ACL 2nd タンピネス・ローバーズFC  雑感

毎度ご来訪ありがとうございます。

リアルタイムで視てました。

まずは、スタメン見て一言

第1戦は初戦ってこともあったけど、相手レベルが低い割には辛勝で、この試合もどうかと思いましたけど、終わってみれば大量得点でした。

序盤は秋やら一美がチャンスで外し、「やっぱり重たい試合になるんかぁ」って感じでしたが、やっと相手に慣れてきた20分頃に、秋のゴール。

一美の落としをダイレクトでシュート打とうとしましたが、思いとどまり、リフティングから浮き球をシュート、軽くドライブがかかりGKの上を超えて行った。
たぶんダイレクトで打ったら外したでしょうねw

2点目は宇佐美のディフェンスからのボールカットを、右で受けた川﨑がドリブルからカットインしてシュート、相手にぶつかってもバランスを崩さず、股抜けるほどの強いシュートを撃てたのは感心した。

しかし、相手CKから簡単にゴールを許す。

宇佐美とのコンビネーションから川﨑が右サイドの深い所を突破、真ん中で待ってるだけの一美に合わせた。2割宇佐美、7割川﨑、1割一美の得点。

川﨑が躍動、こういう若手が一人いるだけでチームが全然違いますよね。

このレベルの相手に何1失点しとんねんって話ですよ

宇佐美のペナへのカットインをファウルで止められ、PKになったが、GKに止められる。詰めた井手口もなぜGKに当てるw

調子悪いのか、コンディション悪いのか、全くキレが無いし、攻撃の役に立ってない。

前半終了

これだけゴールラッシュ、攻撃陣が結果残してる中で、アシストすらないとかありえへん。

後半も攻撃は続く、一美のシュートのこぼれ球を川﨑が詰めた。

ペナルティエリア内で川﨑が倒されPK

ウエリントンシウバのPKが止められる。

5点目は黒川のトラップから股抜きの流れが完璧でしたね。ウエリントンシウバはイージーなゴール。

6点目、レアンドロペレイラの抜け出しが見事、自分でも行けたでしょうけど、安全にパトリックに譲りましたね。

7点目、ボールを受けた川﨑が細かいステップでDFをひきつけ、コースが空いた所をすかさずシュート。

ドリブルで果敢に仕掛ける姿だったり、相手を翻弄して、空いたコースに素早く蹴り込める振りの速さとか魅せてたのに、何で宇佐美はドリブルのキレが無くなったのでしょうね?

仕上げは裏抜けしたパトリックが冷静にGKの飛び出しを見極めて流し込んだ。

あの時も5点は取れたとかきましたけど、これくらい取れて当然の相手。

Jリーグで川﨑が躍動できたら本物ですね。

良かったですね、現実逃避ができて。リーグで8点とか取れる事ないですからね。

次の試合で現実を突きつけられなければいいですが・・・

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください