vs 鹿島アントラーズ(ホーム) 鹿島の自滅で得た勝ち

毎度ご来訪ありがとうございます。

リアルタイムでは見れなかったので、後で見ました。

今回も雑感で

鹿島にシュートまで持っていかれる事が多かった。ディフェンス云々と言うよりは、攻撃の形ができてなくて中途半端な所で取られて、持っていかれる事が多かったですね。
そこでも失点しなかったのは守備陣の頑張りと相手がGK正面とか外してくれる運があったと思う。

ガンバが相手陣内に入っても、とりあえず手数が多い。
右サイドにボールを持って行って山本や井手口に下げて左サイドに展開しなおしているうちに、相手はブロックを作る。そうなると余計に攻撃に手こずる。

やっと左サイドで藤春が絡んで、崩せて、宇佐美がいい形でボールを収めて打つもほぼGK正面。今シーズンの宇佐美には決定力が欠けてる。
鹿島ディフェンスは戻りが早いよね。あと、パトリックの良さを出させないように、うまく最終ラインをコントロールしてた。

ディフェンスのしょーもないミスでボールカットされシュートに持ってかれるも相手が外してくれた。
ガンバにミスも出だしたし、流れが悪い。

前半は明らかに劣勢。
シンプルに攻めて攻撃を完結しようとしてるし、枠内にはシュート飛ばしてくる鹿島に対し、ガンバはこねくり過ぎて、フィニッシュに行くまでに取られる事が多い。

後半も中途半端な仕掛けで攻撃を完結できなくて、縦パス1本のカウンターでGKと1対1になるも、東口に救われる。

鹿島の運動量が落ちてきた中で、無類のスタミナを誇る、秋、井手口が徐々に効いてきて、ガンバがボールを持てる時間が増えた。
後で、トラッキングデータ見ましたけど、山本も良く走れてますね。

膠着状態で進んでいたが、小野瀬の絶妙なチップキックでパトリックの裏抜けが決まりGKと1対1、タックルで足刈られてますからね。PKで妥当でしょう。
まあ、無難に決めましたけど相変わらず、ガンバの他の選手の詰めが遅いですね。

鹿島は、少し勢いがなくなったものの、相変わらず少ない手数でうまく攻めてきてチャンスをつくりガンバゴールを脅かす。

お約束のFW2枚代えがあるも、追加点を狙いに行く感じでなくズルズル時間が過ぎ、ガンバが鹿島りクロージングに入った。
鹿島スタジアムでの前回の対戦では内田引退ブーストもあり鹿島に終盤追いつかれてしまったが、今回はそのブーストも無いので勢いはなかった。

そして、アディショナルタイム、鹿島の集中が切れた所でアデミウソンの個人技が光り、右サイドを突破して千真が難なくゴールを決めた。

ガンバが良かったと言うよりは鹿島が決めるべき時に決めきれなかった自滅で、点差程の実力差はなかった。

この試合が始まる前までも、鹿島とガンバの勝ち点差は1しかなかったし、この試合後の順位も消化試合数の違いはあれど4位から12位までも勝ち点差7しかない。

広島戦からの上積みは無かったですね。良かったのは結果だけ。相変わらず、自分達で流れを持ってきたりだとか展開を変えられず、運と相手の自爆で勝ててる。

まあ、結果的にフォーメーションを変え、三浦がいなくなりパトリックが先発で出るようになって、連勝が続いているのはいいことやし、采配的には合ってると思いますけど、パトリックは前にも書きましたが五分五分の選手シュートが入らない時は入らない。ディフェンスもいつ決壊してもおかしくない。
昌子が出場してて、無失点は久しぶりじゃないですかね。東口の貢献が大きいですけど・・・

中断明けの連勝の時と同じ感じで、上位のチームと対戦した時の壁は、超えれないような気がします。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください