試合を支配していた。

序盤様子見て、途中からスイッチ入れるとか、試合をコントロールてきる余裕ね。

まあ、しかし川崎は流動的に動いて、ガンバの守備の間に入って行くのが上手いね。人もボールも動くから、2列目のプレスが簡単に無効化されて、最終ラインの人海戦術で何とか乗り越える感じ。防戦一方

何とか球際で勝って、カウンターから宇佐美がシュートするまで行ったけど入らず。前半終了。

後半始まり、川崎の攻撃をオフサイドで耐えた後、三浦の縦パスを起点に宇佐美がシュートまで持っていったけど、角度がなくGK正面

その後、攻められて、東口のキックミスを拾われてつながれ、シュート打たれるも東口がセーブ。この日の東口はキックの精度が最悪でした。

ワンチャンスを物にできるかどうかと思ってたけど、先に物にされたw

1失点目、起点は三浦の千真を狙ったロングフィードから。ディフェンスが押し上げてなく、セカンドボールを拾える体制でもないのに蹴る必要はあったのだろうか?
押し上げてないからガンバの2列目はフォローできず、セカンドボールを簡単に拾われて、井手口がボールホルダーに行くか大島付くか迷っている一瞬のスキを見逃さず縦パスを大島に通され、大島はバイタルでフリー、左の三苫に預け、三苫が高尾、小野瀬、三浦の3人を釣って、フリーの大島に戻し、ダイレクトでシュート。大島に付くべきは井手口でしたね。しかも戻った井手口が東口のブラインドになるっていう、クソみたいな状況。「まずは最終ラインまで撤退」のクソディフェンスで、最終ライン前のフリーに何度もやられてるのに懲りないねw

いつ決壊してもおかしくないディフェンスですからね。

その後は、ガンバがサイドを押し上げて、川崎を押し込む展開になった。でも、これは不利なんですよね、ガンバはポゼッションでほぼ崩せないから。
ガンバの攻撃を見てると、ガンバの左右の揺さぶりが足りないから、逆サイドで誰かフリーになるとかもないし、第一パスのスピード感が足りないから、すぐパスコース消されるし、フリーでボールを受けれない。

ショートコーナーから小林に合わされ、バー直撃で事なきを得る。

矢島から小野にいいパスが入ったのに簡単に小野がロストして相手ボールになる。矢島はその後も、左に流れた宇佐美に好パスを出すなど、守備に関しては微妙だったけど、最終ラインからの攻撃のつなぎとか、間に顔を出して、パスを受けてビルドアップしたりなど、組み立てや攻撃のパスは冴えまくっていた。

小野OUT、秋IN この試合、小野は目立ってなかったから仕方なしの交代

千真下げてヤット大先生、矢島に代えて、福田。あれ?FWは? 宇佐美1人? 秋と2TOP?

宇佐美1トップの秋と小野瀬がインサイドハーフか?

大先生はボランチかと思いきやトップ下のフリーマンで、自由に動き回るw 案の定、井手口ワンボランチじゃ受けきれず、守備はドタバタ、ヤット大先生は守備は免除されてるようで、代わりに秋がボランチに位置に下がる。
大先生が下がってきたと思ったら、相手にパスしたり、攻撃の大事な所で取られて田中碧にシュートを打たれる起点になったりと役に立たずw

疲れからか、ボールへの反応は川崎の選手のほうが早い。

小野瀬に代えてパトリックを投入、そして、秋がボランチに落ちた。その後もそれなりボールは保持できたけど、川崎を崩せず。試合終了

いやー、後半の大先生の空回りっぷりが痛々しかった。

矢島を下げた事による采配の非難をSNSで多く見ましたが、結局、矢島がいた時間に点取れなかったですし、その後も取れた保証はないし、どうせ、矢島がガス欠でヘロヘロになって守備に穴開けて失点したら、「なんで代えなかったんだ」で批判するでしょうにw

大先生をボランチにしたら、まだマシだったかもしれませんが・・・
試合後の監督のインタビューによると
『ヤット(遠藤)が前で自由に動くことでよりスムーズにボールを動かしたいというところもイメージして、あそこで起用したところはあります。』
らしいが、これ、ピッチでやってる選手はみんな分かってたんだろうかw

まず、この過密日程を乗り切るにあたり、選手交代ってのは必須で、3人は交代して回していくのはどのチームも当たり前にやってる事。
冒頭の「メンバー見て一言」の時に書いたように、今日のスタメンが現ガンバのベストメンバーであり、その後のベンチメンバーは、試合の流れを変えたり、スーパーサブ的なメンバーって残念ながらいなくて、ガンバ的には戦力としては落ちるんですよ。
パトリックも結局、役に立ったのは名古屋戦のアシストだけで点も取れてないでしょ?

この試合でガンバに全くチャンスが無かった訳ではないけど、取るべき人が取れなかったのは、力不足やし、現状、ガンバの選手交代は、先発メンバーと同等かそれ以下にしかならない戦力、いわゆるチームとしても力不足。

ヤット大先生をフリーマンで使ってしまい、その使い方をピッチの選手が理解していないという指導不足

あまり考えずに、ロングフィードをしてしまう、相手1人に3人ディフェンスが釣られてしまう等の判断力不足

総合すると、ただの力不足です。川崎は「簡単に勝てた」と思ってるんじゃないでしょうか?

神戸戦のエントリーでは
『一応、ガンバは弱くないのは分かった』と書きました。でも強くないんですよ、まだまだ力不足。

川崎との勝ち点差は6と開きましたけど、自分としては

です。

大分戦のエントリーで以下のように書きました
「まだ、チームは発展途上ですね。どこまで良化できるか?
毎試合失点はしてるし、ディフェンスには安定感なし、攻撃に関しては、ラッキーとか何だかんだで点取ってくるのはある意味凄いですけど。
ほんま、川崎とか見てると勝てる気しないですよw」

今まで対戦したチームの中では別格にうまかった。
個々1人1人が球際強いし、パスとトラップも正確、んでもって良く動くしシュートも枠に飛んでくる。川崎の試合運びはソツがなかったし、終始余裕を感じました。

そりゃ7連勝するわ。今回のエントリーは、ほぼ川崎を褒めるエントリーになりましたねw
それだけ川崎がインパクトを残したって事です。

次、ガンバが川崎と対戦する時は実力が詰まっているでしょうかね?

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください