vs 横浜FC(アウェー)  勝って当たり前、もたつき過ぎ

毎度ご来訪ありがとうございます。

早速、スタメンを見て一言

中9日で怪我人等がどこまで帰ってくるかと思ったけど、ヨングォンがベンチに入ったぐらい。
福田が累積でサイドは川崎かとおもいきや、奥野をボランチに入れてきて、矢島がサイドだったのは驚いた。

試合ですが、ガンバは美味しいとこ持っていっただけの試合でした。

1点目、伊野波のフィードミスを拾って攻撃につなげたのは良かった。
秋がカットして山本が回収し前のパトリックへ当てる。パトリックが千真へパス、千真がダイレクトで中の秋に返し、DFを引き付けてパトリックへパスするが合わなかったが流れた所に走りこんだ矢島がシュート、こぼれ球が相手DFとパトリックに当たりゴールに向かって転がった所に秋が押し込んだ。

秋の前にこぼれ球が来るとかラッキー要素が多い得点ではあるけど、秋や矢島の前に走りこむ意識は良かったと思います。特に矢島はパトリックの足元に収まっていたら無駄走りだったはず。そういう意識はいいですね。

しばらくは、ガンバの前線のプレスが効いていて横浜は攻撃の形が作れなかった。
そうやって相手がもたついている間にガンバが攻撃を仕掛けて追加点とか取れたらいいんですけどそれができないんですよね。

ずっとハイプレスが続く訳がなく15分過ぎたあたりから横浜がボールを持てるようになってきた。

横浜FCは、カウンターにしろ、ポゼッションからの攻撃にしろ、大事な所でミスが多すぎ。

「こんな相手にもたついているなぁ」というのが正直な所、でもガンバはペースアップしたりできないんですよね。でも、これに付き合いながらも失点しないのが不思議やし、今シーズンはずっとこんな感じやけど。

前半終了間際に際どいシュート打たれるも東口の好セーブで防ぐ。これもいつもの事。また東口はDAZNのベストセーブに入りますね。

後半も前半の続きのような展開、どちらかと言うと相手にボールを待たれている時間が長い。

退屈な試合ですなw

攻撃時に千真に当てても収まらなくなってきた。

2点目、これも相手ミスからのハーフカウンター
手塚のトラップが流れた所を矢島がボールを回収、パトリックに預けて、パトリックが千真に流すも、千真の足元に収まらず流れたボールを秋がかっさらい前へ出てシュートGKに弾かれた所、千真が回収し、DFをキックフェイントでかわしてシュート打つもまたGKに弾かれるが、パトリックの前にころがり押し込んだ。

またもやラッキーゴール。

後は、若手投入して時間稼いで試合終了。

2点ともラッキーゴールやけど、そこまで行く過程の意識は良かったと思います。特に秋と矢島。小野瀬がいないサイドはこの2人で何とか持っている感じですね。
また、プレスもサイドハーフが前線にかけに行くのも、そんなに長くはできないけど続けてる事はいいことだと思います。

まあ、しかし試合の中身は、この程度の相手にもたつき過ぎ。

天皇杯の権利を得ましたけど、決勝で戦う事になるであろう川崎は横浜FC相手に

アウェー 1-5
ホーム 3-2

ですからね。

少し、プレスとか前への意識は良くなっているいると感じるけど、もう終盤やし、今更感。それでも試合内容は変わり映えしない。

次はホームで最終戦、寒い中現地に行くので、勝つのは当たり前、相手が相手なので、中身も伴った勝ちで今シーズンのリーグ戦を締めくくってもらいたい。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください