ACL チェンライ・ユナイテッドFC 雑感

毎度ご来訪ありがとうございます。

スタメン見て一言

ただ、メンバー落とし過ぎ感も否めなかった。

試合については、残念感しかなかったですね。リアルタイムで視てたらたぶん寝てますねw
残念なのはドローになった事ではなく、こんな凡戦しかできないセカンドチームの層の薄さです。

相手は格下とあって、ワントップでそれ以外のメンバーはほぼ守備をしている状態なんですが、明らかに攻撃人数が足りてない。
ってか、サイドからの積極的な攻撃の絡みとか裏の抜け出しとかが無い。

このメンバーでいつも試合をやっている訳ではないので仕方ない部分はあるけど連携がつたない。

視てたら、セットプレーぐらいしか得点できないんじゃないかと言うような感じやけど、そもそもガンバの今シーズンセットプレーは期待値が低い

10分ぐらいで、やっと慣れてきてサイドチェンジとかするけど、その後も、視ててイライラする。

何にかというと、一つ一つのプレーの質の低さ

トラップが大きくて足元に置けないから余計な手数かかかって遅いとか、パスがずれて余計な手間がかかる。
クロスの質が低くて誰にも会わないとか。まあ、これはレギュラーメンバーにも言えるけど。

ある意味、流石、リーグで下から数えたほうが早いチームやなって感じ。
プレーの質まで格下に合わせる必要はないんですけどw

守備に関しても3バックで守るときは5バックなんですけど、相手のレベルの割には守備に人数掛け過ぎ
4バックでもっと中盤に厚みを持たせたほうが、攻撃に移りやすいと思った。

この辺りも凡戦にしてしまってる理由かな

1点目、この得点の起点はヨングォンでした。後ろでのパス回しから右サイドで塚本が下がった所にボールを出す、それを受けた所でその裏にスペースができて一美が裏抜けできた。流石は後ろの司令塔。クロスのリフレクションを拾って、一美が下げた所の佐藤くんから裏にカーブのかかったいいボールが出た。
得点は8割は佐藤くんのクロスのおかげかな、レアンドロペレイラは当てるだけでした。
ガンバのクロスはパトリックがいたらパトリックそのものに向かって行くクロスを蹴りがちやけど、ああいったFWに飛び込ませる裏へのボールって少ないですよね。

後半は相手も疲れてきてスペースができ始めてボールが回しやすくなり、チャンスは増えたけどラストパスやシュートの質が悪く得点にならなかったのはいつも通りてって感じ。

一美がいつも裏を狙っていて前にスペースがあるシーンがいくつかあったけど周りは見てくれてないですね。ここをもっと上手く使って欲しかった。

失点に関してはヨングォンを責められんっすよ。まあ、半分事故のような失点で、クロスのリフレクションをシュートされましたけど、あそこで寄せきれないのがいけませんねぇ。

格下相手でもシュート0で終わらす事はできないし、セットプレーとか事故のような失点はありうる。

この試合、追いつかれた事が問題ではなくて、追加点を取れなかった事。
采配的にも、この試合を終わらすべく追加点取れるような手を打ってなかったし、「まあ、1-0でも勝ち点取れたらいいやろう」みたいな雰囲気が後半ずっとありましたよね。

これで、リーグ1位抜けが難しくなりました。3連勝とか言ってますけど、簡単に全北に勝てるとも思えんし。
まだ、他力本願の2位抜けの可能性はありますけど、他力本願に期待するチームがこの先でいい結果が得られるとも思えん。

まあ、優勝できるとか夢にも思ってないし、エキシビジョンなんで、ボチボチ怪我人を出さないようにやってくれたらいいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください