ゼロックススーパーカップ2021 雑感

毎度ご来訪ありがとうございます。

はい、今年最初の感想は雑感で

正直、「3-0ぐらいで負けるんかな」と思ってましたが、善戦したというか見ごたえがありました。

前半はどうしても、試合勘の無さとか、立ち上がりもっさり感はいつも通りで、距離感も悪くてパスが繋げないし、セカンドボールも拾えないし、川崎にいいようにやられてて、「やっぱりか」って感じでした。

後半、修正して、距離感が良くなり強気にサイドを上げると、いい形で ボールが回り始めて、試合の流れを掴み、得点という結果を出したのは良かった。

ハンドでPKを得たのはただのラッキーだけど、内容的にはドローが妥当でした。

ただ、試合が壊れなかったのは、やっぱり東口のおかげ。ガンバの敗因は三浦が相変わらずポンコツだった事。

まあ、あり得ないですわ。

1失点目、ボールホルダーの田中に三浦がヘルプに行ってもボールを取れなくて、あっさり縦に出され、三浦が抜けてぽっかりあいたスペースを堂々と三苫抜けられTHE END
右サイドが不慣れな小野瀬だったし仕方ない所はあるが、それでもCBのヘルプは最後の手段なので、ファウルしてでも止めるべきなんじゃないの? 

2失点目、三浦のボールウォッチャーぶりが酷い、間抜けにオフサイドアピールしてますけど、お前がおるから三苫はオフサイドにならんかったんや。三苫をオフサイドにするか、三苫につくとかもっとできることがあったはず。

3失点目は、ガンバ全体がなぜか腰を引いてボランチやディフェンスの距離感がおかしかったのが問題。三浦は最初は小林を見てたけど、遠野に縦パスが入った瞬間、遠野のドリブルを警戒して小林に背を向けてしまった。縦パス1本で簡単に2対1の状況を作られてしまった時点で勝負ありやった。その状況で三浦が小林を追いかけても追いつけない。ここは三浦に情状酌量の余地はある。

レアンドロ ペレイラとチアゴ アウベスが出たけど、連携も今イチやったし調整不足感は否めず、本当に調整出場やったし、棚ボタハンド以降にガンバが押し込める時間が無かったのは残念。

ガンバで良い意味で目についたのは、矢島と東口。
矢島は得点も上手かったけど、右サイドでアクセントになっていた。ボランチもできるけど昨日の試合を見てると、攻撃センスも捨てがたい。
東口は、去年からの好調を引き続き持続できてますね。キャンプで良い調整ができている。

後は、ヨングォンと昌子が調子を上げて、このコンビでCBだったら楽しみは増える。

川崎も調整中である事を考えると若干割引は必要やけど、色々と試しながら、新しい事にチャレンジしながら善戦できた所は良かったと思います。

やっと新しいガンバが見れる予感。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください