vs 浦和レッズ(ホーム) 無惨

毎度ご来訪ありがとうございます。

日曜開催で同時刻の他試合なし、変な形で注目されてしまう試合になりました。

早速、試合に行きましょうか。

レッズの攻撃ターンで早速、武藤にフリーで打たれるも東口正面で事なきを得る。ディフェンスの不安はいつになっても拭えない。

最初の15分ぐらいは縦パスでセカンドボールを拾いながら何とかしようというのはいつも通りでした。
試合前に松波監督から攻撃の意識について話があり、それを実践しようとしたのでしょうが空回り感は否めない・・・

7分頃、宇佐美が枠内シュート放つもGKに止められる。この形が続けばいいのだが

相手陣内に1/3ぐらい入った所で、プレスを掛けるられると、とたんに攻撃が厳しくなる。そうなるとFWまでボールが入って行かない。

そうこうしているうちに
1失点目、起点はガンバの縦パスを拾われて、後ろからビルドアップ
ガンバの左サイドから右サイドに展開され、更に左サイドに展開(クロスが流れただけやけど)で中でフィニッシュ。

最初の左サイドの自陣に侵入された時のプレスと距離感が中途半端、なので簡単に右サイドに振られる。この時、ガンバは最終ラインに無駄に5人もいるんですよね。
武藤にパスが出た時、チアゴアウベスと奥野が対応したにも関わらず、簡単にクロスをあげさせてるし、逆サイドに行った時のスライドで守備するまでは良かったけど、ユンカーについたのが三浦じゃ無理ですわな。三浦は手でマイナスに押し込んでますけど、それが相手をいい形でヘディングさせているんですよ。あの場合は、体寄せてとにかく体勢を崩して少しでもいい形でボールに触らせない事でしょ。

ちなみに、最終ラインからフィニッシュまでガンバの選手は一切ボールに触れられなかった。

引き分けを夢見てた自分が恥ずかしいですね。

ディフェンスが寄せきれないし、相手の動きについて行けてない。

2失点目、起点はスローインから
ガンバの左サイドで無駄に人数を掛けごちゃごちゃしてた所から、一気に右サイドへ展開される。
この時の戻りを見て貰ったらわかるんですけどね、ボール見ながら全速力で戻ってる選手いないですよ。
まあ、戻りがチンタラしてる上に昌子は田中達也に気づくのが遅かったし、気づいた時にはもう追いつけてなかった。
昌子が全速力で戻っていたら、防げた失点。

宮本監督の時って、守備はとりあえず「一旦引け、ゴール前を固めろ」みたいなのがたぶんあったと思うけど、無くなったみたいですね。

で、ガンバのポゼッションが多くなるわけですが

持たされてるポゼッションな訳です。

解説の福田が何か言ってましたけどこういう事です。

前線への出しどころが少なくても何で出さずに、いちいち後ろからの上がりを待つって相手守備の人数が揃うのを待つのでしょうね?

そんなこんなで前半終了

後半もチャンスはあるものの

レッズはユンカーや武藤、阿部を交代させて、完全に試合を流す余裕がありましたよね。

代わった塚元がペナの中でもシュートもパスもなくロストした。黒川もこういうの多いですよね。せっかく、いいもの持ってるのに。

試合終了

選手は被害者ですよね。監督解任して3日で何とかなるほうが凄いし、それが出来てたらこんな事にはなってないわw

まあ、広島に負けた時点でJ2降格は覚悟したし、監督が決まるまではずっとこんな感じかもしれませんね。

後の楽しみは誰が監督になるのかと、補強するのかですね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください