vs サンフレッチェ広島(アウェー) 無難に試合をこなしただけで中身がない

毎度ご来訪ありがとうございます。

出先で15分頃からハーフタイムまで見てました。
家帰ってからフルで見直しました。

あまり内容がなかったので雑感で行きます。

まずフォーメーションは4-4-2
もう、この時点で「無難」が透けて見えますよね。
初戦の神戸戦では4-3-3の攻撃的???なフォーメーションが機能せずで、練習再開してから実戦もできないし、時間がない中で何とかしようというのもわかるけど「あっさりチャレンジを捨てるんや」って思ってしまいましたw
まあ、1試合1試合を大事にやるという意味では良いですけどね。

試合を始めると意外とアグレッシブにボールを前線に運んでいくけど、ラストパスやフィニッシュの精度不足は否めないですね。
調子の上がってない時のガンバでパスが雑、一応、サイドからの攻撃と前線にある程度人数をかけようとしてる意識は見られるけど、肝心のクロスがいい所に入っていかない。

ちょっと相手のプレスが強くなると、バタバタするし、取られ方が悪くてピンチを迎える場面もしばしば

ビルドアップの途中でモタモタして、相手に取られてハーフカウンター受けるとか話にならない。

広島の左サイド、ジュニオール サントスにチンチンにされて辛うじて藤春に救われたシーンもありました。
30分頃のバタバタだったピンチも前半終了間際のCkの混戦も、ガンバが守り切ったんじゃなくて広島が仕留め損なったって言ったほうが良いと思う。失点しててもおかしくない。去年から続く、守備の不安定さ。

後半も変わらず、パスが雑、受け手の事を考えてない「そっちで何とかしてくれ」的な、ガンバが悪い時に良く見るやつです。

だんだん、広島の縦パスとか両外国人の勢いに押されるようになり防戦一方

チアゴアウベスは結局、何もできずに交代していきましたね。チアゴアウベスも周りもやりたい事が共有されぬままって感じで、化学反応が起きるのはまだ先か?

いろいろ、交代しましたけど戦術的な交代でなくて、調整出場のような感じ。

後半もチャンスらしいチャンスというか、決定機もなかったし、何か練習試合を見てるようでした。

相変わらず、守備と言うかセンターバック2人が緩い。
あまり苦言ばっかり言ってもあれなので、この試合で良かった所を言うと、両サイドバックぐらいかな。

藤春の守備のカバーリングは良かったし、やっぱりあの走力と体力は価値がある。
高尾は守備力が向上してきましたね。ジュニオール サントスとか難しいマッチアップで何度か突破されましたけど、最後の所はやらせなかったり、しっかりカバーリングできていました。

小野瀬はやっぱりこのフォーメーションだと、守備にリソースが割かれて攻撃力が活かせない。

広島はこの試合までに6試合消化してて勝ち点12、その相手にアウェーでドローならまずまずの結果かもしれませんが、中身がない。リーグ初戦の神戸戦と比べても平行線かそれ以下の内容かもしれない。

優勝とかタイトルを口にするなら、この内容ではダメ。
ゼロックスの時はちょっとしたワクワクとかありましたけど、たまたまうまくいったのと、川崎が本気じゃなかったか油断してただけかもしれませんね。

まあ、今シーズンも見えちゃいました。ガンバのリーグ優勝はありませんね。
タイトルはリーグだけじゃないので、ルヴァンとかは分かりませんけど、天皇杯も川崎に勝たないと優勝はないので難しいかな。
ACLは分かりません。

ここから調子が上がって、それなりに順位も上がって行くのは見えますけど、現在位置のレベルが低いが故に、上がって行ってもたかが知れている。

ガンバの試合の無い間に、川崎とか名古屋の試合を見てましたけど、ちょっとそこに太刀打ちするのは難しい思いますね。

新戦力も入りましたし、今シーズンは来シーズンタイトルを争うための準備の年と思って、観戦することにします。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください