vs セレッソ大阪(アウェー) 負け試合が運良くドローになっただけ

毎度ご来訪ありがとうございます。

G.Wの開催でセレッソ側は観客動員に期待していたでしょうけど、残念でしたね。

早速ですが、スタメン見て一言

DAZNのフォーメーション予想は4-4-2でしたけど、蓋を開けてみると4-3-3でしたね。井手口が真ん中でトップ下の位置にいたり下がったりと流動的な感じ。

序盤はいつも勢いがあってポンポン前に蹴りだして勢いはあるんですけど、チャンスメイクできないですね。

セットプレーで大久保に抜けだされて合わせられるも東口の好セーブで事なきを得る。

ここからは退屈な試合でしたね。
レアンドロペレイラの1トップのような感じでしたが、そこまでに行くまでの攻撃の構築ができてない。

中盤に足元の上手い矢島、中村、左前に宇佐美がいることで、それなりにボールキープはできるしパスは回るけどそれだけ。
中盤が3人いて、それなりに厚みもあり、守備もそれほど悪くはなかった、でもそれだけ。

CKの2次攻撃で宇佐美から絶妙のクロスが入り、フリーの矢島がシュートするもジンヒョンに止められる。これでおあいこ。

30分頃、小野瀬が負傷交代、これでファウルもカードも無かったのは解せない。

そして、前半終了間際にPK謙譲、まあ、わざとではないですけど、ちょっとDFとしては福田の手の位置が不用意とも思う。
しかし、相手が外してくれる。

後半も凡戦。やや攻撃に精度のあるセレッソが若干有利に試合を進める感じ。
ガンバの攻撃は相変わらず精度を欠いたまま。

前半はそこまで悪くなかったけど、後半に時間が経つにつれて、いつものチンタラ感が増す。点を取りにいかないといけない状況でダラダラ歩いている。
指摘している「後ろが重たい」状態。

1失点目、また、攻守の切り替えの悪さで失点している。
セレッソの攻撃をしっかりブロックを作って守って、ボールを取った。そこまでは良かったが、チアゴアウベスがボールを取ってレアンドロペレイラにつないだ時に押し上げがないから、仕方なく福田に下げた。福田が前線に走る宇佐美にロビングを上げてカットされた所がこの失点の起点。
カットされた後、ブロックを作るでもなくバラバラでズルズルラインを下げて、清武の放り込みのリフレクションを藤田に回収され中島へ、福田も寄せきれず、ヘルプの井手口は足だけ出してコースを切らないから、足に当たってシュートがいい感じにゴールに吸い込まれてしまった。

しかし、相手がペナルティエリア内でハンドしてくれてPK

運だけで勝ち点1取れた試合。セレッソは勝ちゲームを落とした感じw

まあ、名古屋戦よりも中盤の厚み等あり、安定感はあったけど、内容的には進歩はない。
矢島は先発で出場すると気の利いたプレーしますね。

ずっと言っているように攻撃の精度が問題。
「監督が・・・」 「戦術が・・・」って言いますけど、いつも言っているように、どんな名監督でもシュートの強さやコースまでコントロールできないし、クロスの強さや正確さをコントロールする事はできんのですよ。

試合に関しては、戦術以前にコンディションや「蹴る」の精度が上がって来ない以上、どうしようもない。

精度を上げるために練習しかないんですけどね。活動休止期間というエクスキューズはあっても、もう1カ月経つのに個々の精度や状態が上がって来ないのは問題。
どんな練習してるか知らないですけど、個々の精度が上がる練習ができてないのは監督の責任というか日々のマネージメント不足だと思います。

次は川崎ですか、川崎にとってはボーナスゲームですね。まあ、ガンバは負けるでしょう。

0-1 で負け 健闘
0-2 で負け 健闘
0-3 で負け 普通
0-4 で負け 普通
0-5 以上で負け 体たらく

こんな感じですかね。

2点差以内で負けたら御の字じゃないですか?

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください