vs 横浜FC(ホーム) 素直に喜べない勝ち

毎度ご来訪ありがとうございます。

中2日のキツい日程。ルヴァンではある程度先発はメンバーを落としたものの、井手口はフルだったのでその辺りの反動はどうか?

まだ、順位云々を言うのは時期尚早かもしれませんが、相手は下位チーム。
首位の川崎は、アウェーで横浜FCに5-1で勝ちました。ガンバには「5点取れ」とは言いませんが、2-0、3-0ぐらいの格の違いを見せれたら、今後、楽しみになるかな。

スタメンを見て一言

まさか昌子スタメンとは思ってなかった。昌子と三浦を3バックで共存させるにはどちらがセンターかと思ってましたが、昌子でした。
高尾が連チャンだったので、休ませるのも一つでしょう。昌子を試すには、ちょうど良い相手かもしれませんね。
アデミウソンが復帰は朗報ですね、FWもローテーション的にはきつかったので。

さて、試合ですが

試合はご飯を食べてたり他の事をしながらDAZNで経過を追っていたので、ツイートは控えめです。
なので、後からもう一度DAZN見直しました。

序盤はいつも通り、前に出ていく。その姿勢は良いとは思いますが、得点につながらないんですよね。今まででつながったのは名古屋戦のラッキーなFK崩れの得点だけですね。

この日も良い連携でサイドのFKのチャンスを得て、こぼれ球に矢島がシュートしますが、枠外す。

ガンバが主導権を握り、ボールを持つ展開。そしていつも通り、崩せない。
横浜はある程度受ける感じで、自陣半分までボールが入って来ないと寄せて来ない。前からプレスかける感じではなくディフェンスラインと2列目を密集させて守る。
このディフェンスにガンバ手こずる。

ガンバも藤春や小野瀬など使ってサイドからも崩そうとするも、中にいる人数が少ないし折り返せても合わない。宇佐美が下がってボールを受けるからでもあるけど。
あとサイドチェンジもするけどスピード感が無いし、そこからの展開をあまり考えてないというか用意できてないですよね。

守備に関しては、横浜の攻撃ターンが数える程しかないので、評価は難しい。

アーリークロスを放り込んでも合わず。ただ、ラッキーで事態が好転する。

1点目、相手攻撃ターンをしっかりディフェンスしてからのマイボールにしてガンバの攻撃にした展開は良かったと思います。
それまで、横浜はしっかり2列ディフェンスで対応できていたのに、奇麗にバイタルが開いてましたね。
普通ならアデミウソンに当たって外れるパターンなんですけどラッキーだった。アデミウソンが小野瀬からのパスも選択肢に入ってて動かなかったのも要因ですね。
小野瀬のミドルシュートを狙う意識が高いのはいいけど、やっぱりキックはまだ本調子でないと思います。

カウンターで横浜にシュート打たれるシーンもあったけど無難に前半終了。

後半、ガンバがペナ前でボールをこねて、崩せなくて取られ、カウンターになりそうな所を、小野瀬が背後から足を引っかけてイエローをもらう。いらんファウルかなぁ

52分頃、横浜にサイドらクロスを入れられて1人フリーの状態で合わされるもボールを捉えられないでエンドラインを割る。

56分頃も簡単に縦パスを入れられて、ガンバの左サイドでフリーがいてシュート性のパスをゴール前に蹴られてる。

連戦の疲れか、ディフェンスラインに緩みとほころびを感じるなぁと思ったら。

1失点目、藤春のミスと言ってしまえば、それまでなんですけど、後半に何度かバイタルにパスを入れられてチャンスを作られてたし、松浦への対応が曖昧だったんですよね。2列目のディフェンスが緩んでたし、ヨングォンもフォローが欲しかったですね。いつも足元が下手なりにセーフティを心がけてる藤春の珍しいミスですね。

こうなると、取りに行くしかない訳で、少し押し込まれ気味だったけど、ギアを上げて取りに行って点を取れるチームかといえばガンバはそうでもなくてもたつくんですよね。

お約束のパトリックと秋を投入しますが、テンポは上がらない。逆にお疲れで、守備が後手に回り、あわやのヘディングシュートを浴びる。

皆川に縦パスが入りシュートを打たれるもオフサイド、これも紙一重。
ここから横浜もレドミとかフレッシュな選手を入れて攻勢に出る。まあ、いつやられてもおかしくない状態。
ガンバが前に出て攻めるという事は、カウンターのチャンスも与える事になり、オープンな展開になった。

アーリークロスからのパトリックのヘッドがあったがオフサイド。

パトリックはラインズマンにオンサイドをアピールしてたけど、DAZNのカメラアングルでもクロスを上げた瞬間に出てたのはわかった。

もうこの辺りになると消耗戦、どう転んでもおかしくない。

2点目

横浜のCKのマークがルーズってのもあるけど、あれはGKの守備範囲でキャッチかパンチに出て来ないといけない、南も落ちたな。ラッキーでした。

正直、もっと余裕を持って勝てると思ってたけど、意外と苦戦しました。横浜はシンプルでいい攻めしてきますね。ただ、失点シーンとか所々、J2を思わすようなシーンとかあって、そこはガンバが見逃さなかったってとこでしょうか。

試合見てると、やっぱりガンバは「弱くないけど強くもない」って感じですね。

選手交代で流れを持って来れないし、先発も勢いを持って攻めるけど空回りしている感じ。

たまたま、川崎と横浜FCの試合を見たんですけど、川崎は横浜相手に、前半に同点に持ってかれたけど、後半にPKも含めて4点取って圧倒したんですよね。
「こういうチームが優勝するんだろうな」って思いました。

セレッソ、名古屋との試合後、「たぶん勝ちきれない試合が続くんだろうな」と思ってたけど、予想に反して勝ちきる試合が多かった。
でも、完勝、圧勝はなくてギリギリの試合ばかり。

「ギリギリ勝つ、負け試合をギリギリ引き分ける」は、いつ「ギリギリ負ける、勝ち試合をギリギリ引き分ける」になってもおかしくない。

セレッソ、名古屋の試合後、ガンバはチームとして良くなったけど、大分戦以降はチームとして「平行線」であまり進歩が見えない。
まだ、リーグの1/3も終わってないけど、全チームと当たって1巡して後半戦に入った時、このままだと苦しむような気がします。

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください