vs 名古屋グランパス(ホーム) 負けるべくして負けた試合

毎度ご来訪ありがとうございます。

約1年ぶり、去年のホーム最終戦以来のパナスタ観戦
去年と同じカテ6でも良かったんだけど、ファンクラブ招待に500円プラスしてカテ5からの観戦でした。

スタジアムに入って、早速向かったのはスタグルのクンテープ、列はそれ程並んでなかったけど、回転が悪い・・・
10分ぐらい待たされて、やっとクンテープセットを購入。

パナスタで一番コストパフォーマンスの高いグルメやと思う。
パッタイ、ガパオライスどちらも美味しい。

さて、試合の話をしましょう
まずはスタメン見て一言

大分戦で昌子の試運転もしたし、この日は昌子と菅沼のセンターバックとばかり思っていたけどいきなり三浦。
いつも言っているように、もともとセンターバックとして能力の低いのに、試運転なくぶっつけとか不安しかない。

もう、この時点で試合は負けると思った。

まず、前回のエントリーで書いた通り
「ガンバは残留決めたので気が抜けそう、名古屋はACL圏内の可能性があるのでガチンコで来るでしょう。」
この事実で70%は負けると思っていた

更に、三浦がぶっつけでスタメンで95%負けると思ってた。

失点シーン、見る度に「でしょうね」って思って失笑しかない。
このスタメンから試合終わるまで、采配とか色々と残念というか「勝つ気あるの?」って感じやったし、そもそも実力不足ではあったけど、それを補うものが何もなかった。

今回、カテ5の真ん中あたりから観てたけど、本当に全体の動きが良くわかるし、DAZNでは映らない動きや駆け引きも見れて楽しかった。
ガンバもダメな事のほうが多かったけど、良い所とかも見れたりと面白かった。

立ち上がりこそ、五分かなぁと思ったけど、開始3分頃に名古屋は右サイドから左サイドへのサイドチェンジを見せて、ガンバのペナまで侵入し最後シュートで終わるのを見て、やっぱり上手いなぁと思った。

で、この時初めて気づいたけど、何で右サイドハーフが秋で、左が小野瀬なの? 逆でしょ? 藤春と秋の相性の良さを考えたら秋を左にして、右利きの小野瀬を右にするべきでないの?

ガンバも右サイドを攻略して髙尾が折り返してコーナーを取ってきたシーンまでは良かったけど・・・
その後、また、髙尾の右サイドを攻略されて、シュートを打たれる。この辺りで修正とか何もなかったら・・・

1失点目、雑な攻撃を仕掛けて、ランゲラックにキャッチされたのが起点
いったん引いてからプレスかけたが、最終ラインが上がってなくて、2列ラインはそろってなくて間延びしていた。それにより、右サイドの秋がプレスに行って、髙尾がプレスに行って、三浦が右サイドをケアする事になった。そのプレスが後手で遅かったのでパスをつながれ、井手口の出した足に当たったボールが中谷への絶妙なパスになってしまった。鈍足の三浦では追いつけず、対応するしかない菅沼が行ったら、シュヴィルツォクにスライドで付く人はいないから簡単にフリーで決められた。
この失点は不運もあったけど、三浦の最終ラインのコントロールミスが原因で、間延びしているのに、プレスに行ってしまう前線とコミュニケーションミスでもあると思う。

その後、ペナの外で相手のハンドを誘い、FKを得るけど、宇佐美が壁に当ててしまい、その後のCKも振るわず簡単にチャンスを潰すが、ここから、ガンバが立て直しガンバの攻撃時間が続いた、右サイドの連携で髙尾が深い位置まで入って行くも、チャージされ笛は鳴らず。
ここで点取れたらこの試合はわからんかったけど、チャンスで取れなければ取られるのがセオリー

2失点目、起点は山本のパスミス、というか、相手背負ってる小野瀬に無理に通そうとして取られてしまった。やっちまいましたね。
小野瀬がパスをさばけなくて、こぼれ球を前田と柿谷のワンツーで簡単に山本をいなして、前田が右サイドを駆け上がる、ヘルプの井手口が前田に向かう。
この時、真ん中に上がって行った柿谷に山本は全力で追ってなかったし、挙句の果てには柿谷を外して前田に寄って行った。パスミスよりもこの判断がありえへん。
柿谷がフリーになった所に簡単にパスが通り、菅沼の井手口のヘルプに回っていたから、柿谷に対応できずTHE END
ちょっと山本が酷すぎるわ。この失点シーン、ボールロストしてから前田と柿谷しかボール触ってないし、2人に何人が崩されてるねん。

3失点目、起点は山本の柿谷へのファウルから。
そのFKから最終ラインで回し、左サイドでフリーの吉田豊にパス、フリーの相馬が簡単に高尾の裏を取り、寄せた三浦は何もできずに折り返され、ボールウォッチャーだらけのガンバディフェンスをあざ笑うからのようにシュヴィルツォクがフリーで難なく逆サイドをシュートを流し込む。
秋が吉田豊のパスコースを消さないといけない。それをしないだけでこの失点につながった。最後の砦のセンターバックのキャプテンが鈍足やわ、寄せても何もできないわで最悪。

1失点目はプレスに行かんでいい時に行って、3失点目はパスコース消しにプレスに行かないといけない時に行かなくて失点

1点目、これは半分名古屋のオウンゴールと言うか、アシスト、でも、起点となった奥野のパスカットは褒めるべきやけど。
宇佐美の折り返しをカットしきれずに、稲垣がバックパスしてくれて、ランゲラックの処理も雑でした。まあ、ただのラッキーゴール。

ここからは、名古屋は失点だけに気を付けたらいいので、ガンバがボールを持つシーンが増えるけど、拙攻で全然シュートが入る気がしない。

ってか、後半、山見と福田を投入してから3バックにした。その3バックも何を思ったのか藤春を最終ラインに置いた3バック。
松波アホやろw 取りに行かないといけない場面で何でスピード自慢の藤春を守備に回すの?

一度、柳澤の右サイド突破からパトリックがゴールしたかと思ったが、柳澤のオフサイド。

名古屋はリード守りつつの守りに入って、ラインをあまり上げないので、ガンバボールになるけど、パトリックは封じられ、宇佐美は何もできず。

ボール持っても出すとこなくて、ずっと考えてるシーンが多い、もうシーズン終盤になるけど、攻撃の形とかアイデアとか今年積み上げたものがない。
山見がどうのこうの言って盛り上がってた人、今日も投入されましたよ、でも、何もできずに終わりましたね。サッカーはチームスポーツなんですよ。

大した盛り上がりも無くそのまま、試合終了

今回、ファンクラブ招待やったし、スタジアムでクンテープセット食べたら8割方満足してたし、カテ5から俯瞰して観てたらそれなりに面白かったからいいけど、自分でお金出して見てて、真夏やったり真冬やったら、たぶん前半で帰ってるわ。

俯瞰で観てたら、ボール持ってない時の動きとか駆け引きとか色々見える。

秋は、凄いガンバってるよ。走り回って、いかにいい状態でボール引き出すかとか駆け引きしながら、いいポジションとろうとしてたり。
だが、周りが合わない。秋のその動きを見てない、だから連携が少ない。今回、右サイドバックやった髙尾ともあまり合ってるとは思えなかったし。

山本は攻撃で使いたい。攻撃なら気の利くポジショニングできるし、よく周りが見えている。しかし、守備がなってない。ボランチ向きではなくトップ下向き。

小野瀬は本調子ではない、動きにキレがない。井手口も無双できないし、今シーズンずっと本調子でない。

名古屋は楽に勝ち点3を持って行きましたね。名古屋が強いと言うよりは、うまくガンバの脆弱性を突いただけ。
ってかこの試合、おかしいとこだらけなんよ
試運転もしてない三浦をいきなり先発させたり、小野瀬、秋のポジション左右間違いとか、勝つ気あると思えへん。

そう思うとサポーターを舐めてるのかと腹が立つけど、ポンコツ松波やから仕方ないと思うと、もう笑うしかない。

あと2試合こんな感じで消化試合丸出しかもしれませんね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

にほんブログ村 よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください